ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スウェーデン語


ヨミ: スウェーデンゴ
掲示板をミル!
11カキコ!

スウェーデン語(Svenska)とは、スウェーデン王国およびフィンランド共和国公用語である。


概要


スウェーデン語は、インド・ヨーロッパ語族印欧語族)のゲルマンの北ゲルマン群に属する言である。スウェーデン王国一の公用語であるほか、フィンランド共和国フィンランドは長い間スウェーデン王国の一部であった)の公用語でもある。さらに、これらの欧州連合EU)に加盟していることから、欧州連合EU公用語の一つでもある。デンマーク語とともに「東スカンジナビア諸」を形成している。

ニコニコ動画においては、「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」と「高らかにオナニー」の原といったほうが通りが良い(かもしれない)。

なお、スウェーデン語は方言差が大きいが、本記事ではストックホルム方言が基である「標準スウェーデン語」について説明する。


アルファベット


スウェーデン語には次の29のアルファベットが存在する。

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z Å Ä Ö

a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z å ä ö

スウェーデン語で音を表すのに用いられるのは a e i o u y å ä ö の全9文字。残りは子音を表すのに用いられる。


追加字


上述のアルファベットを見てもらえば一瞭然であるが、最後の3文字は、英語では(発音記号以外には)用いられない追加文字である。

Å å

まるで a と o とをくっつけたような形をしているが、発音は「オ」。短音では広めの「オ」だが、長音では逆に狭めの「オー」。フィンランドの自治州 Åland は「オーランド」諸

実は上の○は o ではなく a が略されたもので、a 二つ分という意味があり、a の長音を表していた。その後発音変化で、現在の「オ」のような発音になった。大文字は長さの単位である「オングストロームÅngström)」の記号に用いられた。

Ä ä

ドイツ語の「アー・ウムラウト」と同じ文字。発音は、短音の場合日本語の「エ」とほぼ同じで、長音ではそれより口を広めにする(狭くするわけではない所に注意)。スウェーデン都市 Västerås なら「ヴェステロース」。r の前で「ア」に近い発音になることがある(後述)。

Ö ö

ドイツ語の「オー・ウムラウト」と同じ文字難しい学問的知識はさておき、とりあえず「オ」の口で「エ」と言ってみよう。スウェーデン有数の都市 Göteborg は「ヨーテボリ」などとも書かれるが、「イェテボリ」のほうが近いかも。r の前で「オ」により近い発音になることがある(後述)。


特殊な発音


発音は大体ラテン文字読みっぽいが、特殊な読み方をする組み合わせがある。それらの中で頻出するものを以下に挙げてみる。

g

上記のオー・ウムラウトの例 Göteborg(イェテボリ)に見受けられるように、gに前舌音(ä, i, y, e, ö)が後続すると、硬口蓋化して[ j ]、つまりヤ行の発音となる(基本的にアクセントを持つ音節のみ)。

r (~する) 「ヨール」

vle 「イェーヴレ」(地名)

また末の-rg, -lgは「リ」のように発音するが、この g も一応ヤ行子音としての「イ」である。

berg (山) 「バリ」

borg塞) 「ボリ」

helg (週末) 「ヘリ

k

kに前舌音が後続した場合、日本語の「シ」か「ヒ」の子音、つまり[ ɕ ]か[ ç ]となる。

vlinge 「シェーリンゲ」(地名)

kyckling鶏肉) 「シュックリング」

例外 Kirunaキールナ」(地名)・・・スウェーデン北部にある都市、元はサーミラップ)の地名。

sk

skに前舌音が後続した場合、skは[ ɧ ]となる。これはスウェーデン語独特の発音で、非常に立つ。[ ʃ ](英語のsh)、[x](ドイツ語のch)を同時に発音(?)した子音で、それぞれs, kが変化した音である。同じ発音をするりに sj, stj, skj などがあるが、これらはskと異なり、後続の音にかかわらず常に[ ɧ ]で発音する。

発音は英語のsh(少し舌先を持ち上げて言うシャ)と日本語ファを同時に言う…という感じであろうか。口を少し突き出すといい。

日本語で表記するならば「ファ行」が妥当と考えられる。しかし、現代ではこの音は[ ʃ ](英語のsh)と混同されることがあるため、この音で発音したとしても何ら問題はないと思われる。

sköna (きれいな) 「フェーナ、シェーナ」

Skene 「フェーネ、シェーネ」(地名)

この子音の正式名称を日本語では「後部歯茎軟口蓋摩擦音」というが、実際にこの部位で発音しているかどうか怪しく、調音部位の特定が困難なため、名称含め論争の的となっている。またそのため、英語においては部位を示さず Sj-sound と呼ばれる事が多い。

反り舌音化

r の次に t, d, n, l, s があると、同化して「反り舌音」になる。反り舌音は、舌の先っぽを歯茎の少し後ろまで持ち上げて言う音で、聞こえは少しこもったような印がある。ちなみにアメリカ英語の r も反り舌音である(舌は付けない)。

kort (短い) 「コット」

jord (大地) 「ユード」

björnクマ) 「ビョーン」

rla (珠) 「パーラ」 普通の l ではの裏に舌を付ける。

rsk (新鮮な) 「ファシュク」

また、反り舌音化した子音の後さらに t, d, n, l, s が来ると、同じく反り舌化する。

surströmmingシュールストレミング酸っぱいバルトニシン) 「スーシュトレンミング」

barns子供(属格)) 「バーンシュ(チュ)」

この現は単内に限らず、文中の単末+頭でも起こる。

Du köper stolen (あなたはその椅子を買う) 「ドゥーシェーペシュトゥーレン

r 前の母音の広音化

アクセントのある音節の e, ä, ö に (および反り舌音)が続くとき、それらの音は元々より口が開いた発音になる。e, ä の場合、日本語の「エ」を「ア」に聞こえる所まで広くした[æ](英語apple)になり、ö はその[æ]で口をめた[œ̞](オのような聞こえ)になる。

Sverige (スウェーデン) 「スヴァーリィェ」

blåbärブルーベリー) 「ブローバール

smörgåsbord (スモーガスボード) 「スモルゴスブード」

lördag土曜日) 「ローダ(ーグ)」


母音の注意点


音・短音どっちが現れるかの法則は「アクセントのある音節で、かつ後続の子音が一つ以下のときは長音、それ以外は短音」である。が、後続の子音が前述の反り舌音だったり、合成形変化ではこの法則が成り立たないこともある。

また o の読み方が不規則である。日本語で「ウ」と表記する音[][ʊ]と、「オ」で表記する音[][ɔ]のどちらを表すのか字では分からず、単ごとに覚えなければならない(後者å が表す音と全く同じ)。そのせいか、日本語表記で「ウ」とすべきところが「オ」になっている事が頻繁にある。例:スウェーデン通貨スウェーデンクローナ(Svensk krona)」 の「クローナ」は「クルーナ」がより近い。

そして何より厄介なのが、この四種の音はすべて「オ」と思って聞くと「オ」にしか聞こえないところである。「ウ」の方の音はたまに「ウ」に聞こえるという程度であり、基本的に音質の「狭さ」で聞き分けるしかない。

スウェーデン語の長音は時折独特な発音をすることがあり、たとえば å では、「オォワ」という w が入ったような発音になる。また e は頻繁に「イエ」や「エア」のように二重音化[eː]→[eə]する。はっきり言ってカタカナでの「エー」という表記とはかなり違う発音なので、これを考慮したカタカナ表記もしばしば見られる。なお、必ずなるわけではないので注意。

そうなった時の発音を理やりカタカナで表現してみる。

e : teお茶) 「テー」→「ティェ、テェァ」

ögrön (緑色) 「グレーン」→「グレァン、グルァン」

o) & å) : flodvåg (津波) 「フルードヴォーグ」→「フルゥドゥヴォワグ」

e, ö の場合、IKEA(イケーア)のように音が後続すると起こらない…かも。


単語声調


スウェーデン語には英語などと同様の強勢アクセントに加え、ヨーロッパではしい調が存在する。調というのは、ある範囲(音節や単)での高低のパターンを区別する発音で、中国語の音節調が特に有名だが、スウェーデン語のものは単調で範囲が広く、中国語ほどしくはない。標準スウェーデン語の調はすべて山なりで、歌っているような独特の感を生んでいる。

パターンは単中で一度だけを高くするものと、二度高くするものの二種類ある(方言はこの限りではない)。一度に高くする位置はアクセントのある音節と同じ位置である。

これらの使い分けが重要な同の単があり、例としてand(野)の定複数形のandenと、ande(霊魂)の定複数形のandenの対立がある。andenは、aを高くしその後は下げるので、ンデン↘となるが、霊魂のandenでは、deでもを高くし、跳ねるようにン↘↗ン↘と言う。多分音声を聞いたほうが早い。[外部]

前者のパターンは様々な音節数の単で見られるが、後者は複音節にのみ現れる。

ちなみに現代ノルウェー語調を持っている。大昔のデンマーク語にも存在していたが、こちらはその後Stød(ストゥズ)という喉を絞めるような発音に変化した。


簡単な挨拶など


スウェーデン語はカタカナ転写が難しいのであるが、あまり難しく考えずにカタカナも併記してみた。


初級文法



人称代名詞


単数 複数
1人称 jag (ヤー) 私 vi (ヴィー) 私たち
2人称 du (ドゥー) 君 ni (ニー) 君たち
3人称 han (ハン) 彼
hon (フン) 彼女
den (デン) それ(enの名詞を受ける)
det (デー) それ(ettの名詞を受ける)
de (ドム) 彼ら、彼女

名詞


en名詞とett名詞

多くのヨーロッパの言で名詞に性別があるように、スウェーデン語ではen名詞ett名詞に分けられる。

前者を共性名詞、後者を中性名詞ともいうが、現代のスウェーデン語の辞書や教科書にはそれぞれen名詞、ett名詞と表記されていることが多いので、ここではそのように統一する。

en名詞はに動詞から生したものや生物関係の単に多い傾向にあり、約80がこれに属するのに対し、ett名詞は数が少ない。

この二つの名詞は形だけを見て区別することができないので、個々に覚えていく必要がある。

en名詞の例:

ett名詞の例:

名詞の語形変化

単数形から複数形にする方法として、en名詞の場合は語尾に-orを、ett名詞の場合は語尾音で終わるもの(例:hjärta)に対しては-nを後ろにつけるなどがある。

ここでいう不定形とは英語の不定冠詞のついた単に相当し、定形とは決まった形を意味する。

以下はen名詞のflickaと、ett名詞のhjärta形変化であるが、このような変化をしない単も多いので注意が必要。

名詞の変化 単数形 複数形
不定形 定形 不定形 定形
en名詞 en flicka flickan flickor flickorna
ett名詞 ett hjärta hjärtat hjärtan hjärtana

数詞



次へ»
最終更新日: 15/07/26 19:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ