ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ストライカーユニット


ヨミ: ストライカーユニット
掲示板をミル!
11カキコ!

ストライカーユニットとは、

  1. ストライクウィッチーズシリーズの構成を担当した製作者の総称。鈴木貴昭浦畑達彦ほか。
  2. ストライクウィッチーズシリーズに登場する魔法増強装置の名称。

である。

以下では2.について詳述する。


概要


同作品に登場するウィッチが装着している装置である。現実世界魔女の伝承同様、にまたがることでウィッチは古来からを飛んでいたが、飛ぶことのできるウィッチは極々限られた存在であった。

機械魔法を増幅する基礎理論は16世紀にブリタニアウィッチジェイミー・ワットよって見出された(魔法革命)。ワットが開発した物は蒸気機関にて魔法をブーストするものであり、陸上での利用に限られた。

その後1903年にリベリオン合衆に住むウィッチライト姉妹によって小な内燃機関を応用したものが発明され航空ユニットの原完成した。にレシプロエンジンを取り付け、それにまたがって飛行したようである。

 「扶桑事変」前には金属製のに高出な魔エンジンと機を搭載したものが登場するが、機動性に難があったとされている。「扶桑事変」をきっかけに足に履くタイプが登場したが、この時点では背中に補助具を積む必要があった。その後宮藤一郎博士による「宮藤理論」によってユニット内の足を異間に移動させる」ことが可になり、その余裕に飛行補助具を積み込んだ現用のストライカーユニットが登場することとなる。

航空ユニット陸上ユニットの二種類が存在する。両ユニットに共通して思期の女の子では到底持てない重量のものを持つことができるようになる、シールドの出が向上するという効果がある。

航空用ユニット

現実世界の軍用機に相当する機材で、アニメではMe262V1を除いてレシプロエンジンである。扶桑名「飛行脚」。

初期は膝関節が存在したが、後にオミットされている。機種によって搭載量やシールド速度運動性に差がある。装着したウィッチの精にも左右されるので、「火事場の馬鹿力」的に想定以上のパワーを発揮することもしくない。
ただ単ににまたがって飛ぶよりも少ない魔法を飛ぶ事ができるようになったが、それでも航空適性を持つウィッチの数は少なく、後述する陸上ユニットで参戦する者のほうが多いとされる。

プロペラには実体がく、飛行魔法エーテルが反応しプロペラとして可視化されている。空気濃度とエーテル濃度には相関性があり、エーテルが薄くなりすぎると飛べなくなる。オプションとしてロケットブースターが存在する。エーテルをタンクに搭載している様で空気中のエーテル濃度に関係なく飛行可となるが、“燃焼時間”が短く使用後は投棄される。

Me262V1ジェットエンジンを搭載しており、飛行魔法エーテル圧縮して噴き出すことで推進とする。エーテルの薄い高でも推進可であるが、“燃費”が劣悪である。増槽(追加燃料タンク)がある機種も示唆されているが、どういったものかは不明。固定機が元ネタではあるが、ホバーリングすることが可。また手足を振り回すことで急旋回等をすることもある(ガンダムシリーズでいうAMBAC機動)。

魔法だけで動いていると思われがちだが、ユニットの作動には燃料もしっかり使っているらしい。

陸上用ユニット

現実世界で言う戦車装甲車に相当する機材で、別名を「歩行脚」。小説同人誌にしか登場していない2016年に放送された「ブレイブウィッチーズ」にて登場した。

通常歩行時にはやたらとメカメカしいブーツのようだが、高速移動時には足首部分が折れ曲がりそこから履帯キャタピラクローラ)あるいはタイヤを出して走行する。なおこちらには膝もある。
飛行魔法に魔を回す必要がいため航空ウィッチよりもシールドは強く、武器も高火力なものを装備できる。
ただし制権が確保されていないと満足な行動ができず、航空ウィッチ支援が不可欠となる。


関連動画


ストライカーユニットに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連項目



最終更新日: 17/03/09 21:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ