ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スタンダード


ヨミ: スタンダード
掲示板をミル!
10カキコ!

スタンダードとは、以下のような意味を持つ。

  1. 標準、基準
  2. 1から転じて、マジック:ザ・ギャザリングフォーマットの1つ。本稿ではこれについて詳述する。
  3. 1から転じてヴァイスシュヴァルツにおいて、原則発売済みのすべてのカードを利用可フォーマット。だが、あまりに問題が多すぎて最近はこのフォーマットの大会はほぼ実施されていない(オープンという大会においてこのフォーマットが参照されることがあるためフォーマットの存在意義は残っているが)。
  4. 1から転じてChaosTCGにおいて、原則発売済みのすべてのカードを利用可フォーマット。こちらのほうはスタンダードの大会も割合頻繁に行われている。
  5. 1から転じてポケモンカードゲームにおいて、最新2ブロックカードを利用可フォーマット。2ブロックというが、その長さは結構可変である。さらに、ポケモンカードゲームでは60デッキを使うルールもスタンダードと呼ぶためややこしい。

概要


大昔は、カードプールが狭かったので、1種類の構築環境(認構築と呼ぶ)だけで問題なかったのだが、時代が下るにつれて絶版のカードを手に入れる難易度も上昇。新たなフォーマットを作成した。それがスタンダードである(元々の全てのカードセットが使えるフォーマットType1と呼ばれ、これがヴィンテージの元祖となっている)。

スタンダードを特徴づけるものがローテーションである。これは一定期間ごとに使えなくなるカードセットが発生するという仕組みであり、これは現在ではスタンダードしか存在しない(現在では、といったのは、過去にはエクステンデッドというフォーマットが存在し、こちらはややカードプールが広いローテーションのあるフォーマットであった)。

ややこしいのは、このローテーションの規則が時々変わっていることである。現在のローテーションのルールは、「5つブロックの第1エキスパンションが新たに発売されたとき、一番古い2つのブロックに含まれるエキスパンションが使えるカードプールから外れる」というものであるが、つい最近までは「4つブロックの第1エキスパンションが新たに発売されたとき、一番古い1つのブロックに含まれるエキスパンションが使えるカードプールから外れる」というものだった。

使えるカードプールの中で、問題があるカード禁止カード定される。とはいえ、禁止定はごくまれで、数年に1度くらいしかない。かつては制限カード(デッキに入れられる枚数が1枚まで)も存在したが、1997年以降は設定されていない。


ローテーションの歴史



黎明期のスタンダード


一番最初のスタンダードは、リバイズド+ザ・ダーク+フォールン・エンパイアという1つの基本セットと2つのエキスパンションから構成されていた。アイスエイジが加わるまでは1つの基本セット+2つのエキスパンションというシンプルな構成であった(禁止・制限カードType1のものをそのまま流用)。


ブロックという概念がないスタンダード


クロニクル(第4版の付属のようなセット)が加わったとき、スタンダードのローテーションのルールが変更になった。1つの基本セットという概念は変わらないものの、エキスパンションの数は可変になった(というより小キスパンションであるホームランドが加わることに伴うものではあるが)。この時代まではまだ制限カードが存在した。また、1996年4月の禁止制限定以後、スタンダードとType1で禁止・制限が分離した(黒の万力はスタンダードで制限されたままだがType1では制限解除。一方、フェルドン回想はスタンダードで制限解除されたがType1では制限されたまま)。


制限カードの廃止


1997年1月1日をもって、制限カード止に(禁止カードに格上げ)。同時にフォールン・エンパイアとアイスエイジがスタンダードから外れる。それ以降は基本セット1つ+大キスパンション1つ+小キスパンション2つという形式に移行した。


ブロックという概念の導入


…のだが、1997年7月1日の形式変更でスタンダードのローテーションが大幅に変更。基本セット1つ+ブロック2つという形式に移行した。1つのブロックには大キスパンション1つと小キスパンション2つが含まれるのが基本であったため、これに伴いアイスエイジホームランドがスタンダードに復活した。このローテーションが第9版+ブロック+ラヴニカ・ブロック時代まで続く。


特別なエキスパンション、コールドスナップ


2005年8月20日コールドスナップがスタンダードに追加された。このコールドスナップは実に10年も離れた時代のアイスエイジブロックのエキスパンションとして扱われるものであり、スタンダードでは非常に浮いてしまうことに。仕方がないので、この時にはローテーションを発生させず、次の時のらせんブロックが加わったときにブロックがスタンダードから外れることになった。そして、コールドスナップ自体は時のらせんブロックがスタンダードから外れるときに同時に外れることになった。


4つもエキスパンションがあるブロック


時のらせんブロックの次のブロックであるローウィン=シャドウムーアブロックは4つもエキスパンションがあるブロックであるが、普通に1つのブロックとして扱われた。また、地味な変更として、モーニングタイド以降は発売日からスタンダードで使用可になった(それまでは発売から使用可になるまで少しラグがあった)。


基本セットが1年に1度に


基本セット2010が発売されたことに伴い第10版がスタンダードから外れた。ここまではこれまでの規則通りである。だが、基本セット2011は翌年に発売された(これまでは基本セットは2年に1度だった)。これに伴い、スタンダードにおける基本セットルール微妙に変わり、3つブロックの第1エキスパンションの発売と同時に、古いほうの基本セットが一番古いブロックとともにスタンダードから外れるという規則になった。


基本セットの廃止、2エキスパンションブロック制への移行


マジックオリジンをもって基本セットというセット止。戦乱のゼンディカーブロック発売に伴い、テーロス・ブロックと基本セット2015がスタンダードから外れるところまではこれまでの規則通りであった。この時にスタンダードのローテーションのルールは「2つのエキスパンションからなるブロック3つ」への移行を図ることになった。これに伴い、次のイニストラードを覆う影ブロックがスタンダードに加わるときに、変則的なローテーションを行った。それはタルキールブロックのうち最初の2つのエキスパンションだけスタンダードから外し、タルキール紀伝+マジックオリジン擬似的な2エキスパンションブロックとして扱い残して、3ブロック制への段階的移行を図った。そして2016年9月30日、カラデシュ・ブロックの発売に伴い先ほどの2つのエキスパンションがスタンダードから外れたことに伴い制度の全移行が了した。


早すぎるローテーションへの対策


…のだが、1年に2回もローテーションがあることに苦情が殺到(2エキスパンションは半年で出るから)。2016年10月19日にはローテーションを年1回にするための良が施されることになった。つまり、スタンダードに5つブロックが加わるときに一番古い2つのブロックがスタンダードから外れるようにされた。


ブロックの廃止、および基本セットの復活


2ブロックキスパンション制の結果、小キスパンションの存在意義に疑問符がついたため、2017年から2018年のイクサランブロックをもって、ブロックという概念が止になり、それ以降は全てのエキスパンションが大キスパンションになる。には基本セットが出た上で、のエキスパンションをもってローテーションが発生する。このため、使えるカードセットの数はこれまで通り5から8で変更はない。


ここまで言われてもどのカードセットが使える(使えた)かわからん


ここまで言われてもまったくわからん、というのがオチである。というわけで一覧にしてみた。


次へ»
最終更新日: 19/02/23 08:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ