ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スパイラル〜推理の絆〜


ヨミ: スパイラルスイリノキズナ
掲示板をミル!
139カキコ!

スパイラル〜推理の絆〜とは、原作城平京 作画水野英多によって月刊少年ガンガンに掲載されていた漫画作品、及び同作品のテレビアニメである。

1999年2005年の間掲載。エニックスお家騒動危機に見舞われたガンガンを支えた作品で、少年漫画志向にシフトし始めた同誌にあってもかつてのガンガン系のテイストを維持した。原作者の城平京は本職のミステリ作家であり、本作が漫画原作デビュー作。水野英多とのコンビガンガンでも度々あり、そのときはスパイラルコンビとして紹介される。

アニメ版は2002年10月1日より半年間テレビ東京系列で放送された(全25話)。アニメーション制作J.C.STAFFオープニングエンディングムービーが特徴的で、ニコニコ上ではMAD素材としても知られている。アニメ制作当時はまだ原作の核心が明かされる前だったため後半からオリジナルの展開となり、最終決戦の相手はカノンが務めた。この中途半端な結末のため、原作終了後からフルリメイクを要望するは絶えない。

作画水野英多にとって思い入れの強い作品らしく、連載終了から10年以上経った現在でもTwitter誕生日イラスト1P漫画を掲載することがある。また登場人物の私水野ファッション雑誌を片手に似合いそうな装をセレクトしている。


概要


主人公鳴海歩の鳴海清隆)が「ブレードチルドレンを追う」というの言葉を残した二年後から物語は始まる。物語の初めの頃は推理漫画であったが後にブレードチルドレンと呼ばれる少年少女達と様々な戦いが繰り広げられていく話である。

ガンガンWEBサイト外伝小説名探偵 鳴海清隆」を連載。各話前後編に分かれており、読者への犯人当てクイズとして連載されていた。作者は「読者の大半が前編の時点で相を見抜き、かつ面く読めるもの」を意識して書いているため、普通ミステリよりもヒントが分かりやすくなっている。終盤はクイズ企画を行わず、書下ろしの最終話と併せて単行本として発売した。このため、終盤には本編につながる伏線がいくつか配置されている。

外伝として小説版が4巻出ている。1~3巻は本編の幕間として歩の周りで起こった事件や過去の事件の相を見抜くミステリとしての面が強い。4巻は「名探偵 鳴海清隆シリーズ完結編として書き下ろしの最終話を収録した。小説版はスパイラル事前知識がなくても楽しめることを前提に書かれている。また臣学園の設定や新聞部の実態など、小説版で明らかになる設定もいくつかある。作者の作ではあるのだが、小説版は猟奇的な表現がされていることが多く、実写ドラマアニメでも規制を受ける死因や殺方法がよく使われる。


登場人物



次へ»
最終更新日: 19/12/27 15:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ