ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ストラット


ヨミ: ストラット
掲示板をミル!
1カキコ!

ストラットとは、テクモキャプテン翼シリーズに登場するキャラクターである。


概要


キャプテン翼4から登場したイタリア人のストライカー
ゲーム副題プロライバルたち」の一人であり、このゲーム全体がストラットの挫折からの復活を描く成長物語であるとも言える。

プロ入りしたが出会う最初のチームメイトであり親友、そして選択ルートによってはラスボスを務める。
(このため同じイタリアチームにいるジノ・ヘルナンデスラスボス経験者の一人となった)

長い金髪を後ろでまとめており、顔が判別しづらい世界の中で有り難い外見的な特徴になっている。

必殺技は周囲を宇宙空間に変えるメガロゾーンシュート。どういう原理でそうなるのかは不明。
プロ入り後のキャラはそういう原理不明の超能力が多い気がする。聖闘士星矢が混ざってないか……。


前歴


と同世代の選手であるが、よりも先にプロ入りを果たしており、イタリアの強チームACミランで活躍していた。

しかし練習中に親友バンビーノに大怪を負わせてしまい、自責の念に呵まれて逃げるようにチームを後にして、イタリアからも出。作中より2年前のことであった。(つまり、この事件が起きなければキャプテン翼2イタリアユースにストラットとバンビーノが加わっていた可性が大きい。ただでさえ難しいゲームだったのがますます苦しい展開になっていたのだ)

イタリアから逃亡したストラットは、ブラジルサンパウロFCに拾われ、キャプテンナンバーである背番号10を預けられる。しかし精的に余裕がい状態で、乱暴なプレイスタイルで周りに当たり散らすかと思えば、親友を傷つけたスライディンタックルを使う事を極度に恐れてミスを犯すなど、プレイに精を欠いていた。

シーズンではメオンに負け、コインブラに勝つというの戦歴を辿っている。

そうしたところに、ユニバーサルユースを制した大が入団してきた。キャプテン翼4物語はここから始まる。


作中の活躍


が入団してきた時、ストラットはサンパウロ背番号10を付けていた。この背番号は渡さないとに強く当たるが、は試合中のストラットの行動を見て過去に負いを感じていることを見抜きを飛ばしてトラウマから解放させる。過去を振り切ったストラットは本来のプレースタイルを取り戻し、とも和解。背番号10をに譲った。

この時、ふがいない失点を喫したGKレナートに向けて「なんだ、貴様! ゴールに突っ立ってるだけでキーパーをやろうってか!? ポストの方がまだマシだぜ!!」との暴言を放っている。
暴言は暴言なのだが、ゲーム中のレナートの弱さとスーパーグレートゴールポストの威を一言で言い表した絶妙の表現であり、プレイヤーからは「確かにストラットの言う通りだ」と納得されてしまい、「テクモキャプ翼三大迷言」としてり継がれている。ニコニコ動画でも森崎レナートジュストブルノらが失点すると、この言葉がよくコメントされる。

その後、ラテンアメリカカップでは「そのチームに参加していれば籍不問で出場可」というルールのようで(現実では当該籍がなければ出場できない)ブラジル代表としてコインブラ・ストラット・カルロスというとんでもないメンバーで出場する。……が、オルミーガ日向全員まとめて蹴散らされる。どう考えてもあいつらおかしいぞ

イタリアに残してきたミアータがブラジルまでやってきて、イタリアに戻ってきて欲しいと懇願される。ストラットは同じセリエAで活躍していたゲルティスと友人だったらしく、ミアータはゲルティスからストラットの居場所を聞いてきたのだった。

ヨーロッパ遠征編では古巣のACミランと戦うことになってしまう。ただでさえ顔出ししづらい相手だったのに、なんと再起不能にしたと思っていた友人バンビーノリハビリを経て復帰していた。バンビーノは、過去を苦にして全で戦えないストラットを叱し、二人は友情を取り戻す。ここでストラットはミラン復帰を決め、とは分かれる事になった。

その後はルート分岐によって、イタリア代表となったり、ACミランの一員としてと対戦する。
味方の時はガッツ消費が大きすぎてなかなか使えなかったメガロゾーンシュートも、敵の場合はガッツ限なので恐ろしい事になる。
メガロゾーンシュートを覚えないまま敵になってくるルートもあるので、その時は楽な相手になる。

試合後は、セリエAに移籍する事を勧め、も承諾してイタリアでのプレーを決める。こうして物語キャプテン翼5へと続いて行く。
適当チームを紹介してやる」とか言ってたが、まさかそれがレッチェじゃあるまいな……。


キャプテン翼5


引き続きACミランに所属している。
日向小次郎と対決する機会があり、「世界最高のストライカーになるだろう」と日向を高く評価する。

ところが本作では、前作のラスボスであるACミラン異常な冷遇を受けており、

……と、信じられないような酷い扱いだった。

メガロゾーンシュートも、前作の「高威だがガッツ消費が大きすぎるのが問題」という超必殺技から、「ガッツ消費が抑えられたが威も減った」という庸な性になってしまった。

後半ではイタリア代表として日本と戦うが、特にイベントは用意されていない中ボスの一人になってしまった。
せめてとの特殊会話ぐらい付けようよ……。

本作ではテクモオリジナルキャラ削除・冷遇のが吹き荒れて大いに物議を醸した作品となったが、ストラットもまた例外ではかった。


関連動画


ストラットに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


ストラットに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連項目



最終更新日: 19/06/17 22:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ