ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スズキ・キャリイ


ヨミ: スズキキャリイ
掲示板をミル!
15カキコ!

スズキ・キャリイとは、スズキ1961年から製造する軽トラック1BOXバンである。1971年2009年までの38年連続で、日本国内で販売されているトラック(軽・小普通)の名別年間販売台数第1位であった(2010年以降はダイハツ・ハイゼットにその座を譲る)


概要


キャリイの名称の由来は、英語の「運ぶ」から来ている。初代モデルと二代モデルボンネットがあるモデルであったが、三代目~十代ではキャブオーバーになった。現行の十一代では当初セミキャブオーバー方式のみであったが、途中でキャブオーバーモデルも再登場している。

1989年からは、マツダにもOEM供給をされている。名称はスクラムとなる。

基本的には、FR駆動である。また、バンは1982年からはキャリイの名称から、エブリイとなる。1991年登場の三代目エブリイのみエンジンが中心にあるミッドシップ方式を採用していた。

海外生産もしているので、スズキの隠れた際戦略でもある。

名称は、正式には”キャリイ”である。決して”キャリーやキャリィ”ではない。


初代・(1961年~1965年)


1961年トラックのみが登場。名称も「スズライト・キャリイ」であった。バンモデル1964年に登場している。


二代目・(1965年~1969年)


1965年モデルチェンジ。初代モデルと同様、ボンネットタイプとなる。


三代目・(1966年~1969年)


1966年モデルチェンジ。このモデルから体がキャブオーバー方式となり、名称も「キャリイ」となる。二代モデルと併売される。


四代目・(1969年~1972年)


1969年モデルチェンジデザインはジウジアーロが手がけ、貨物らしからぬ非常に個性的かつスタイリッシュスタイルとなった。特にバンは初代フィアット・ムルティプラのような傾斜したリアインドウが特徴的で、横から見るとどっちが前なのかと小一時間問い詰めたくなるような左右対称デザインとなっていた。

しかしトラックはともかく、バンにおいて傾斜したリアウィンドウは積載性に大いに難ありであった。とはいえ、その貨物らしからぬバンのデザインは来るワゴン市場の拡大を見据えていたかのようであり、実際にキャンピングカー仕様の設定がされていた。また内装は木調パネルがおごられるなど、かなりなものであった。

この頃、新たに登場したジムニーと部品を共有する事が多くなった。


五代目・(1972年~1976年)


1972年モデルチェンジエンジン冷式から冷式となる。前衛的だったデザイン常識的なデザインに変更となった。この代よりバンはスライドドアを採用した。トラックはこのモデルから、以降のキャリイの伝統となる分離荷台が初採用となった。

1974年マイナーチェンジ。現行の黄色ナンバーに対応するためのフロントグリルを変更する。


六代目・(1976年~1979年)


1976年モデルチェンジ。ボディを先代よりも全長を少し伸ばし、排気量が360ccから550ccとなり、「キャリイ55」のサブネームが付くようになる。またエンジンクラス一の3気筒エンジンを起用する。このモデルから本格的に電動式インドーウォッシャーを採用した。


七代目・(1976年~1979年)


1976年モデルチェンジ。六代モデルから、幅を拡大し称も「キャリイWide」の称が付く。従来の体をベースとした6代も併売されていた。

この時期はハイゼットにおいてもワイドボディとナローボディを併売しており、大化に対する保険の意味合いでラインナップに組みこんでいたと想像される。


八代目・(1979年~1985年)


1979年モデルチェンジトミカミニカーアオシマラーメン屋台を架装したモデルが販売されていた関係で一部で「ラーメンキャリイ」のあだ名がある。7代モダンにしたデザインであるが、ドアノブがレバータイプから手前に引くタイプとなった。また、ホイールも従来の合わせホイールから一体ホイールに変更するなど、時代に合わせた変更を行っている。

1981年マイナーチェンジ。同時にシリーズ初の4WD仕様が登場する。エンジン2サイクル方式に加えて、4サイクル方式が追加となる。4サイクルは形式がST40(4WDST41)となっている。

1982年マイナーチェンジ。顔つきが大きく変わった。この時から、バンはエブリイとして独立モデルとなる。インパネもに加えてベージュが設定され、送ネルの配置が大きく変化した。


九代目・(1985年~1991年)


1985年モデルチェンジ。2WD4WDの上級グレードには、フロントディスクブレーキが標準装備となる。引き続き、2サイクルラインナップに名を連ねていたが、4WDの設定がないなどラインナップ的にはかなり縮小されていた。形式は2WDDA71T4WDDB71T2サイクルエンジンDA81Tであった。2サイクルには前述した通り4WDが設定されてないのでDB81Tに相当するはない。

1986年マイナーチェンジ。5速マニュアルエアコンが設定となり、また初代以来続いてきた2サイクルエンジンもここで終焉となった。4WDには極悪路での走破性を高めた副変速機のEL(エクストラ・ロー)の設定も行われた。

1987年マイナーチェンジでは、スーパーチャージャー装着が登場。

1989年マイナーチェンジフロント部分を大幅に変更をし、4WD仕様は全グレードにフロントディスクブレーキが標準装備となり、同時にマツダにもOEM供給を開始する。形式もDA41T/DB41Tとなる。

1990年マイナーチェンジ。排気量を550ccから660ccとなり、スーパーチャージャー止となる。再度形式が変更となりDA51T/DB51Tとなる。このモデルは翌年にモデルチェンジとなる為、D41T共々割合に希少なモデルである。


十代目・(1991年~1999年)


1991年モデルチェンジ。規格変更によるボディ拡大により、キャビンが広くなる。タイヤは全グレード12インチ化がされる。

1993年マイナーチェンジフロントディスクブレーキが全グレードに標準装備化となる。

1995年マイナーチェンジが行われ、この際にホイールのPCDが従来の114.3mmから100mmに変更、それに合わせてホイールのデザインが変更となった。

1997年にターボチャージャー装着が登場する。

これまでエブリィとコンポーネンツを共通していたが、このモデルではエブリィはMR方式を採用した為、顔つきや一部の内装以外ではまるっきり共通部品がないという状況であった。


十一代目・(1999年~2013年)


1999年1月モデルチェンジ。このモデルチェンジにより、ボディ方式をセミキャブ方式に変更となる。同年11月マイナーチェンジ。荷台の長さが競合他べ短く不評だったため、キャビンを短縮して荷台を延長。そのため居住性が若干損なわれる。同時に、排ガス規制により、キャブレター仕様止され、全グレード電子制御のEPI化がされる。

2002年に大ビックマイナーチェンジを行う。キャビン部分が、バンのエブリイと共通のものだったが、キャリイ独自のキャビンとなる。軽トラックでは一となる分離荷台を採用したことで衝撃を低減し、補修による交換も容易になった。また、この代よりフロントバンパーには塗装はがれの心配がない白色脂を使用している。 このシリーズは後に「KCシリーズと言われる。なお、このマイナーチェンジで8代から使用されてきたテールランプがリニューアルされた。

2005年農家メインターゲットにした、フルキャブ・ショートホイールベースを採用し、旋回等の取り回し性に優れた「FCシリーズを追加。同時に「FCシリーズヘッドライトレベライザーを追加される。

2011年に発売50周年記念が登場。

2012年に衝突安全保安基準を達成をするためヘッドレストを大化をする。


十二代目(2013年~)


2013年8月に14年ぶりにフルモデルチェンジ。形式をフルキャブオーバー方式のみとなる。エンジンも新開発となりパワーアップ化がされる。またボディの防錆性アップされる。

2013年9月に従来通り、マツダ版のスクラムトラックモデルチェンジとなる。

2013年12月日産自動車OEM供給を開始。名称は「NT100クリッパー

2014年4月三菱自動車OEM供給を開始。名称は「ミニキャブトラック」。これで四兄弟種となった。

2014年8月に一部グレードにオートクラッチシステムを追加。5速MTベースにしたもので、燃費の向上と高速走行時での騒音が低減するようになった。また軽トラックではしいマニュアルモード付きとなっている。また、これに合わせて塗装の追加が行われ、「ノクターンブルーパール」と言うジムニーにも採用されている系の塗装が追加になった。

当初のイメージキャラクターには、俳優菅原文太タレントはるな愛を起用。農家の親子という設定となっている。

2018年、キャブの居住間を拡大したモデルスーパーキャリイ」が登場した。名称自体は海外仕様ではかねてより使用されているのだが、それとは別個のものとなっている。ハイゼットジャンボと直接かち合うモデルとなっている。


カスタマイズの対象として


ニコニコ動画を始めとした動画サイトにおいてはキャリイをベースとしたドリ動画があげられている。

旧来より、デコトラカスタマイズがされる事が多かったキャリイであるがここに来てドリフトとしてのベースとなるケースが増えている。ベースとなっているのはホイールベースの長い先代のセミキャブが多い。後輪駆動自動車が非常に少なくなった今日安価後輪駆動として着されている。とはいえ、軽トラックという一見ドリフトとは結び付かないの組み合わせという意外性が一番大きいと思われる。アフターパーツもここにきて徐々に増えており、ターボやLSDという本格的な装備が見受けられる。

なお、海外ではもっとフリーダム改造が出来るので、トンデモマシンが多く存在する。有名なのはオーストラリアでキャリイバンにロータリーエンジンを積んだものである。オーストラリアではロータリー人気が高いのだが、あろうことかそのロータリーエンジンをキャリイバンに載せてしまったものだから、エグゾーストパイプがっかになったり、挙動がおかしかったりと色々とカオスな状況になっている。また関連動画にもあるがキャリイ、正確に言えばイギリスGMメーカーベッドフォードラスカルカワサキZX1000エンジン、駆動系をそっくり移植した軽トラック、その名も「RAKASAKI(RAscal+KAwaSAKI)」なるも存在している。


次へ»
最終更新日: 20/02/27 00:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ