ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


セントラルライナー


ヨミ: セントラルライナー
掲示板をミル!
15カキコ!

セントラルライナーとは、JR東海中央線名古屋-中津川間で運行していた、有料座席快速列車である。いわば日中に走るライナー列車で、着席が保された快速列車だった。

2013年ダイヤ正で快速に置き換わる形で止された。


概要


それまで、日中快速しかなかった東濃地方(特に多治見以東)が、「もっと速く名古屋に行ける列車が欲しい」と要望があり、1999年ダイヤ正で登場した列車である。
中央西線内では特別快速のような扱いであったが、専用車両を投入し、名古屋多治見間ではライナーが別途かかることから、その性格は往年の急行列車に近いものと言える。

これまで名古屋多治見間を途中7に停し、4しか通過しなかった快速べ、名古屋多治見間は途中3のみ停と大幅に停が減ったので時間短縮ともなり、当時完成した「JRセントラタワーズ」の人気も手伝い、大変好評な列車であった。
休日には、増結が間に合わず、383系373系を使用した運用もあった程。

2013年3月ダイヤ正で料不要の快速に置き換えられ止されることになった。


問題点など


しかし、快速を置き換えたが為に、それまであった「快速4・普通4」の分かりやすいダイヤが崩れた為、間の快速は本数減となり、普通でもダイヤの不等間隔化を招き愛知県内の利用者から不満が続出していた。(後に普通列車が増発となったのでこの問題は解決。)
また、東濃地方多治見以南)では、実質的には料の負担が増え、しかも、専用車両のはずなのに送り込み運用されたりなど、利用者の不満が増えていった。

掲示板等で「銭取られるライナー」の様な皮を込めた呼び方まで存在してしまう程である。

だが、他の313系より、車両若干になっており

等があるが、それでも310円はどうかと言うはある。

最近は、当初110km/h運転だったのが、130km/h運転になったり等している。
(※ちなみに313系130km/h運転はセントラルライナーのみである。)


運転区間


中央(西)線の名古屋中津川間で運転

名古屋 - 金山 - (舞) - 千種 - (大曽根) - (新守山) - (勝) - (春日井) - (領) - 高蔵寺 - (定寺) -   (古虎渓) - 多治見 - 土岐市 - 瑞浪 - 釜戸 - 武並 - 恵那 - 美坂本 - 中津川


使用車両



乗車整理券


上記のが付いている間以外を利用する場合は310円が必要となる。

上り(名古屋行き)は中津川多治見までの各と高蔵寺にて発売
下り(中津川行き)は名古屋金山、千種(、高蔵寺?)にて発売
券を発売していないでは、内で310円を払う事となる。

基本的に自動券売機(札外)で購入。券売機の(釜戸、武並)では窓口で購入すること。
なお、名古屋金山・千種・多治見以外の各では、札内に券売機が存在しないので、切符を買う際に、自動券売機でまとめて購入しておこう。(中津川から乗り換えで乗る人は・・・駅員に言えば何とかしてくれるだろう。多分)

ちなみに広義的に普通(快速)列車に分類される為、青春18きっぷでの利用は可だが、乗整理券は別途必要となる。


買わずに乗車した場合


買わずに乗ると、立ち座り関係なく、が巡回してきた際に、310円を徴収される。この場合、座る保はされず、その席の整理券を持っている人がいたら、席を譲らないといけない。

簡単に言えば、あらかじめ乗ると分かっている場合、乗整理券はで購入しておいたほうが、難であろう。


関連項目



最終更新日: 15/09/17 23:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ