ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スペースシャトル


ヨミ: スペースシャトル
掲示板をミル!
43カキコ!

スペース・シャトルSpace Shuttle)とは、アメリカ国立航空宇宙局NASA)が開発した有人宇宙機(宇宙船)である。


概要


スペース・シャトル
Space Shuttle
スペース・シャトル
分類 宇宙往還機
製造者 ユナテッドスペースアライアンス
ボーイング統合防衛システム
ロックウェルインターナショナル
マーティン・マリエッタ
ロケットダイ
サイコール
アライアント・テックシステム
運用者 アメリカ国立航空宇宙局

アメリカ国立航空宇宙局NASA)が開発し、1981年4月2011年7月まで運用された一部再使用宇宙往還機である。計画としての正式名称は、スペーストランスポーテーション・システム宇宙輸送システムSpace Transportation System)であり、ミッション名に付属されるSTS記号がこの略称。打ち上げ時のシャトルは、本船であるオービター1機、外部燃料タンク1基、固体ロケットブースターSRB)2基で構成されている。

な製造請負元はユナテッドスペースアライアンスUSA)。オービター製造をボーイング統合防衛システムズ(IDS)とロックウェルインターナショナルメインエンジン製造をロケットダイン、外部燃料タンク製造をマーティン・マリエッタ、SRB製造をサイコールアライアント・テクシステムズ(ATK)が担当した。

一般にスペース・シャトルと言うと、本体であるオービター単体のことをしている事が多い。又、設計がよく似たソ連(現:ロシア)の宇宙往還機であるブラーオービター)及びエネルギヤ(打ち上げロケット)をスペース・シャトルと呼ぶ者も少なからずいるがあまり好ましくない。


オービター


オービターSpace Shuttle Orbiter、Supace Shuttle Orbital Vehicle、OV)は、地球上を周回飛行する為の宇宙船であり、宇宙航空機スペースプレーン)にも分類される。

大気圏離脱時(外部燃料タンクが装着されている間)に使用される液体燃料ロケットエンジンであるスペース・シャトル・メインエンジン(Spase Shuttle Main EngineSSME)を3基、軌変更や軌離脱時に使用される軌操縦システム(オービタル・マニューヴァリングシステムOrbital Maneuvering System、OMS)を2基搭載する。

機体各所には、軌上で姿勢制御を行う姿勢制御システム(反作用制御システムリアクション・コントロールシステムReaction Control System、RCS)を42基搭載。更に細かくRCSメインラスター38基(前方14基、左後方12基、右後方12基)、RCSバーニア6基(前方2基、左後方2基、右後方2基)に分けられる。

帰還時は大気中を滑するため、通常の航空機と同様の形状はデルタ)とリフティングボディが採用されている。


外部燃料タンク


外部燃料タンク(エクスターナル・タンク、Space Shuttle External Tank、ET)は、SSMEに燃料を供給するための巨大な使い捨てタンク。オービターの船底部に1基接着されている大いタンク(以前は、タンクの温度上昇を防ぐために断熱材の表面を白色塗料で塗装していたが、あまり効果がいと分かったため止)であり、液体酸素タンク(前部)と液体水素タンク(後部)を内蔵する。

打ち上げから約9分後の高度109kmにて切り離され、大気の断熱圧縮による熱と圧分解されながらへ落下する。当然、再使用はされない。


固体ロケット・ブースター


固体ロケットブースターソリッドロケットブースターSpace Shuttle Solid Rocket BoosterSRB)は、シャトル打ち上げ発射時に使用する再使用の固体燃料ロケットモーターである。固体燃料補助ロケットとも。外部燃料タンクの左右に2基装着されており、打ち上げ時に必要な推80以上を補う。

打ち上げから約2分後の高度45kmにて切り離され、パラシュート降下しながらへ落下し、回収されて再使用される。SRBにはカメラが装備されており、本体から分離した後に面に着するまでの動画ニコ動でも特に人気である。 


スペース・シャトル・オービター一覧



模型機/試験機


[画像を見る]

シミュレーター用模型機(初代パスファインダー)と展示用模型機(2代目パスファインダー)の2機がある。ただし、模型機はオービターとしてカウントされない場合もある。

参照 → OV-099 チャレンジャー

宇宙航行を持たない滑試験機。ネーミングSFドラマスタートレック』に登場した同名の宇宙船から。役を終えたのち、スミソニア航空宇宙博物館に展示されており、オービターが全機退役しそれぞれ博物館に寄贈される際にはイントレピッド海洋航空宇宙博物館に移設展示される予定。


実用機


実用1番機。初飛行は1981年4月12日STS-1。2003年2月1日STS-107地球帰還・大気圏再突入時に空中分解して人命と共に失われる(コロンビア空中分解事故)。

実用2番機。元々は宇宙航行・飛行を持たないSTA-099試験機(構造試験)を良した機体。初飛行は1983年10月3日STS-6。1986年1月28日STS-51-Lの打ち上げ発射後にSRBの不具合によって吹き出した高温ガスによって外部燃料タンクが爆発して人命と共に失われる(チャレンジャー爆発事故)。

実用3番機。初飛行は1984年8月30日STS-41-D。STS-133ミッションとして2011年2月24日に打ち上げ、3月9日に帰還、退役。スミソニア国立航空宇宙博物館に展示予定。

実用4番機。初飛行は1985年10月3日STS-51-J。スペースシャトル最後のミッションとなるSTS-135ミッションとして2011年7月8日(現地時間)に打ち上げ。アポロ面着陸記念日に当たる7月20日に帰還・退役予定であったが打ち上げが順調に進んだことから飛行期間を1日延長し21日に帰還、退役。ケネディ宇宙センターに展示予定。

実用5番機。初飛行は1992年5月7日STS49STS-134ミッションとして2011年5月16日に打ち上げ、6月1日に帰還、退役。カリフォルニアサイエンスセンターに展示予定。


関連動画



■sm4281144[ニコ動]

■sm1838614[ニコ動]
■sm1838706[ニコ動]
■sm1124571[ニコ動]


関連商品


■az4862486029
■az4796683003
■azB004MYF1U4
■azB005543A4O
■azB003U6H9AU
■azB0017TC1D2
■azB0006NGO7E
■azB000KA1UA4


関連コミュニティ


■co5956


関連項目



最終更新日: 15/04/28 22:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ