ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


セロ弾きのゴーシュ


ヨミ: セロヒキノゴーシュ
掲示板をミル!
6カキコ!

セロ弾きのゴーシュ』とは宮沢賢治の童話作品である。


概要


タヌキ

(1)1934年、賢治の死の翌年に発表された。

3度映像化されている。
1949年、製作日本映画。全編、影絵アニメーション製作された映画
1963年製作学研映画局。
1982年製作オープロダクション

 

(2)さだまさしアルバム風見鶏」の収録曲の一つ。

ここでは(1)の説明をする。

あらすじ

[画像を見る]

ゴーシュは活動写真館でセロチェロ)を担当している。
楽団では10日後の町の音楽祭に向けて練習に励んでいたが、ゴーシュは楽長から、下手なため厳しく叱責される。
その、彼は大きな荷物を抱えて帰宅した。自分の楽器を持ち帰ったのだ。
深夜一人で猛練習に励んでいると、がやってきた。見覚えのある大きな三毛猫に見えるが、言葉をしゃべった。
その後、毎のように カッコウ、子ダヌキねずみの親子などがやって来て、ゴーシュセロを弾くように勧めた。
このような毎日を過ごすうちに、以前は気弱で 音楽でも感情表現ができなかった、
「いつでもきみだけとけた靴(くつ)のひもを引きずってみんなのあとをついてあるくようなんだ」
と楽長に言われていたゴーシュだったが、
いつの間にか、音楽祭で一人でアンコール舞台を勤めることができるほどに上達していたのだった。

関連動画


■sm2693935[ニコ動]


関連商品


■az4041040027
■azB000EZ8314


関連コミュニティ


■co239206


関連項目



関連外部リンク


青空文庫

図書カード:セロ弾きのゴーシュ[外部]
http://www.aozora.gr.jp/cards/000081/card470.html[外部]

償でテキストファイルが配布されている。


最終更新日: 13/09/02 00:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ