ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スナッチャー


ヨミ: スナッチャー
掲示板をミル!
61カキコ!

『スナッチャー』SNATCHER)とは、コナミ株式会社(現:コナミデジタルエンタテイメント株式会社)が開発したアドベンチャーゲームである。メイン制作者は『メタルギアシリーズや『ポリスノーツ』でおなじみの小島秀夫監督


概要


最初の発売は1988年11月NECパソコンPC-8801』対応(mkSR以降)のゲームとして発売。その後MSX2でも発売。後半のJUNKER本部での戦闘の後の話『act.3』は『SDスナッチャー』で明らかになったが、1992年10月発売されたPCエンジンCD-ROM^2で『SNATCHER CD-ROMantic』で話が一本化された(ただし省略された部分もある)。
その後、他機種(海外メガCD/セガサターン/プレイステーション)に移植されたものは、PCエンジン版をベースにしているが、グラフィックキャラクターデザインが一部変更され、プレイステーション版は残酷描写への規制対策として一部にモザイクが掛けられている。PC-8801版、MSX2版、PCエンジンCD-ROM^2版のスタッフは「ポリスノーツ」の開発のため、小島自身も含め移植版には参加していない。

作品世界は、登場人物から「パッケージ絵」に至るまでリドリー・スコット監督映画ブレードランナー』(BLADE RUNNER)の影を強く受けており、監督自身もそのことを後に認めている。他にも、スナッチャーのデザインが某ターミネータークリソツだったり、ストーリーの根幹となるアイデアフィリップ.K.ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」(ブレードランナー原作)だったりと、ネタ元については割りと露であり、ゲーム中の隠しイベントなどもそうしたパロディーが多い。

そのためか、後年コナミ社が自社作品の著作権対応をきつく締めだした際に、「(スナッチャーは)リドリー・スコット許可は取ったか?」とゲームファンに笑われることになった。

世界観は本作の前に制作された『メタルギア』(METAL GEARシリーズと一部が共通している。

本来は「JUNKER」というタイトルにしたかったそうだが、某メーカーが「ジャンカ)」というソフトを出していて、商標が取れなさそうだから泣く泣く「SNATCHER」にしたと『チャレンジ!! パソコンAVGRPG V』(山下章著、1990年発行)に開発こぼれ話として書かれている。


プロローグ


1991年6月6日
モスクワチェルノートン研究所、の大爆発
当時ひそかに研究開発中であった細菌兵器ルシファー魔王α』が 大気中に漏れるバイオハザードが発生。
上昇気流に乗った『ルシファー魔王α』は東欧、ユーラシア大陸の 約80を壊滅。
この時、世界の半分が死滅した。

この史上最大のバイオハザードは、後に『大惨事』と言われる。

かしこの時、半世紀後に、恐るべきバイオハザードが来るであろうことを が想像したであろうか。

50年後。

人類は異常危機に直面していた。 謎の生命体バイオロイドの出現である。
籍、的、正体不明。 某の新兵器か、外界からの侵略者か。
彼らはになると現れ、人を殺。 密かに本人とすり替わり、社会に浸透していく。
人工の皮膚をい、汗をかき血を流すこともできる。 極めて、有機的かつ、機体そのもの。
オリジナルとの見分けはほとんどつかない。
彼等は人の身体を奪い、すり替わる事から、スナッチャーと呼ばれた。

人かスナッチャーか?
―――限の恐怖は対スナッチャー用特殊警察班を生んだ。 危険を買う訓練された、非情の男達。
それは……『Judgement Uninfected Naked Kind&Execute Ranger』
人々は彼等をJUNKERジャンカー鉄屑処理人)と呼んだ。 


登場人物



世界情勢


//準備中


用語解説



次へ»
最終更新日: 15/07/15 22:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ