ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スイス


ヨミ: スイス
掲示板をミル!
165カキコ!
基本データ
正式名称 スイス連邦
Confoederatio Helveticaラテン
Schweizerische Eidgenossenschaft(独)
Confédération Suisse(
Confederazione Svizzera
Confederaziun Svizra(ロマンシュ)
国旗
国歌 スイス讃歌[動]
公用語 ドイツ語
フランス語
イタリア語
ロマンシュ
首都 ベルン(Bern)
面積 41,290k世界132位)
人口 808万人(世界94位)
通貨 スイスフラン(CHF, Fr.)

スイスとは、西ヨーロッパ中部にある連邦制国家である。

概要

正式名称はスイス連邦仏:Confédération Suisse)あるいはスイス誓約者同盟独:Schweizerische Eidgenossenschaft)。 26のカントン(州)から構成される連邦共和であり、永世中立国としても有名。

公用語

スイス連邦ドイツ語フランス語イタリア語ロマンシュの4つの言公用語とする。そのためか売店のおばちゃんがトラリンガル(三言話者)だった、なんて話はザラにある。ただ州ごとの訛りが強い。

異言の話者の間では英語が実質的な共通言となっている。

地理

面積九州より少し小さいくらい。日本の10分の1の大きさ。土の南半分はアルプス山脈、北半分はスイス高原である。北部のフランスとの沿いはジュラ山脈。マッターホルンなど有名な山がある。つまりほとんど山。気は概して穏やか。

最大都市チューリヒ。あとにジュネーブ、バーゼル、ベルン、ローザンヌと続く。

政治

スイス連邦政治制度は直接民主制、例代表制、議会統治制、地域分権を特徴としている。


直接民主制


日本投票といえば憲法改正のときくらいしか機会がないが、スイスでは憲法に限らず一般の法律でも頻繁に投票(レファレンダム)が行われ、ときに民から立法が発議(イニシティブ)される。較的人口が少ないこと、企業や組合などの中間団体による集票システムが整っていること、政情が安定していることなどがこれらの直接民主制を可にしている。


議会統治制


スイス連邦議会統治制という世界的にも稀有な政治体制を採用している。一般的な議院内閣制では勝者総取り方式(Winner-take-all)で最多議席数を持つ政党あるいは連立与党が全ての政府閣僚を輩出するが、スイスでは上下両院の合同会議により、各政党の議席数に応じた数の閣僚(連邦参事)が選出される。

スイス内閣にあたる連邦参事会は議会の解散権を持たず、構成員たる連邦参事はそれぞれ所属する政党を代表するため、なるべく議会の総意に従って政府運営しなければならない。かように、スイス行政府が立法府に統制される制度となっている。ちなみに、首都ベルンにある連邦院(Bundeshaus / Palais fédéral)は議事堂と行政庁舎が一体化した建物であり、スイス議会統治制の徴になっている。


連邦議会


立法府である連邦議会Bundesversammlung / Assemblée fédérale)は民を代表する民議会Nationalrat / Conseil National)と州を代表する全州議会Ständerat / Conseil des Etats)によって構成される。両議会の地位は対等であり、議員任期は4年である。

民議会の議席数は各州へ人口に応じて割り振られるが、全州議会は各州2名(準州は1名)と定員が決まっているため、「一票の格差」が非常に大きい。

連邦議会は例代表制・多党制を基本とするため、毎回の選挙ごとに大きな議席数の変動はないが、近年は移民難民の流入制限を訴える国民党が躍進して第一党になっている。

下院にあたる民議会では以下の四大政党が過半数の議席を占める。

連邦参事会の閣僚数分配率は各党の議席数に応じて決められるため、現在は7名の参事会メンバーのうち国民党社会民主党自由民主党から2名ずつ、キリスト教民主人民党から1名が選出されている。


連邦大統領


スイスは個人の国家元首を持たず、連邦参事会が一体となって国家元首の役割を果たすと定められている。外遊や元日・建記念日の演説など、かひとりが連邦政府を代表しなければならない場合は連邦大統領Bundespräsident / Président de la Confédération)がその任に当たる。大統領職は連邦参事による1年ごとの持ち回りで、担当の連邦参事は閣僚職と大統領職を兼任する。連邦大統領はあくまで「同輩中の首席(First among equals)」に過ぎないため、他の連邦参事とべて特別の権限は持たないが、緊急事態かつ連邦参事会を招集できない場合のみ単独で決定権を行使できる。

大統領Vizepräsidentin / Vice-président)は翌年の次期大統領補が就くことが慣例になっている。


連邦参事会


連邦参事Bundesräte / Conseillers fédéraux)は各政党から議席数に応じて7名が任期4年で選出される。なお、選出に際しては内の地域・言の多様性を尊重することが慣習として定着している。7名の連邦参事は7つの連邦外務省、内務、法務・警察、防衛・市民保護・スポーツ財務省経済教育・研究環境・運輸・エネルギー・通信)をそれぞれ所管する。

連邦参事会Bundesrat / Conseil fédéral)は毎週水曜日の午前に定例会議を行う。連邦大統領が議長を務め、議事進行と仲裁をする。会議の結果は連邦官房を通じて速やかに議会・各メディアに伝えられる。連邦官房の長たる連邦官房長官Bundeskanzler / Chancelier fédéral)は官僚機構のトップであり、連邦議会によって選出される。連邦官房長官投票権こそ持たないものの連邦参事会に出席して議論に加わるため、「8人連邦参事」と呼ばれる。

参事会メンバー水曜日の定例会議後に一緒に食を取ることが慣例になっている。また、たまにメンバー全員旅行に行くなどして、メンバー間で友好的な信頼関係を築くように努めている。すべては参事会が円滑に行政運営し、一体となって国家元首の役割を果たすためである。


地域分権


カントン(州)は連邦政府に委ねられない全ての権限を有するとされ、独自の憲法と高度な自治権を持っている。州政府連邦憲法および州憲法の範囲内で立法・行政法を担っている。これはスイス連邦の起が各州の緩やかな連合体だったことに由来している。

州議会は一院制で、州政府は住民投票で選出された閣僚で構成される。州は独自の税制、教育制度、医療福制度、警察制度を持っている。

州はさらに多数の自治体市町村)から構成される。ほとんどの自治体では住民から代表がひとり選出され政務にあたるが、大きな自治体では評議会が置かれる。自治体の権限は州によって異なるが、一般に道路学校建設、電気教育、医療、交通、治安などに関する決定権を持つ。


スイス人の政治観


スイスでは「政治家もまた一市民」という意識が根強く、連邦議員や連邦参事といえども仰々しい警護が付くことは滅多にない。彼らは一般市民と同じようにベルン内に住居を借りて住み込み、公共交通機関を利用して通勤する。また、連邦議員は十分な報酬があるにもかかわらず全員が「兼業政治家」であり、何かしら別の職を持っている(ただし、連邦参議は職務の性質上兼職が禁止される)。

スイス人は一般にや州より自治体への帰属意識が強く、スイスの分権体制に強い影を及ぼしている。


安全保障


国民皆兵

2030才の男子には兵役の義務があり、ほぼ全員が予備役軍人。ちなみに女性は志願制で、外国人は免除となっている。
更に各庭には自動小銃が貸与され、対戦車兵器などの大兵器は地区単位の武器庫に保管されている。ただし昨今のテロ事情に鑑みて、近年では弾薬は有事の際にのみ貸与されることになっている。

重武装

侵略するなら相応の損を覚悟しておけ!」というのが是の
民家には眼があったり、スイッチ一つでトーチカに変形したり、山をくり抜いて臨時の飛行場を造るなどして土全体を要塞化している。更に万が一に備えて食糧貯蔵は常識となっており、どのご庭にも缶詰や長期保存食が常備されている。
だが最近は核シェルターの設置率が100%ではなくなったり、弾薬は軍で管理になったりなど、冷戦終結の煽りそれなりに受けているようである。
詳しくは関連商品の「民間防衛」で。

永世中立

外交・安全保障の基本方針として、普遍性・永続性のある国家共同体国際機関軍事同盟)以外には加盟しないとしている。現在に至るまでEUNATOには加盟していないが、パートナーシップは結んでいる。
国連に加盟するときすら大論争になったというのだから、筋入りの独身義者である。

衛兵と傭兵と

スイス軍は現在でもヴァチカン市国衛兵隊を派遣している。これは現存する軍の中でも最古(1505年創設)である。
のストライプが特徴的な軍服羽根飾りの兜(モリオン)とプレーメイルハルバードを装備した姿がつとに有名。なお近年では情勢に鑑みて催涙スプレーや小拳銃を携行、教皇の身辺警護にあたっている。
給料は約11万円程度と控えめだが、保険免除や住宅・食費保などの特権があり、外での職業訓練にもなる為に志願者が多いそうな。

上記の衛兵派遣からも解るように、かつては外貨を獲得する手段として傭兵部隊がヨーロッパ各地に派遣されていた。
ヴァチカンと並んで有名なのがフランスに仕えたスイス傭兵歩兵連隊、通称「ギャルド・スイス」。フランス革命においてフランス人の衛兵隊が民衆に味方してテュイルリー宮殿を攻撃した際、宮殿を守って900人以上の傭兵が戦死した。
スイスルツェルンには「嘆きの獅子」と呼ばれる、矢を受けながら百合の紋章のをかばう瀕死ライオンをかたどった記念碑が立てられ、彼らの悲劇と忠節を今に伝えている。

経済

よりも堅い」と称されるスイス・フラン(CHF)を通貨としている。

スイスはかつては貧しい農業だったが、のちに鉄道、繊維、時計融などの産業が開した。現在民一人あたりの所得額で世界第5位に位置するなど、小国ながら経済的に豊かなである。
要な産業は融業・保険業のほか、製業、精密機器・電子機器産業、観光業など。


次へ»
最終更新日: 17/12/18 23:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社