ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スネークマンショー


ヨミ: スネークマンショー
掲示板をミル!
5カキコ!

スネークマンショーとは、桑原茂一・小林克也伊武雅刀によって結成されたラジオコントユニット、またはそのラジオ番組である。1980年代前半に活躍した。


概要


そもそもは、1970年代ジーンメーカー・EDWIN(エドウィン)が、店内用販売促進BGMとして流すテープの製作の依頼を、発起人の桑原茂一に打診したのがきっかけで生まれた。この名前はメンバー小林克也アメリカDJウルフマンジャック」のモノマネで当初番組進行をし、その小林ヘビ)年生まれだったことから「スネークマン」を自称したことが由来。

シュールラジオコントと通好みの選曲というスタイルは、この頃から確立されている。

このテープは好評を博し、ラジオ番組化される。ラジオ大阪ラジオ関東(現:RFラジオ日本)・TBSラジオと渡り歩いたが、その(当時としては)過な内容(現代の深夜番組としてであれば、さしたることはない)からNGが出るようになる。

そこで、親交のあった「YMO」とコラボレーションして、アルバム『X増殖』を製作。これが大ヒットとなり、以降は制約の少ないレコード盤などによる新作リリースに再度方針転換する。

その後は、小林武らの確執があった模様で「スネークマンショー」としてはフェードアウトし、彼らは一度袂を分かって歩み出すことになる。上述した各メンバーの記事もそれぞれ参照されたい。

この独特な笑いの表現法は、その後のお笑いにも多大な影を与えた。それまで「ベタ」な笑いしか存在し得なかった日本お笑い界に「シュール」を加えた先駆者である。

時は流れて2013年8月11日東京・夢の公園で開催されたフェス「WORLD HAPPINESS」において、彼らが事実上の「復活」を遂げた。この場において、小林武が歌った一のシングルカット曲である「咲坂と内のごきげんいかが1・2・3」も、発表から32年ぶりに披露された。


後世に与えた影響


スネークマンショーのファンであった者たちが後に作り手となり、作品に由来するオマージュなどの内容・演出・作品などを数々生んだり、武を起用したり、「コント先の本家乗っ取り」などのミラクルを起こしている。以下で詳述。


関連動画



■sm104386[ニコ動]

■sm101330[ニコ動]
■sm101303[ニコ動]
■sm101291[ニコ動]
■sm101311[ニコ動]
■sm754104[ニコ動]
■sm918138[ニコ動]
■sm779891[ニコ動]
■sm2774800[ニコ動]
■sm3547298[ニコ動]
■sm4578729[ニコ動]
 ■sm2378372[ニコ動]


関連商品


■azB00007KKZ5
■azB0000DZ8D9
■azB0000DZ8DA
■azB0000DZ8D7


関連コミュニティ


■co1798


関連項目



最終更新日: 13/09/03 19:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ