ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スーパーマリオくん


ヨミ: スーパーマリオクン
掲示板をミル!
504カキコ!

スーパーマリオくんとは、月刊コロコロコミックに連載されているギャグマンガ作者沢田ユキオ
なお、同名タイトルの作品に小学館にて連載されていた嵩瀬ひろしのものがあるが、全くの別物である。


概要


マリオ君[画像を見る]

コロコロコミックにて1990年スタート現在もなお連載は続いており、「ドラえもん」の18年を抜きコロコロコミックでの連載期間が最長の作品となっている。また、1991年から2000年代前半まで、小学館の学習雑誌(「小学三年生」など)にも連載をしており、単行本(コミックス)では二つの作品が合わさった形になっていることが多い。

基本的なストーリーは、マリオとその仲間たちが冒険をしていくもの。舞台は連載時に発売されているゲームに準ずる(たまに全なオリジナルストーリーが展開されることもある)が、ゲームの設定を崩す事も多く、「ワリオの森」「スーパードンキーコング」「ワリオランド」「ヨッシーストーリー」など、本来マリオが全く出ていないゲームでも何らかの形でマリオ役、あるいは準役として関わっている。

ちなみに、コロコロ連載前の「スーパーマリオブラザーズ2」から現在に至るまで、ほぼ全く画が変化していない。但し、沢田マリオシリーズの原点にあたる40巻収録の「スーパーマリオブラザーズ」(タイトルのわりにルイージが出ない)は、マリオ悪人面でクッパの顔が全然違う。


登場人物



主要キャラ


マリオ

このシリーズ及びマリオシリーズ主人公。立ヒゲ帽子が特徴。一人称は元のゲームとは違い「」。
本作品では、アホブサイクおっさん という設定になっている。更に64編以降、頭が少し禿げている設定が追加。世界的なスターとは思えないほど卑怯で貪欲な面が非常に立つ。だが、結局頼れるヒーローとして役に立つことが多い。 

ルイージのことは大切なと思っている・・・らしい。(たまにハンマーの代わりにしたりにしたりします。)
ヨッシーも同じく大切な仲間とおもっているらしい。(しょっちゅう武器にしてますが気にしないでください。)
そんな彼も、ピーチ姫には非常に弱く、どんなことがあろうともピーチ姫が来ればどえらくデレデレになってしまう。 

ルイージ

立たない 役に立たない 弱い 情けない 脇役 

マリオ。これらの設定がルイージキャラとして意識されたのは、恐らくこの漫画が原因と考えられる。上記のように、当作品ではひどい扱いを受けっぱなしのかわいそうな人として登場。

初期はマリオのことを「マリオ(呼び捨て)」「お前」などと呼んでおり顔もマリオに似ていたが、しばらくして顔が細長くなり、落ち着いた性格になる。マリオへの称も「兄さん」になり、一人称は「」から「ぼく」になった。
マリオの項にも書いたとおり、武器にされることが多い。他にもゴミと間違われたり、にモテたりしている。

性格変更前は、よくマリオを倒して自分が主人公になろうと画策していた。特にこの点は、10巻でジュゲムに「役願望」を増強された挙げ句洗脳され、ルイージコングなる強敵となってマリオを大苦戦させたエピソードが印深い。また、6巻でカメーンに乗っ取られた際には、無敵カメーンルイージパワーが加わったことで作中最強とも言える戦闘力を発揮。時間を止めてカメーンを外すことでようやく難を逃れた。このことから実際にはマリオに匹敵する実者でもあることが伺える。(けど結局脇役

スーパールイージくんというタイトル役を務めたこともある。(詳しくはルイージマンションを参考のこと)
最近では、ヨッシーと2人で何かをする話が書かれている。

なお、過去小学館漫画録には、本作紹介欄のページ主人公の顔写真として「マリオ」の表記があるのに、何故か写真ルイージになっていたことがある(当時は帽子のL以外で見分けられないからだろうか?)

ヨッシー

自称「スーパードラゴン」の恐竜一人称は「私」で、ルイージ同様初期デザインとその後のデザインで変更点がある。本作品では最もひどい扱いを受けている部類。ルイージ同様武器にされることもある。にでも敬語で心が広い性格だが、大食いで何でもパクパク食べてしまうのがたまにキズ。

キャサリンとは仲がいいようである。だがキャサリンは元々のゲームでは男なので恋愛感情かどうかは不明。しかしこ漫画キャサリンは女の模様。

ヨッシーストーリー編では、チームちびヨッシーズ(以下TCY)というヨッシーたちが登場。それぞれに様々な個性がある。 
みどりチームリーダー。一番しっかりしている。
あか:熱血スポーツマン。修造ではない。諦めることやじれったいことがきらい。 鉢巻には「あか」や機嫌が描かれている。
あお:クールドライな性格。その一方でマリオのことが好きだったりおもらししてたりと意外な面も。パーティ1編ではピンク相思相愛に。 
みずいろ:頭明晰で、面倒見がいい。マリオをわかってくれている。 マリオも6匹の中で一番信頼している。
ピンク: TCYの紅一点(?)のオカマ。よくみんなの背中をゾクゾクさせている。(悪い意味で
きいろ:ボケの多いTCYの中で最も大ボケポチとは仲がいい。 

その他

クッパ

マリオライバルで、同じく大ボケ息子に子クッパ一味(後述)クッパJrなどがいる。一人称は「わし」。マリオとワリオ」編などちょくちょくマリオと協する。

ピーチ

キノコのお様で、マリオ人。よくクッパにさらわれる。おてんばで気が強いため扱いが難しい。執事キノじいがいて、非常におせっかい焼き。

キノピオ

マリオ達をで支えてくれる、キノコの住民。 戦闘は好きではない、気弱な性格。(中には気の強いもいる。) 

コクッパ一味

クッパ子供らしい、7人のクッパ。TCY同様、さまざまな性格を持っている。

イギー:頭が切れるだが、クッパ軍団のみそっかすと言われたり酷い仕打ちを受けることも多々ある。
ラリー:一番普通コクッパNewマリオWii編では機械化していた。
レミーボールに乗っていて、とてもアホ。同上編では、マリオと仲良くなっていた。
ロイ:体が大きくサングラスが特徴。漫画ではシャボン玉などでマリオを苦しませた。
モートンロイよりも体が大きく、体の色が濃い。漫画では巨体を生かした攻撃を炸裂。 
ルドウィッグ:フサフサな髪の毛を持っている、出っコクッパ漫画ではお化けになったり心したり。
ウェンディ紅一点女の子らしくマリオしたりライタにしたり純情だが顔はクッパ。 


よくあること



作品一覧


連載期間は文字の方を月刊コロコロコミック文字の方を別冊コロコロコミック文字はその他の雑誌(小学三年生など)とする。


次へ»
最終更新日: 17/01/28 21:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ