ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スカウター


ヨミ: スカウター
掲示板をミル!
119カキコ!

スカウターとは、鳥山明漫画ドラゴンボール』およびそれを原作とするアニメシリーズなどに登場する相手の強さ(戦闘力)を測定できる架の装置である。
作中ではサイヤ人編、ナメック星編にて使用され、フリーザ一味にはほぼ全員支給されていた。


概要


メガネに似た形状をしている。片に取り付けて、付属の小スクリーンに相手の戦闘力が表示される。

地球に降り立ったラディッツが、一般人おっさんを計測し「戦闘力たったの5か…ゴミめ」とやったのが初使用。サイヤ人編やフリーザ編で、「戦闘力」という強さを端的に表現する数値を導入するきっかけとなった。
生産が追い付いていないのか作中では新と旧式の二種類が確認でき、旧式のスカウターは戦闘力22000前後までしか測定出来ない。

相手の戦闘力があまりにも高すぎると、測定不良を起こし爆発する危険極まりない装置でもある。
作中ではキュイべジータ戦闘力を測定した時や、ブルマ界王拳を使った悟空戦闘力を測定した際に、爆発を起こしたことがある。
また、たとえ正しく戦闘力を測定したとしてもスカウターの故障とされてしまうことが多い。
これは相手の戦闘力が自分よりも高かったときに顕著である。
ひどい場合には「くそーっ!こわれてやがる!!『グシャ』」と握り潰されてしまうこともあった。

しかし、実は機体要因における故障は一度も
つまり、かなり精密機械にも関わらず、精度は非常に正確である。

かなり遠方の対でも戦闘力を正確に計測できる。
「気」を読むというのないフリーザ一味にとっては、個人用レーダーのような役割も果たしており、壊れると何かと困る場面もある。
ただし計測できるのは「戦闘力○○の人物がどこそこの地点に居る」という情報だけであるため、カカロットかと思って行ってみたらピッコロだったりと「人違い」はよく起こる。

スカウターを持っている者同士で連絡を取り合う通信機としての機も備えており、地球でのラディッツの死を別のにいたナッパが感知したり、地球でのベジータ戦闘フリーザが盗聴しておりかなり離れた距離でも通信できたりするようである。

地球育ちの武闘は気合を入れると戦闘力モリモリアップするという宇宙的に見てチートな人々なので、よくスカウターを使う敵が驚いてくれる。
というか、スカウターとほぼ同じを修業で体得しているZ戦士は実は凄い。

人造人間編までストーリーが進むと、今度は戦闘力インフレなどの理由によりど使用されなくなった。
このため、フリーザ編までの戦闘力は劇中でもかなり正確に判っている。
しかし、それ以後の登場人物の戦闘力ムック本裏設定などで設定されているだけで、劇中で大きく取り上げられることはなくなっていった。

スカウターは様々な作品でパロディーが作られている。
以下に一部を紹介する。


スパウザー


空知英秋漫画銀魂』およびそれを原作とするアニメに登場。
スカウター同様、相手の強さ(戦闘力)を測定できる架の装置である。

単位「k」で、1kは昆布1枚分に相当する。
新八一般人より昆布2枚分強く、マダオサングラス非搭載時は1kである。)
女の子になると単位がかわいくなって「o」(1oはおっぱい1個分)となる。
戦闘力マイナスでも測定でき、その場合でも測定不良おこすと爆発する。


関連動画



■sm14156804[ニコ動]


関連商品


■azB000W01DPY

関連項目



最終更新日: 15/09/12 15:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ