ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


セーニャ


ヨミ: セーニャ
掲示板をミル!
254カキコ!

セーニャとは、

  1. ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めてに登場する女性キャラクター声優雨宮天
  2. アサヒビールが販売しているビール

である。
本記事では1.について解説する。

概要

ドラゴンクエストのキャラクター一覧 > セーニャ
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて > セーニャ

回復呪文で皆様のお手伝いをしますわ。

セーニャ
基本情報
性別
登場作
声優
キャラクターテンプレート

セーニャラムダの村出身『双賢の姉妹』の回復呪文担当。双子ベロニカと共に勇者を探していた。
琴を持った心優しくおっとりした女性にでも敬語で話す。PVでも休憩中に琴を奏でる姿が見られる。長い金髪のヘアバンド、ベロニカに似たが特徴。スイーツを好んでいる。

伝説勇者仲間である賢者セニカの生まれ変わりらしいのだが、双子として生まれたことで魔が攻撃と回復に分離してしまったようである。もし1人に生まれていれば偉大な賢者になっただろうと言われているが…?
そのため、性や性格は僧侶系だがあくまでも『賢者回復側担当』であり彼女自身は僧侶ではない。

であるベロニカからは少し頼りないと思われていることもあり、本来は双子のはずなのだが自他共に全にとして扱われている。実際、若干間の抜けた所があり、仲間になる際はダンジョン内で寝ており、それをベロニカ叩き起こすことで仲間にすることになる。

何もない時に「はなす」とズレた回答が聞けることが多い、また嗅覚が鋭く潮の香りや晩御飯の献立などその場の雰囲気についてってくれる。

キャラクターブックラムダの地の人々の情報から16〜18歳少女である事が推察出来る。

普段は清楚な雰囲気だが着せ替えは「踊り子」を始め露出が高かったりミニスカだったり身体のラインを強調したり大胆な物が多い。

DQ11名曲のこもれび」のバージョンテーマ曲に持つ。

性能

基本的な性過去作の僧侶系に準拠している。
のんびりした性格故か、過去僧侶より素さが低くその分目に見えて守備が高い。
多くの回復魔法スカラ、ピオラなどのバフ、マヌーザやザキ系の一部補助魔法を持つ。また、本人の性格のせいなのかキアラル、ザメハ、マヌーハが使用できないことは覚えておきたい。
3DS版や2Ⅾモードでは自分で命するよりAI任せにしたほうが的確に動いてくれることも多々ある。

攻撃もグループ攻撃のバギ系を覚えるが、設定上の理由からかこうげき魔が0のまま一切成長しないため、原則としてその技の基本の威しか出ない、威を上げるにはまりょくのたねの集中投与や装備での補強が必要になる。
使用武器スティックまたはで、スティック回復を高める。
また、大以外のほとんどのが装備可で、最高でメタルキングまで持てるためますます硬い。

スキル物理攻撃の「」、味方の支援回復の強化ができる「スティック」、味方の属性耐性をつけられる「たてごと」の3つで、一番重要な回復魔法そのものはレベルアップ一通り覚えられるためスキル振りのミスが致命的になるという心配はあまりない。
ヤリは「氷らんげき」や「一突き」を使えば侮れない威が出る、「バギムーチョ」も一応このカテゴリ地味だが「流の構え」「地の構え」の専用防御技も持つ。
スティックは即死威の攻撃を受けてもHP1で踏みとどまる「女神加護」や、ステータス異常を防ぐ「キラキラポーン」が重要。たてごとは「(属性)の旋」によって味方の耐性を向上できるほか、れんけいでも出番がある。

重要なネタバレ

この節には物語に関する重要なネタバレが書いてあります

勇者を命の大に送るという使命は果たすが、ウルノーガにしてやられ、勇者一行は散々に。

魔物に苦しんでいる人々を助けながら主人公に先立ち一人で聖地ラムダしていたが、行方不明になっていたに会えなかった。聖地ラムダでようやくに再会できたが、それは全魔を使って仲間を救出したの抜け殻で、触ると消滅した。気丈に振る舞っているように見えて内心は打ちひしがれていた。主人公の傍で少し泣き、迷いを断ち切った後はを短くし、ベロニカの魔を受け継ぐ。公式からは覚めしセーニャと記載されている。

ウルノーガを倒した後、忘れられたに眠るを使えばたちを生き返らせられる可性があることを知るが、それは主人公との別れを意味していた。主人公が過ぎ去りし時をめることになった時、「また私の事を……探し出してくれますか?」とを流しながら見送った。


過ぎ去りし時をめた後は主人公事に勇者を手に入れることができたため、死亡せずに済んだ。このため上述の強化はなかったことになったが、神の国の里にてまた異なるスキルネルの拡が行われる。
その後は忘れられたベロニカと共にたてごとを奏で、ケトス覚醒させた。
この時に先祖にあたる賢者セニカが実は姿を変えて生きていたことが明らかになるために、ベロニカと共に本当に生まれ変わりなのかどうかが不明になっている。


覚醒することでムチと両手も装備できるようになり、の全スキル魔法を引き継ぐことかできる。またレベルアップした時に得られるスキルポイントも周りより2倍以上多くなる。さらに、のほうが高かった素さや攻撃魔等の数値や成長率も継承されぶっちぎりの最強キャラになる。
回復呪文、攻撃呪文、弱体呪文、強化呪文による物理、敵のバフ解除と出来る事は非常に多く一見万キャラに見えるがそれらを一人でこなすの謀ともいえ、特に攻撃呪文メラゾーマイオナズンを覚えるまで過剰育成しない限りロウグランドクロス等の方が強いため呪文アタッカーとする意義は薄い。
やはりセーニャはセーニャでしかなく、ベロニカの役割は持てないというのが実態である。


ニンテンドー3DS版の冒険の書世界ではキラーパンサーができることが明らかになる。また主人公に選ばれると、リハーサルながら小さい頃からのったと奮する。


DQ11Sではセーニャとの結婚(同居)イベントが追加され、セーニャからの希望によりの岩に一緒に登頂する事になる。そこでは主人公への思いをを見せながら

ありがとうございます 〇〇様 約束通り私を探し出してくれましたね。」           

と言葉を送り、主人公に寄り添いながらイベントの幕は閉じる。

尚最初にペルラから教わったというシチューを食べさせられるが、ごと持って来たうえに味は案の定「想像を絶する味だった」という感想とともに呪いの曲までかからるため、全なメシマズだった様だ。これが上達したらお砂糖いっぱいのケーキを作ってくれるらしい。

でも幸せな雰囲気を見せるが、自身の使命を忘れている訳でもなく、主人公の事を支えていくと誓う。

ライバルズ

第2弾カードパックで僧侶専用レジェンドレアカードとして登場、が付いたのはここが最初。非常に高コストテンションを回していないとと効果が下がるため出せるのはかなり終盤だが味方ユニットコストに関わらず多数復活させられる。

第9弾パックでは断髪した姿で登場。コストが下り蘇生の変わりに回復し、更に味方の回復に連動してダメージを撒ける攻撃的なユニットとなる。

また第8弾のレジェンドレアカードを集める事によって僧侶リーダーキャラとしてククールの変わりに使用出来る様になるが集めるのはそこそこ大変、第2カラーとしてベロニカ赤色も存在している。

エース1弾では期間限定で水着衣装も登場、専用PUパックでスライムジェネラルを当てれば手に入れる事が出来た。

関連動画


■sm32958634?ref=search_key_video&ss_pos=3&ss_id=58616c0e-35b0-4925-8da9-822572ca1227[ニコ動]

■sm35768065[ニコ動]
■sm35822904[ニコ動]

関連商品

■azB07SDG299Q
■azB07SHZGS9M
■azB06Y63281P
■azB06Y5V9FK7
■azB07NS6W9Y1
■azB081ZBH5MP
■azB08BYWWTQC

関連コミュニティ

■community

関連項目

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
仲間 主人公 / カミュ / ベロニカ / セーニャ / シルビア / マルティナ / ロウ / グレイグ

最終更新日: 21/02/06 22:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ