ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スーパーハングオン


ヨミ: スーパーハングオン
掲示板をミル!
2カキコ!

スーパーハングオン」とは、1987年セガが発売したバイクレースゲームである。


概要


セガの体感ゲームシリーズ第5弾にして、第1弾「ハンオン」の続編。
バイク筐体を操ってゲーム中のバイクを操作し、他のバイクをかわしつつ制限時間内にチェックポイントすというゲーム内容はそのままに、多くの要素が追加されている。


スーパーチャージャー(ターボ)


プレイヤーの操作するバイクは「ハンオン」とべて劇的に高性なものとなっている。
アクセルだけでも軽快に280km/hまで加速していくのだが、この速度に達すると速度数値がく点滅し、この状態でスーパーチャージャーボタンを押すと324km/hまで急加速する。

スーパーチャージャーによる加速は、挙動の変化が明確なのも特徴の一つ。
例えば280km/hでは余裕で曲がれるけど324km/hでは滑って外側に膨らむカーブの場合、スーパーチャージャーを連打して300km/hを維持しながらインベタで曲がるというテクニックが存在する。
上級者のスーパーチャージャーの使い方は、プレイ動画を観る際に注してみても良いだろう。

一方、初心者の中にはスーパーチャージャーの存在に気付かない人も少なくない。プレイ動画でも時折散見されるがアーケード版実機でも例外ではないらしく、かつて存在したあるゲーセンTwitterスーパーチャージャーの存在についてツイートしたこともある程。


コース


まず、1ステージの長さが「ハンオン」は論「エンデューロレーサー」や「アウトラン」でも"普通に走って1分程度"で大体共通していたが、本作ではその半分程度の長さになっている。その代わりステージの数が大幅に増加している他、2ステージ毎に色も変化していくので「従来の1ステージを2つに分けた」ぐらいの認識で問題ない。
そして「ハンオン」にはかった高低差の概念が追加。「アウトラン」と同様走行にするものではないものの、変化に富んだコース構成に一役買っていて、場所によってはカーブや敵が見えにくいブラインドコーナー的なところも…

そんな「スーパーハングオン」の進化したコースだが、難易度ステージ数の異なる4種類のコースが用意されており、ゲーム開始時に挑戦するコースを選択する事が出来る。それぞれに地域が設定されており、全世界舞台にしている。

ジュニアコースは「ハンオン」のコースリニューアル版で、レイアウトはそのままに高低差を追加し、色を一新、ステージを2つに分割したものとなっている。

スペシャルコースは、ビギナー→ジュニア→シニアエキスパートの順に全コースの走破をす。最近の移植作品での追加要素だが、実はアーケード版のデモプレイでも同様のコースの繋げ方が確認出来る(この場合、エキスパート18面の後はビギナー1面に戻る)。


BGM


アウトラン」で好評を博したBGMセレクトを今作でも搭載し、「OUTRIDE A CRISIS」「SPRINTER」「WINNING RUN」「HARD ROAD」の4曲から選択出来るようになっている。名曲いであり、その評価は人によって様々。
気分に応じて選べるのは論、丁度4コースあるのでコース別に使い分けるような事も出来る。

3DS版のスペシャルコースでは、ステージ6、ステージ16、ステージ30の終わり際、つまりコースの切り替わりでBGMが順繰りで切り替わるようになっているので、選択したBGMを起点に全曲を堪出来る。24分間の長丁場でも飽きさせない、スタッフな計らいである。

太鼓の達人 ドコドンミステリーアドベンチャー」に「OUTRIDE A CRISIS」が収録されている。


ゲームバージョン


ライドオンタイプ

バイクを傾けて操作する、初代「ハンオン筐体の流用バージョン。ただし出回りは少なく、このバージョン移植も存在していない。

この筐体のみスーパーチャージャーボタンが付いていないので、アクセルだけでトップスピード(ただし323km/h)が出るようになっている。旋回性が高い(ミニライドオン・シットダウン280km/hで曲がれるコーナーはライドオン323km/hでも曲がりきれる)一方で280km/hからの急加速はできず、ゆっくり最高速度に達していく様子は初代ハンオンのそれに近い。

ニアコースステージ7~8と11~14、エキスパートコースステージ7~12と17~18はミニライドオンタイプと共通だが、残りのステージストレートロングコーナーが中心のレイアウトとなっており、自の性も相俟って高速走行がしやすい。寧ろ最大の敵は筐体サイズや重量とそれに伴う操作性

なお初代ハンオンにあった「ステップに足を置いていないと旋回性が落ちる」という仕様は本作にはいので、安心して地に足を付けてプレイすることができた。届きさえすれば。

ミニライドオンタイプ

モニターバイク部分から分離され、バイク部分も最小限の形状でコンパクトにまとめた本作用の新筐体
ライドオンタイプでは一応ステップに足を置く想定だったが、今回は最初から床に足を付ける前提の設計となっており、筐体の小化もあって操作性が格段に善されている。最もメジャーバージョン

ジュニアコースレイアウトはライドオンではなくシットダウン準拠なので、本作のシットダウンタイプとは全ステージ共通コースになっている。

3DSメインメニューで「3D スーパーハングオン」を選択した時に表示される3Dモデルはこれ。

シットダウンタイプ

バイクを模った座席に座り、ハンドル部分のみを回転させてバイクを操作するアップライト筐体
体重移動が必要ないので操作はもっとも容易だが、コースレイアウトには急カーブやS字を積極的に用いているので難易度が高く、それでいて(最高難易度の場合を除き)制限時間もミニライドオンタイプより短くなっている。

ちなみに前述のジュニアコースの他、ビギナコースステージ5~6、シニアコースステージ7~14、エキスパートコースステージ5~6と9~14と17~18もレイアウトミニライドオンタイプと同一。


制限時間一覧


ライドオンタイプ
St. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
※1 25 30 30 25 30 30 25 30 30 30 ※2 30 30 30 30 25 30

※1…E:50、N:45H:40、VH:35
※2…シニアコース25エキスパートコース30

ミニライドオンタイプ
St. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
VE 60 30 38 38 35 38 38 38 38 35 38 38 38 38 35 38 38 38 38
E 55 25 33 33 30 33 33 33 33 30 33 33 33 33 30 33 33 33 33
N 50 25 32 32 30 32 32 32 32 30 32 32 32 32 30 32 32 32 32
H 45 25 31 31 30 31 31 31 31 30 31 31 31 31 30 31 31 31 31
VH 40 25 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30
シットダウンタイプ
St. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
VE 55 30 37 37 35 37 40 37 37 35 37 37 40 37 35 37 37 37 35
E 50 25 32 32 30 32 35 32 32 30 32 32 35 32 30 32 32 32 30
N 45 25 31 31 30 31 34 31 31 30 31 31 34 31 30 31 31 31 30
H 40 25 30 31 30 31 34 30 31 31 30 31 34 30 31 31 30 31 30
VH 40 25 30 30 30 30 33 30 30 30 30 30 33 30 30 30 30 30 30

ステージ1が初期タイムで、2以降はそのステージに到達した際の加算時間となる。3DS版で途中開始した場合も初期タイムステージ1の時間に準じ、開始した次のステージから参照していく。
難易度表記は一応Wii版準拠だが、VERY EASYPS3/Xbox360版と3DS版のみ。
基本的に全コース共通であり、同一番号のステージなら加算時間は一緒である。
例外としてスペシャルコースは元となったコースに準じ、ビギナー以外のステージ1~2は「→」に差し替えられる。

コース全体の制限時間を算出したものは以下。実時間換算だが、実際はタイムバグ(後述)のでこれを下回るトータルタイム普通に出る事と、制限時間が99える場合はその分が加算されずこの時間も縮む事に注意。


次へ»
最終更新日: 16/10/28 19:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ