ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


セ・パ交流戦


ヨミ: セパコウリュウセン
掲示板をミル!
155カキコ!

セ・パ交流戦とは、プロ野球セ・リーグの球団とパ・リーグの球団が対戦する交流戦である。単に「交流戦」と呼ばれることが多い。


概要


正式名称は「日本生命セ・パ交流戦」。毎年5月から6月にかけて開催される。

以前からパ・リーグの方が交流戦の開催を要望していたが、巨人戦の放映権料に頼っていたセ・リーグの球団が巨人戦の減少を理由に難色を示したため実現せずにいた。しかし2004年オフの球界再編騒動をきっかけに歩み寄りがなされ、2005年から開催されるようになった(とはいえ今でもセの各球団は交流戦の試合数減をことあるごとに要しており、現状維持めるパが押し切られる格好で試合数減が続いている)。

交流戦の成績はそのままペナントレースの成績に組み込まれる。それとは別個に、2014年までは交流戦の成績のみで最も勝率が高かったチームが「交流戦優勝」として表された。

2015年からはリーグ対抗戦という形になり、勝ち越したリーグの全球団に賞(上位ほど高額)が出る形となった。そのため、2018年ヤクルト交流戦1位になったにも関わらず、パ・リーグが勝ち越したためMVPはパ1位オリックス2位)から選出され、賞ヤクルトオリックス半額しか貰えないという結果に。これを受けて、2019年からは再び他球団の結果に関わらず、交流戦1位球団を「交流戦優勝」として表、賞も優勝球団のみ全額獲得という形に戻された。

2015~18年まではそれまでオールスターの勝敗で決定されていたドラフト会議優先権(ウェーバーで先になる権利)が、交流戦で勝ち越したリーグに与えられていた(2019年からセ・リーグから交互に)。

交流戦で勢いに乗るチームもあれば、交流戦で一気に失速するチームもあり、ペナントレースに与える影は大きい。リーグ全体の勝敗は2009年まではほぼ拮抗していたが、2010年以降は実パ・リーグが大きく勝ち越すことが多い。特に2010年交流戦の上位6球団をパ・リーグ6球団が独占した。セ・リーグが勝ち越したのは2009年のみであり、また交流戦1位になったセ・リーグの球団は巨人2012年2014年)とヤクルト2018年)だけである。

2015年交流戦では、セ・リーグの上位にいたDeNA巨人がともに大きく負け越し貯を吐き出したたため、交流戦終了後にセ・リーグ全球団が勝率5割未満になるという前代未聞の事が起こった。→セ界恐慌

基本的にセ・リーグ催試合では指名打者制は採用されないため、普段打席に立たないパ・リーグ投手が打席に立つ。ちなみに2018年現在交流戦本塁打を打った投手は全てパ・リーグ投手で、ジェレミー・パウエルオリックス2005年)、岩本勉日本ハム2005年)、松坂大輔西武2006年)、リックガトームソン(ソフトバンク2007年)、大隣憲司ソフトバンク2007年)、アルフレッド・フィガロオリックス2011年)、大谷翔平日本ハム2014年2016年)、上原健太日本ハム2018年)の8人。

試合数が少ない為、ペナントレース較して2チーム以上が同率順位で終わるというケースしくない。2010年度以前は同率時は勝ち数も同じ場合は昨年度の交流戦順位で上位の球団が上になるルールであった(例:2008年度はソフトバンク阪神が同勝率・同勝利数であった為、昨年2007年度の順位が上位であったソフトバンクが上位となり優勝となった)。

2011年度以降は細分化され、

  1. 勝ち数が多い球団が上位
  2. 同率チームが2チームかつ、セ・パ別リーグチームの場合は直接対決の成績優秀チームが上位
  3. 3チーム以上同一・2チーム同率が同リーグまたは直接対決が五分五分の場合はTQB(1イニング均得点から1イニング均失点を減じた数値)の高いチームが上位

となった。この為、同率で並びそうな場合は直接対決で勝ち越したり、できるだけ得点を取りかつ失点を減らす事も要されるようになった。

2005~2006年(36試合制)

2005年の開始から2006年までは、1カード3試合×2カード×6球団の全36試合制。全試合予告先発なし、パ催試合のみ指名打者制。

2年連続で千葉ロッテマリーンズが優勝。リーグ全体では2年連続でパ・リーグが1勝差で勝ち越した。

2007年~2014年(24試合制)

2007年からは1カード2試合×2カード×6球団の全24試合制になった。このため、交流戦期間中は2連戦が続く形となって日程に余裕が生まれ、各球団にとってはこの間先発投手の頭数が少なくて済んだ。

2011年までは予告先発パ・リーグ催試合でも行われていなかったが、2012年セ・リーグが予告先発を導入したことにより、同年から交流戦でも全試合で予告先発が導入された。

2014年交流戦10周年のとして選手会からの提案もあり、セ・リーグ催試合では指名打者制度を採用、パ・リーグ催試合では指名打者制度を採用しないという入れ替えを実施した。その為、パ・リーグフライチャン球場で打席に立つ投手セ・リーグ催試合で指名打者選手の登場するという普段の試合では見られないが実現した。

2010年(パ81勝セ59勝4分)、2011年(パ78勝セ57勝9分)、2013年(パ80勝セ60勝4分)と、パ・リーグが大きく勝ち越す年が立った。

2015年~(18試合制)

度重なるセ・リーグ側の試合減要望もあり、2015年からは1カード3試合×1カード×6球団の18試合となった。このため、ペナントレース全体の試合数も2014年までの144試合から1試合減って143試合に。

1カード3試合のため、3カードずつホームゲームのみとビジターゲームのみの3連戦が組まれ、翌年はその逆になる方式。たとえば2015年巨人ソフトバンク東京ドームで3連戦が行われたので、2016年ヤフオクドームで3連戦が行われる。


順位変遷


年度
/
順位
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005 ロッテ ソフトバンク 阪神 巨人 ヤクルト 横浜 オリックス 西武 中日 日本ハム 広島 楽天
2006 ロッテ ヤクルト 阪神 中日 ソフトバンク 西武 日本ハム 楽天 広島 横浜 巨人 オリックス
2007 日本ハム 巨人 横浜 ロッテ 中日 オリックス 楽天 ヤクルト ソフトバンク 阪神 西武 広島
2008 ソフトバンク 阪神 日本ハム 巨人 楽天 広島 中日 オリックス ヤクルト ロッテ 西武 横浜
2009 ソフトバンク ヤクルト 広島 中日 巨人 日本ハム 西武 ロッテ 阪神 楽天 オリックス 横浜
2010 オリックス 西武 ソフトバンク ロッテ 楽天 日本ハム 巨人 阪神 中日 広島 ヤクルト 横浜
2011 ソフトバンク オリックス 日本ハム 中日 西武 ヤクルト 巨人 阪神 楽天 ロッテ 横浜 広島
2012 巨人 日本ハム ロッテ 中日 西武 広島 オリックス 阪神 楽天 DeNA ソフトバンク ヤクルト
2013 ソフトバンク 楽天 巨人 日本ハム ロッテ オリックス 阪神 広島 西武 中日 ヤクルト DeNA
2014 巨人 ソフトバンク オリックス 中日 DeNA ロッテ 日本ハム 西武 ヤクルト 楽天 阪神 広島
2015 ソフトバンク 日本ハム 西武 楽天 ロッテ 阪神 広島 ヤクルト オリックス 中日 巨人 DeNA
2016 ソフトバンク ロッテ 広島 楽天 日本ハム 西武 巨人 中日 DeNA 阪神 ヤクルト オリックス
2017 ソフトバンク 広島 西武 阪神 楽天 オリックス DeNA 中日 日本ハム 巨人 ロッテ ヤクルト
2018 ヤクルト オリックス ロッテ ソフトバンク 日本ハム 西武 巨人 DeNA 中日 広島 阪神 楽天
2019 ソフトバンク オリックス 巨人 DeNA 西武 楽天 日本ハム 中日 ロッテ 阪神 ヤクルト 広島

太字日本シリーズ優勝球団、太字リーグ優勝球団。


歴代MVP



次へ»
最終更新日: 19/06/26 15:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ