ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スーパーロボット大戦UX


ヨミ: スーパーロボットタイセンユーエックス
掲示板をミル!
8320カキコ!

すべての可性が、ここに集う。

スーパーロボット大戦UXとはニンテンドー3DSで発売されたゲームソフトである。


概要


スーパーロボット大戦UX
ジャンル シミュレーションRPG
対応機種 ニンテンドー3DS
発売元 バンダイナムコゲームス
開発元 エーアイ
発売日 2013年3月14日
希望小売価格 7140円(通常版)
26040円(本体同梱版)
セーブデータ 40
CERO B(12才以上対
通信 ニンテンドーネットワーク対応
(追加コンテンツ:有料)
その他 ダウンロード販売対応
(7140円)
(期間限定:3800円)

ニンテンドー3DSで発売されるスーパーロボット大戦シリーズの最新作であり、バンダイナムコ内製のαやZという いわゆる本流シリーズではなく、GBADSで続いてきたエーアイが開発担当の独立したシリーズの作品で通称エーアイスパロボと呼ばれる。初めて次世代機である3DSでの発売となる。

任天堂携帯シリーズでは初めて戦闘シーンフルボイス化される他、ハードが上がったことで背景ロボットグラフィックがさらに進化し、3D立体視と合わせて迫ある映像が楽しめる。近年のスパロボシリーズに合わせて機体の等身を若干上げるためグラフィックゼロから作り直している。
またステージマップ画面での機体アイコンカラーになり、第2次Zのようなイメージに近くなっている。
またなぜか発売まで伏せられていた情報であるが、本作の戦闘シーンにもガンダムリアル頭身カットインが使用されている。

本作の開発はゲーム本編株式会社エーアイ戦闘BGM有限会社セイムクエイティが担当するという従来のエーアイスパロボと同じだが、戦闘イベントボイス収録などは、αやZシリーズ戦闘BGMを担当しているサラマンダーファクトリーが行っている

パッケージ版の初回特典には本編シナリオ関係に遊べるキャンペーンマップと、スパロボJ以来の復活となるツメスパロボ(詰め将棋やフェイの問題のように特定ルール・限られた条件の中で勝利条件を達成するミニゲーム)がダウンロード出来るコードが付属する。
また、本体同梱版としてスパロボUX仕様3DSLLセットになった「ニンテンドー3DSLL スーパーロボット大戦UXパック」も発売。
また、2015年3DSスパロボ新作スーパーロボット大戦BXが発表されたことにより、2015年5月31日20:00から同年6月30日23:59まで期間限定でダウンロード版の値段が3800円に値下げされている。

長らく参戦が希望されていたリーンの翼デモンベインSDガンダムが登場する他、ラインバレル原作漫画版にアニメ版の声優当てをするという非常にしいスタイルでの参戦、そして版権物のスパロボでは外見やは違えど皆勤賞であった「マジンガーZ」と「兜甲児」が初めて不参加のスパロボになった。

本作のシナリオライター岸本みゆき氏。
彼は漫画SDガンダム三国伝の構成を担当した人で、さらにスーパーロボット大戦Lの7人いたシナリオライターの内の1人、そして小峰徳司氏に代わりルミナスアーク3シナリオを担当した人物でもある。
シナリオ作成の際にはアニメ本編だけではなく小説ドラマCDなどの媒体からも情報を収集し、それを最大限に利用した原作クロスオーバーが試みられており、プレイヤー加藤機関の要するそれをかに上回る想像められているシナリオと評判。


オリジナルキャラクター


本作のバンプレストオリジナルキャラクタースパロボLから引き続きChiyoko氏がデザインを担当する。
メカデザインライオットB過去にヴォルレント等J、W、Lと敵メカを担当した露木篤史、オルフェスライラス寺島慎也。

人物

機体


ダウンロードコンテンツ


本作ではスーパーロボット大戦シリーズで初めて有料の追加コンテンツを取り入れた作品となる。
初回特典のプロダクトコードバンダイチャンネル連動企画シリアルコードで入手出来る”ツメスパロボ”や”キャンペーンマップ”は無料で手に入るもの。さらにニンテンドーeショップから別のツメスパやキャンペーンマップを有料ダウンロードが可で、これをクリアすることでゲーム内の資スキルパーツを入手出来る。(このスキルパーツは条件を満たせばゲーム内でも入手可)

寺田プロデューサーは「世の流れに即した要素として対応することになりました」とっている。
またDLC前提のゲームバランスにはしておらず、これでしか入手出来ない機体やキャラはいません」とのこと。


システム


戦術指揮

インターミッション画面で任意のキャラクターを1人だけ定すると、次のマップ中でキャラクターごとに様々な特殊効果、「プレイヤーフェイズで自軍の攻撃が10上昇」や「自軍の機体の命中率が5上昇」などが得られる。
揮者に定できるのはパイロットだけではなく、通常は戦闘に参加しないキャラクターも選択することが可

強化パーツ・スキルパーツ

本作ではパイロット値を底上げしたり特殊なスキルを付加させるといった、いわゆるパイロット養成のシステム使い捨てスキルパーツに集約された。これはパートナーバトルシステムの導入などで「インターミッションでやるべき事が多くて困る」などといったユーザーの意見をみ取ったことによる。
また前作のスパロボL同様 機体にパーツを装備するシステムもオミットされている。

パートナーバトルシステム

近年のスパロボでは較的よく見る、2機1組で行動するシステム
今作では第2次OGで登場したツインバトルシステムではなく、同じ任天堂携帯シリーズのK・Lで採用されたものをブラッシュアップした形になる。
Kであった「シングルユニットが強すぎる」や、Lであった「パートナーユニットが強すぎる」といったバランスの悪さが善され、より実用的なものに進化した。
パートナーユニットで得られるボーナスは機体のパラメータを5段階・10段階改造する、撃墜数が100機・200機に到達する毎に効果がアップする。なお、ボーナスは3段階まで強化できる。

パートナーユニット シングルユニット
隠しユニット・キャラのフラグ引き継ぎ

今作の隠しユニット・隠しキャラは、一度条件を満たせば次周、再度条件を満たさなくても自動で加入する様になった。
判定は通常のスパロボ同様フラグで行われ、達成したフラグは次周にも引き継がれる。

  1. ○話までに○○機撃墜
  2. ○○○○を撃墜

上記のフラグを達成してフラグを未達成の場合。
次周ではフラグは達成した事になっており、残ったフラグを満たすだけで加入する。フラグ引き継ぎにより以降は面倒な条件など一切気にする事なくプレイ出来るのである。
問題点を挙げるとすればそのデータで達成したフラグは消える事がない。そのキャラが加入しない場合のシナリオが見たい場合、新たなデータプレイする必要がある。
しかしフラグは可視化していないので、各々攻略サイト等で確認するしかない。


参戦作品


文字スパロボ初参戦。括弧内はパッケージに描かれている機体。


関連動画


PV・CM


■sm19566870[ニコ動]

■sm20138079[ニコ動]
■sm19578242[ニコ動]
■sm20207874[ニコ動]
■sm20150900[ニコ動]
■sm20151143[ニコ動]

参戦作品まとめ

■sm19861404[ニコ動]
■sm19861648[ニコ動]

恒例行事

■sm19562309[ニコ動]
■sm19575438[ニコ動]


関連商品



次へ»
最終更新日: 18/07/05 16:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ