ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スターオーシャン Till the End of Time


ヨミ: スターオーシャンティルジエンドオブタイム
掲示板をミル!
519カキコ!

スターオーシャン Till the End of Time』とは、トライエースが開発し、エニックス(現 スクウェア・エニックス)が2003年2月27日発売したRPGである。

通称「スターオーシャン3」。略称は「SO3」。


概要


スターオーシャンシリーズメインタイトル第3作外伝を含めると4作。ただし3作である外伝作品『スターオーシャン ブルースフィア』よりも先に開発を始めており、その時の仮名が「スターオーシャン3」である。
キャラクター原画デザイン佐藤音楽シリーズ染みの桜庭統が担当している。

2004年1月22日ディレクターカット版がスクウェア・エニックスから発売され、後に廉価版であるアルティメットヒッツが販売された。

2017年3月31日PS4ダウンロード専用タイトルとしてディレクターカット版のゲーム内容をそのままHD化した「ULTIMATE HITS HD スターオーシャン3 ディレクターカット」がスクウェア・エニックスより配信予定された。価格は税別2800円。

主題歌MISIAの「飛び方を忘れた小さな鳥(STAR OCEAN version)」。ストーリー最序盤のワンシーンエンディングで流れる。

シリーズ初のPS2タイトルではあったが、エニックスらしさのある堅実な作りのロールプレイングゲームとして評価されている。シンボルエンカウント式だが戦闘ではアクションバトルを採用し、間を利用した3D格闘ゲームのようなテンポの良さが表現されている。コンプリート要素が多いのも特徴。ラスボスをLv1で倒せというな要もしてくる。またキャラクターの動きが非常に滑らかで、当時の他のRPGシリーズ較してもその点では突き抜けている。

シリーズ染みの終盤で敵の強さが一気にインフレする要素も健在。ボスとして登場したキャラクターが直後に雑魚としてフィールドをうろついている事態が普通に起こる。恒例の隠しダンジョン隠しボスももちろん搭載されており、本編クリアするとエンディングラストセーブデータクリアフラグが書き込まれ、挑戦できるようになる。隠しボスたちは油断すると鍛えきったパーティでも殺されてしまうほどの強さを誇る。同じトライエース作品であるヴァルキリープロファイルシリーズからのゲストボスもいる。クリア後ということでパーティの会話にもメタネタが入っており、本編リベンジとして本気を出して挑んできたボスを倒すと、「こんなに強かったら本編クリアできねーっつの」とクリフに突っ込まれている。

今作のアイテムクリエーションは前作までと異なり、「いつでも、どこでも」製作ができるわけではなく、惑星リクールの各町に存在する工房でのみ製作活動を行うことができる。プレイヤー以外にもクリエイターがおり、パーティをしている間も製作を進めている。今作では特許概念があり、新しく製作したアイテムギルド特許申請することでエリクール内でアイテムを流通させることができる。ライバル特許申請したアイテムも買うことができるが割高。クリエイターと直接会って定のアイテムお金を渡すことで契約することができ、プレイヤーと一緒に製作することも可。中には特定パーティメンバークリエイターの組み合わせでないと作れないアイテムも存在する。困ったことにこれがあるクリエイターとの契約に必要なアイテムだったりする。また、今作の調理ではなんとうまい棒を作ることが可で、これはうまい棒製造元のやおきん社長も了承済みである。m( _ _ )m

舞台は前作「スターオーシャン2」から約400年後。歴史上の人物として、過去シリーズキャラクターが用集やプレイヤーの口からられることもある。用集には過去シリーズでは実用できなかった技術が今作で広く使われていたり、現が解明され解説されているなど、シリーズファンならニヤリとする要素が多数盛り込まれており、一時冒険を忘れ用集で考察を深めるのもまた一。用集はストーリー終盤になるとメタを含んだ説明も増えてくる。
(例)本作で一般的に使用されている転送装置は間を繋いでいるわけではなく、装置内に入った人や物を転送元で消去し、転送先で同時に作成している。これを妨する転送装置は転送先で発動させることで作成を妨するもので、転送を強行しようものなら消去されたまま作成されず、その存在自体が消えてしまうことになる。そのため転送装置には転送先に妨装置が起動していないか検知する機があり、妨されていると転送自体が行われない仕組みになっている。ところが、終盤に登場するとある転送施設は本当に間同士を接続している。

終盤のストーリー展開が過去シリーズを含む世界観全体に関わるような展開であり、その展開内容に対する評判は賛否両論となっている。
ただ内容を一言でいうならば、『運営の仕業』である。


バグ


過去トライエース作品からお染み?のバグは今作も健在する。開発者いわく、これでもバグ取り作業は相当に行っていたらしい。

その中でもPS2の初期の番で起きるゲーム序盤のフリーズバグは、先に進めなくなるような悪なものであるためか、この作品の評価を下げる一因となっている。原因の一つはSCE提供ライブラリによるものであり、回収騒動となった。改造対策の多さもバグの要因となったとも言われている。

また、本来敵の体を2倍+1,000にして各種ステータスを上昇させる装備品である「ド根性バーニィ」を装備すると、強制的にHPが9,999,999未満、MPが99,999未満になるといったバグも存在する。装備を外しても減少した体は元に戻らず、またMPダメージ攻撃はHPダメージ攻撃の約1/10程度で与えることができるので、高難易度の強敵でも簡単に倒せるようなバランスブレイカーバグであった。このバグを利用することで経験値を稼いだり、撃破系のバトルコレクションの入手が容易になるので、攻略サイトではテクニックとして書かれている。

以上のバグやその他のバグは、ディレクターカット版では修正されている。


登場人物



メインキャラクター


仲間になるキャラクターは8人。そのうち4人は強制参加であり、残り4人のうち2人まではパーティーに参加させることができる。なお、ディレクターカット版で新たに2人追加され、その2人は強制参加である。

フェイト・ラインゴッド (CV保志総一朗)
フェイト・ラインゴッド
地球人。本作の主人公
紋章遺伝学の宇宙的権威であるをもつ普通大学生。むしろスポーツ寄りであり、高校時代はユニバーサルバスケというスポーツで優秀選手に選ばれたほど。
戦闘スタイル趣味ファイトシミュレーターで鍛えた技による攻撃や、にエンチャントを付加して攻撃する前衛キャラであり、前作までの主人公とは異なった戦闘スタイルである。ディレクターカット版では攻撃用の紋章術も一部習得する。
ソフィア・エスティード (CV榎本温子)
[画像を見る]
地球人。本作のヒロイン
主人公に好意を抱いている幼馴染み。ただしあまりに付き合いがが長いために主人公からはのようにしか思われていない。物語中にアミーナという彼女に似た人物が登場する。
戦闘スタイルは紋章術を体として攻撃する術師キャラ。通常版では彼女のみが術師であったため、攻撃・補助・回復といったすべての紋章術が使える。
クリフ・フィッター (CV東地宏樹)
クラウトロ人。本作の東地宏樹
銀河連邦組織「クォーク」の一員で元リーダークラウトロ人が住む重力地球の2倍以上で空気も薄く、この過酷な環境で育ったため総じて身体が高い。それは最初のボスであるノートンとのやり取りでも見ることができる。
戦闘スタイルは身体が高いクラウトロ人の特徴を生かした体術を用いて攻撃する前衛キャラ
マリア・トレイター (CV根谷美智子)
地球人。本作のもう1人のヒロイン
銀河連邦組織「クォーク」の現リーダー
戦闘スタイルは遠距離からは、近距離では足技を体として攻撃する後衛キャラである。ディレクターカット版では補助用の紋章術も一部習得する。 
ネル・ゼルファー (CV浅川悠)
リクール人。選択キャラクターだが、特に意識せず進めた場合は大体彼女が加入することになる。
シーハーツ女王直属の陰密「クリムゾンブレイド」の1人であり、封魔師団「闇」の隊長
戦闘スタイルは隠密ということもあり、忍者のような攻撃を行う前衛キャラでも遠くからブーメランこと「旋」をぶん投げてる事が多い。ディレクターカット版では攻撃用と回復用の紋章術も一部習得する。
ロジャー・S・ハスクリー (CV:まるたまり)
リクール人メノディクス族。選択キャラクター
サーフェリオ共和に住むメノディクス族の少年。ちなみに出会うことなくEDを迎えることも可で、その場合は特殊EDを見ることができる。
戦闘スタイルガンダムシリーズパロディーであると思われるような攻撃を行う前衛キャラ。 
アルベル・ノックス (CV千葉一伸)
リクール人。選択キャラクター
アーリグリフの重騎士団「漆黒」の隊長。通称「アルベル」。
戦闘スタイルは歴代主人公が使用してきた技を用いて攻撃する前衛キャラ。収めている剣術エダール技というSO1ラティやSO2クロードが使う剣術である。
台詞が特徴的であり、「阿呆」「クソ虫」などの単が印に残っているプレイヤーも多いことだろう。キャラクター人気投票ではフェイトたちを差し置いて1位を獲得した。
スフレ・ロセッティ (CV倉田雅世)
[画像を見る]
ベルベイズ人。選択キャラクター
サーカス団・ロセッティ一座に所属する踊り子
戦闘スタイルダンス体として攻撃や補助を行う前衛キャラ。強カウンター攻撃も備えている。フェイトソフィア以外で一初期Lvが1のキャラクターのため、一部やりこみ要素には必須の存在。
ミラージュコースト (CV篠原恵美)
クラウトロ人。ディレクターカット版追加キャラクター
通常版ではサブキャラクターであったが、ディレクターカット版で昇格。ストーリー最終盤で加入する。反銀河連邦組織「クォーク」の一員。ちなみにマリアに足技を教えたのは彼女であり、キャラクター設定上の戦闘力クリフ以上とされている(手合わせの通算成績は彼女の圧勝)。
戦闘スタイルマリアの足技とクリフの技を用いて攻撃する前衛キャラ
アドレー・ラーズバード (CV石塚運昇)
リクール人。ディレクターカット版追加キャラクター
ディレクターカット版で初登場。現在の「クリムゾンブレイド」の1人にして封魔師団「光」隊長でもあるクレアラーズバードの父親であり、先代の「クリムゾンブレイド」。なぜ参加するのがではなく父親の方なのかと嘆く人も。 実際通常版では一切姿を見せず、ディレクターカット版でも仲間になるまでほとんど出てこないため、理やりねじ込んだ感が否めない。用集での彼の説明はギャグにしか見えない。
戦闘スタイルは体術と紋章術を併用して攻撃する術師キャラ装備品であるは飾り。SO2トラウマ技「スピキュール」も習得する(しかし大幅に弱体化している)。

サブキャラクター



次へ»
最終更新日: 20/04/18 05:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ