ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジン(MS)


ヨミ: ジン
掲示板をミル!
27カキコ!

ジンとは、ガンダムSEED機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場するザフト軍のモビルスーツである。
形式番号はZGMF-1017。

ガンプラでは「モビルジン」の名で製品化されている。


概要


ザフト軍が開発した(コズミック・イラの世界で)人類初の汎用量産型モビルスーツ。形式番号のZGMFは、Zero Gravity Maneuver Fighter の略で重力下用機動戦闘機を意味する。

遺伝子操作によって様々なが向上したコーディネイターが訓練を積んで、ようやく操縦が出来るようになるため操縦の難しさは他作品の量産機べて頭一つ抜きん出ている。頭部にはザクを髣髴させるモノアイのようなトサカが搭載され、背中には羽のようなバーニア装置を付けている。武器を持ち変えるだけで装備を換装でき、マニピュレーターボタンを押したり、物を組み立てたり、コンテナを運搬したりするといった作業も可で、更には不整地も2本の足で踏破できるなど非常に高い汎用性を持っている。基本武装は重突撃機と重。不使用時はマウントされる。作戦によっては要塞攻略用装備(D装備)が使われ、火力が飛躍的に向上する。開発当時はまだ携行用のビーム兵器かったため武装は全て実体弾となっている(一応D装備にはバルルス特化重粒子というビーム兵器があるが大で弾数も限られている)。また固定の武装を持ってないので両腕を失うと武装を持てなくなる。地球に打ち込まれたニュートロンジャマーにより核融合路は使えず、動には電バッテリーを用いたがモビルスーツは電消費がしく稼働時間は短かった。そのため少しでも稼働時間を延ばそうと出撃直前まで背中パワーコンジットを装着し、出撃と同時に外している。


劇中の活躍


プラントの手綱を握る理事からの苛な搾取や不当な扱いにより、プラン内では独立の機運が高まっていた。C.E.63年、作業用宇宙に過ぎなかったモビルスーツ軍事転用研究が始まる。2年後には試作1号機がロールアウトし、C.E.67年にはジン1号機が誕生。マイウスの一部を極秘工場にし、理事を欺きながら量産体制に入った。翌年には解体・再編されたザフト兵器に採用されている。

C.E.69年、理事への反発を強めるプラントは禁じられていた食糧生産を開始。当然理事がこれを黙って見過ごすはずがく、近隣宙域にモビルアーマー部隊を進駐させて威圧。この時、プラントはザフト軍とジンの存在を世界表。同時にモビルアーマー部隊に攻撃を仕掛けた。圧倒的少数ながらもジンは破格の性を発揮し、理事軍を殲滅。宇宙から一掃してしまった。これがジン初陣であった。

ズミック・イラ70、圧倒的な物量を誇る地球連合軍との戦争ザフト軍が鎧袖一触されなかったのはこのジンの存在が大きい。ジン1機で地球モビルアーマーメビウス」5機分の働きをすると言われ、数に勝る地球軍相手に多大な戦果を挙げ続けてきた(後の資料ではメビウス3機分になっている)。戦艦ですらジンに接近されれば容易に撃沈される程で、地球軍がジンに対抗するには数で押すかメビウスゼロ部隊に頼るしかなかった。ザフト軍が地上に降下した後も、ジン無敵の存在だった。確かに地球軍の通常兵器に破壊されるジンもあったが、それ以上にジンは通常兵器を撃破し、ザフトの勢圏拡大に貢献した。
クルーゼ隊所属のジンだけでもヘリオポリス守備隊の兵器メビウス2機を悉く破壊、奪取したXナンバーの助もあったが先遣隊を含む第8艦隊を全滅させる大手柄を挙げた。

そんな中、地球軍もついに量産型モビルスーツストライクダガーの実用化に成功。ビーム兵器を持つダガーに対し実体弾しか持たないジンは劣勢を強いられたが、モビルスーツに関しては一日の長があるザフト兵は技量でダガーと互に戦った。機の座をゲイツに譲りながらも終戦までジンは使い続けられた。ジンバリエーション機であるジンハイニューバはゲイツが登場した後も、整備と操縦のしやすさから前線の兵から支持された。
ガンダムSEEDリマスター版では、肩に十字の塗装がなされた非武装のジンが登場。両手に航用のを持ち、それに捕まった兵士たちをヤキンドゥーエから脱出させていた。

終戦後、ザフト機はニューミレニアムシリーズザクへと変わりジンは旧式機となっていった。それでも少数のジンは使用され続けたという。

SEED世界から2年後を描いたDESTINYにも引き続き登場。現行ゲイツRや、次期ザクウォーリアの存在により旧式感は否めず、前線に出る事はくなっている。代わりに基地や拠点でコンテナ運搬に勤しむ姿が見受けられる。それでも一部の機体は前線で戦い続け、ジン・オーカージンワスプといった生機も極少数ながら作中で確認できる。

ジンはその完成度の高さから様々な生機が作られている。砂漠戦用のジン・オーカー水中戦用のジンワスプ、訓練生用のプロジン、長距離強行偵察用複座ジン、式典用ジンジンマイナーチェンジ機体ジンハイニューバと後継機のジンハイニュー過激派が用いたジンタイプインサージェントなどジンザフト徴する機体と言っても過言ではい。 


派生機



プロトジン


ジンの前身にあたるプロトタイプで、初めてザフトが実用化に成功した人類初のモビルスーツである。
形式番号はYMF-01B。実用化からしばらくの間、プロジンは「ジン」と呼称されていたが、後に上記のジン(ZGMF-1017)が完成したため区別のためにプロジンと呼ばれるようになった。ジンが実用化された後、プロジンは訓練生用・パイロット養成用の機体として後方で運用されている。そのため前線で運用されている描写はい。

機体のカラー緑色で、バックパックは橙色塗装されている。武装はジン同様に重突撃機と重。訓練生用なのでジンよりも性が低いが、何故か連合vsZAFTに参戦している。
  


長距離強行偵察型ジン 


 ジンの両肩にレドームを搭載した偵察用の機体。センサー機器が通常のジンより強化されている。機体はを基調とした暗い色に塗装されており、隠密行動に長ける。複座となっておりパイロットの他に情報収集役のサブパイロットが同乗する。戦闘的としていないためか、武装はスナイパーライフルのみで重や重突撃機を持っていない。機体に搭載されたセンサー機器との連動で高い命中率を誇るが、そのスナイパーライフルの威は、物資運搬用のミストラルすら直撃させても落とせないほど低い。そのため全く戦闘に向かないが、何故か通常のジンがこのスナイパーライフルを持っている事があった。
ジンベースになっているが宇宙用の機体のため地上では運用されていない。

初登場となったのは、消息を絶ったラクス・クライン宇宙船の捜索を行っていた機体。ユニウスセブンを調していたが、たまたま物資を運搬していたミストラルが視界に入り攻撃。これが原因でミストラルの護衛を行っていたキラストライクに撃たれ撃破されてしまった。

高い隠密性を誇っているため索敵や監視行動にたびたび使われ、続編の機動戦士ガンダムSEED DESTINYでも運用されている姿が見受けられる。極軌していた機体が連合軍の核攻撃隊を発見・通報したり、シャトルを追跡して潜伏するエターナルの位置を母艦に知らせるなど、いぶし銀の活躍を見せる。


 ジン・ハイマニューバ


ジンベースに、既存の技術のみで装された量産機。いわゆるマイナーチェンジ版で、新しい技術や武装はいものの機体の信頼性が高く、ジンと共通のパーツを用いているため整備もしやすい。
ジンとは打って変わって、機体の色は体となっている。

最大の装点はバックパックに戦艦用の大ラスター「MMI-M729エンジン」を搭載している事である。これによりジン以上の機動を得ており、航続距離も飛躍的に上昇した。

次期ゲイツの量産が滞った事を受けて、ゲイツ量産までの繋ぎとしてジンハイニューバの生産が開始された。しかし少数しか生産されておらず、エースパイロットがこの機体を受領した。あのラウ・ル・クルーゼも搭乗している。整備のしやすさ、信頼性の高さ、ジンと変わらない操縦性が前線の将兵に支持され、ゲイツの本格配備が始まってからも本機の配備を望むが強かったという。

余談だがハイニューバの1機がサーペントテールに鹵獲されている。


余談


ジンザフト軍のモビルスーツとして連合軍兵器を多数撃破し、ザフト軍の戦線を支え続けた功労者である。
一方でこのジン叩き出した大戦果が、ザフト軍をモビルスーツ偏重義へと走らせる事になる。ザフト軍は何でもかんでもモビルスーツやらせてしまおうという考えに陥ってしまい、偵察から電子戦まで全てモビルスーツに担わせている。そのため航空機水上艦艇といった通常兵器のノウハウが連合より劣っている。


関連動画


ジンに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


ジンに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


ジンに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 19/10/19 11:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ