ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スーパーロボット大戦64


ヨミ: スーパーロボットタイセンロクヨン
掲示板をミル!
131カキコ!

スーパーロボット大戦64とは、NINTENDO64で発売されたゲームソフト
スーパーロボット大戦シリーズの一つである。


概要


1999年10月29日発売。『六神合体ゴッドマーズ』、『ジャイアントロボ THE ANIMATION~地球が静止する日~』、『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』が初参戦作品。カートリッジロムなため、ボイスや図鑑は収録されていないものの当時としてはかなり速いロードセーブが特徴。オリキャラにスポットがあてられるようになった初めての作品であり、彼らのBGMアレンジBGMの評価は高い。

中でも本作をる上で外すことが出来ないものは、そのストーリー性であろう。「既に外宇宙侵略に敗れ、隷属下に置かれてしまった地球」という、スパロボシリーズでも異色の舞台設定がなされており、主人公の属する勢ははじめ地球を支配する異人や支配者におもねる地球人を糾弾するレジスタンスとして各地を転戦、物語の進展と共に主人公らの勢はその拠って立つ基盤をも大きく変えていくことにもなる。 本作で大きくピックアップされている「レイズナー」を手がけた高橋良輔の作品に見られるような、泥臭く重厚な雰囲気をまとったゲームと言える。

スパロボ恒例のオリジナル主人公、特にリアル系はこの雰囲気を助長するかのように作られており、リアル系男主人公は故郷を破壊しつくされ、流されるままに戦いに身を投じる少年リアル女主人公レジスタンスのひとりとして硝煙の中で生きている少女ダグラムっぽい機体に乗ってる)などと陰で、作中でもそれぞれ救いの要素は少ない。特にリアル系でのみ登場する「レラ」の末には衝撃を感じたプレイヤーも多いのではないだろうか。
それぞれの主人公の詳細については下記の記事を参照。


参戦作品


太字は新規参戦作品。 太字はリンクバトラー経由限定。




システム


ゲームシステムの部分では同時期に発売されたGBソフトスーパーロボット大戦リンクバトラー」との連携機を搭載しているのが最大の特徴である。これは「片方のソフトで育て上げたキャラクターをもう片方のソフトで使うことができる」という機で、端的に言ってしまえば使用することで1話クリア後にいきなり最終決戦並のレベルに達したユニットを使うことができるというもの。 元々「F」などにべて非常に簡単な難易度に抑えられているのだが、この機を使うと最初から最強ユニットを繰り出して適当に蹴散らすゲームと化してしまう。

それに加え、いかなる攻撃も一定の回数効化するが何回効化するのか確認不能、そもそも所持しているのかも初見では不明、という「ダミー」技や、バグで内部補正値が異常なことになっている「超能力」「戦士」技など、ゲーム性の部分にはやや問題が多い。
本作で初参戦であるゴッドマーズのあまりに飛び抜けた強さなどは現在でもとなっているが、純な戦術ゲームとしての評価はさほど高くないようだ。

しかしながら合体攻撃等の現在スパロボでも玉となっている要素は本作から導入されたものでもあるため、スパロボ史に残した功績は大きい。 合体攻撃導入初期とあってジェットストリームアタッククモの巣攻撃、ガザストームなど敵営の合体攻撃が充実しているのも嬉しい。
また前述のリンクバトラーとの連携機の為か敵パイロットレベルが味方パイロットの上位数名の均で決まるようになっており、これは開発元が同じ携帯シリーズでも(時により少し基準が変わりつつも)最新作まで受け継がれている。


その他


余談だが本作は「F」まで制作を担当していたウィンキーソフトではなくエーアイと招布という会社が共同で制作している。エーアイは後に携帯シリーズ制作を担当しており、携帯シリーズには本作と似ている部分が散見される。
招布という会社は任天堂ハドソンの共同出資によって立ち上げられた会社で、既に解散しているため本作の版権管理は混乱した状態にあると推察されている。 スパロボマニアの間では人気の高い本作だが、こうした事情からか移植リメイク、果てはOGシリーズでのキャラクターの参戦に至るまでこれまで実現していない。


関連動画



■sm1846547[ニコ動]


関連商品


■azB000069THO

関連コミュニティ


■co323

関連項目



最終更新日: 17/03/13 16:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ