ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スーパーロボット大戦GC


ヨミ: スーパーロボットタイセンジーシー
掲示板をミル!
57カキコ!

『スーパーロボット大戦GC』は、2004年12月16日バンプレスト(現バンダイナムコゲームス)から発売されたGCソフトである。略称は「スパロボGC」。『スパロボ』の他作品とは関連のない単独作品の一つ。


概要


今作の主人公赤月という同姓同名の男女から選択でき、ロボットリアルスーパー系から選択できる。どちらを選択した場合もフェアリファイアフライサブパイロットとなる。
主人公機はリアルスーパー共にパーツ換装することが可。どちらを選択するかは好みで決めてしまって良い。

新規参戦作品は『銀河烈風バクシンガー』『銀河疾風サスライガー』『最強ロボ ダイオージャ』『マジンカイザー(OVA)』『絶対無敵ライジンオー』の5作品。また、『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』『未来ロボ ダルタニアス』が据え置き初参戦となっている。後にシリーズおなじみとなるファイナルダンクーガも初登場。これまで名前のなかったシャピロ戦闘メカにも原作監督自ら「デザイア」という名が与えられた他、トライダーG7パイロット尾ワッ太の声優原作の間里美氏に戻された。また、第08MS小隊サイクロプス隊は今作にてようやく全員登場を果たした。

ストーリーは前半が『機動戦士ガンダム』の一年戦争軸に展開し、後半は宇宙からの脅威に立ち向かっていくというしい展開。J9シリーズいなどファンには嬉しい要素も多い。また、シリーズでは初のサブシナリオを採用。インターミッションから繰り返しプレイする事が出来、ここでフラグを立てることで入手できる隠しユニットもある。資稼ぎやレベル上げにも重宝した。

特徴的なシステムとして、「ダメージ部位制」を採用。ユニットは4つの部位を持っており、それぞれに独立したHPが割り振られている。サイズが同等以上のユニットなら直接ダメージを与えられるが、相手より小さい場合は部位にしか攻撃できない。ただし、部位に一定のダメージを与えるとその部位に関連したが低下し、破壊するとその部位に装備された武装が使用不能になる。精神コマンド狙撃」や特殊「狙い撃ち」を持っていればサイズ特性視できる。BODY以外の部位を全て破壊するとユニットを捕獲して自軍ユニットとして使用できる。解体して資(撃破時の2倍)にすることも可。ちなみに改造していた場合、改造費は全額返ってくる親切設計。また、これまでの撃墜数ボーナスの上位版として「スキルエース」を採用。一定の条件を満たすことで最大7種類のボーナスが付く。

戦闘アニメは『α for DC』以来の3D戦闘を採用。全体的にクオリティ、読込速度共に向上している。合体攻撃も多数用意されている。
BGMも総じてクオリティが高く、特にダンクーガの『ほんとのキスをお返しに』のアレンジっぷりはもはや伝説級。


移植


『スーパーロボット大戦XO』としてXbox360移植されている。シリーズ初のHD作品となった。
基本システムはそのままだが、敵ユニット精神コマンドを使ってきたり、命中率0%だと攻撃してこないといった調整が行われている。
戦闘アニメHD準拠にパワーアップ。具体的には、モデリング、テクスチャ共に変更。特にリアル系の機体はシリーズ1、2を争うかっこ良さに仕上がっている。常にグーだった手首もちゃんとした造形になり、モーションやカメラワーク善された。GCにはなかったカットイン合体デモも追加されている。読込速度も非常に速く快適。

ユニット的には分離形態のなかったダイオージャが分離できるようになったり、サスライガー必殺技が追加された一方、隠しユニットの巨大からくり雷神王が削除されている(権利関係の模様)。そのあおりを受け、雷神イベントに登場していたあのおじさんも登場しなくなってしまった。

また、女主人公の名前が「珠」に変更(読みは同じ)。OG参戦を見越してのことだろうか?
『第3次α』で採用されたBGM個別選択も採用された。

シリーズでは初のネットワーク対戦モードスーパーロボット対戦」を採用。このモード専用の合体攻撃もあったり全身色のユニットがあったりとお遊び要素満載となっている。
システムは手持ちのユニットパイロットから3組を選択し、互いのターンごとに行動を決める読み合いメインゲームとなっている。


関連動画



■sm16142786[ニコ動]

■sm1444197[ニコ動]

べてみよう!

■sm11345389[ニコ動]
■sm7319022[ニコ動]

関連商品


■azB00068WL3A
■azB000YCAMHU

関連項目



最終更新日: 13/03/06 22:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ