ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゼルダの伝説 ムジュラの仮面


ヨミ: ゼルダノデンセツムジュラノカメン
掲示板をミル!
2027カキコ!

あなたはまだ  
のこわさを知らない・・・


ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』 (英:The Legend of Zelda:Majora's Mask)とは、任天堂が開発・発売したゲームソフトである。「ムジュラの仮面」、あるいは単に「ムジュラ」と略されることも多い。


概要


日本では、2000年4月27日NINTENDO64で発売。メモリー拡張パック専用ソフトで、この周辺機器を使用しないと遊ぶことが出来ないため同梱版も一緒に発売されていた。

本作はクラブニンテンドー品としてゲームキューブの『ゼルダコレクション』に収録された他、2009年4月7日よりWiiバーチャルコンソールでも配信されている(1234Wiiポイント)。

時系列的には前作『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の数ヵ後であり、直接の続編となっている。本作のキャッチフレーズ「滅びる運命にある世界」の通り、音楽CMなどが独特の恐怖感を演出しており、ゼルダの伝説シリーズの中でも際立って異質な世界観となっている。

元々、「せっかく作った『時のオカリナ』のシステムを使って、短期間で何か出来ないか」という話から『時のオカリナ』をプレイした人たちをメインターゲットとして開発されたソフトで、システムほかあらゆるものを流用しつつ、それを逆手にとって『時のオカリナ』の補を行うという、ある種の「裏ゼルダ」とも言える作品である。そのため、ダンジョンの数こそ4つと少ないものの一つ一つが非常に練りこまれており、その全てがダンジョン全体をダイナミックに動かす巨大な仕掛けを有している。密度も高く、シリーズ最難との呼びも高い。

ゲームとしては前作を知らなくても楽しめるが、知っていればニヤリとしてしまう演出、キャラクターも数多く存在する。異常キャラの濃さで、ニンテンドーDSではソロデビューも果たしたチンクルはこの作品で初登場。

本作の舞台であるタルミナは、前作『時のオカリナ』の舞台であったハイラルパラレルワールドとなっている。前作に登場したキャラクターと極めてそっくりな見たの別名キャラクターが全体の半分以上存在するのだが(これについては、製作期間の都合も大きい)、異質な世界観と豊富すぎるサブイベントによって、全く違う印を受けることになる。

また、ガノンドロフ侵略から世界を救うと言う大的が優先だった『時のオカリナ』にべると、作品全体を通して登場人物たちの生き様に強く焦点を当てて深く掘り下げており、『時のオカリナ』に対するキャラクター的な性質を帯びている。

本作はタイトルこそ「ゼルダの伝説」であるが、劇中でゼルダ姫が出演するカットは序盤の回想たった一度きりで、時間にして1分前後。前作から引き続き出演しているのは主人公リンクエポナだけといっても差し支えない。


あらすじ


時のオカリナ』でゼルダ姫賢者とともにガノンドロフを倒し、元の時代に戻ってから数ヶ後。
冒険の終わりで別れたかけがえのない“友”を探すに出たリンクは、エポナと共にとあるへと来ていた。

清閑なを彷徨っていたリンクだが、突然現れた2匹の妖精エポナが驚かされ落、気絶してしまう。
を覚ましたところ、奇妙な仮面をかぶったスタルキッドに「時のオカリナ」とエポナを奪われてしまった。
なんとかスタルキッドを見つたリンクだったが、ムジュラの仮面の不思議な魔によりデクナッツにされてしまう。

妖精姉弟チャット」と共にスタルキッドを追いかけ辿り着いた先は、あと3日でが落ち滅びる運命にあった。


システム


3日間の時間概念

本作には時間の経過が存在し、が落ちるまでの3日間という『限られた時間』の中で冒険を進めることとなる。3日の間に暮らしている人の反応や居場所、置かれている状況も変化し、時間の経過以外にもイベントの進行状況やリンクの状態などによってもセリフが逐一変化するなど、テキストは膨大に用意されている。

リンクは「時のオカリナ」のを使えば何度でも「最初の」に戻ることができるため、の落下を防ぐまで何度も3日間(現実とは異なるゲーム内の72時間)を繰り返すことになる。最初のに戻るとセーブも同時に行われる。

ただしエンディング時は例外的に自動セーブがあり、海外版やそれを基にしているゼルダコレクション版では特定の地点で中断セーブが可3DSでのリメイク版でも中断セーブが可になっている。

「最初の」にさかのぼる際、「ダンジョンボスの亡骸(クリア情報)」や「重要アイテムマップコンパス・武器やお面など)」「銀行に預けたルピー」は保存される。ただしダンジョンの仕掛けや入手したはぐれ妖精およびカギ類、消耗品や手持ちのルピーの数量、人々との会話などのサブイベントは最初のの状態に戻される。

そのため、たとえ3日間かけてかを幸せにしたとしても、最初のに戻ってしまえば「初対面」となる。

今回は倒れてもセーブ状態まで戻されないが、時を戻さずに3日間経過すればが落ちてゲームオーバーである。

膨大なサブイベント

サブイベントとは言うが、その数、ボリュームはサブと言うのもおこがましいほどの膨大なものである。ボンバーズ(人助けをするチビっ子軍団)から貰える「団員手帳」が明確なコレクター要素になっており、ダンジョン攻略と並ぶ本作のメインファクターといっても差し支えない。

人助けを通じて住民たちの裏事情や様々な知ることができ、さまざまなキャラクターが深く掘り下げられている。これらのサブイベントクリアすることでゲームに便利な実用品が貰える場合もあるが、クリア記念品としてお面が貰えることも多い。一部イベントにはBAD ENDや二度クリアで会話が変化するものまで用意されている。

サブイベントそのものは『最初の日』に戻ればかったことになってしまうが、体験したスケジュール情報は保存される。全てのサブイベントが終わった時、その苦労は報われることになるだろう。

お面コンプリート時のエンディングは必見。

仮面・お面・亡骸

本作のタイトルにもなっている仮面、そしてお面が、物語進行に大きく関わっている。さまざまな仮面お面により姿、を変化させることができ、世界や人々の行動に大きく影を与えることになる。

また、ボスを倒すと「○○の亡骸」と言うコレクトアイテムが手に入る。これはコレクトアイテムなので被ることは出来ないが、限に時が戻る世界においてそのダンジョン攻略したとなり、これを持ってダンジョンに入ると、入り口付近からワープしてすぐにボスと再戦できる。また、これらの亡骸は最終局面においても活躍(?)することになる。

下記でその仮面お面について解説する。


変身系仮面


名前 説明
デクナッツ仮面

物語の冒頭部でスタルキッドにかけられる、デクナッツの呪いを封じ込めた仮面。非常に身軽で機動に優れる半面、攻撃に欠け、植物のため炎に弱い。

シャボン玉による遠距離攻撃とデクを使った飛行が可水上を5回まで飛び跳ねられるが、泳ぐことは出来ず、5回をえると沈没してしまう。変身中はそこらのから攻撃を受けてしまう。

オカリナを使用するとデクラッパと呼ばれるラッパに変化する。

自由に扱うことのできる3つの仮面の中で一、その元となった人物の背景が詳しく描かれていない仮面。その正体や末路は物語の冒頭、ウッドフォール、そしてエンディングで暗示されている。

ゴロン仮面

ゴロン族戦士ダルマーニ3世の魂が宿る仮面。炎や溶岩には強いが、深い水の中に入ると泳げず溺れてしまう。

パンチと、丸まりからの回転による高速移動、プレス攻撃などが行える。体重の重さを生かした解きも存在し、通常の爆弾よりも破壊の高い大爆弾一扱うことができる。変身中、は怖がって逃げていく。

オカリナ使用時はドラムに変化する。

ゾーラ仮面

ゾーラ族ギタリストミカウの魂が眠る仮面。腕のヒレをブーメランのように飛ばす攻撃が可

水中では非常に機敏に移動でき、水中呼吸もできる。ただし炎や氷といった温度変化には弱い。魔を消費してバリアることもでき、水中の移動に役に立つ。変身中はがすり寄ってくる。

オカリナ使用時はギターに変化する。

巨人仮面

ごく限られた特定の場所だけで使うことのできる仮面文字通り巨大化することができる。かなり規格外の大きさになるが、使用中は魔しく消耗する。

使用しなくとも攻略に支障はかったりする。64版なら・・・。

3DS版はが使えなくなるが、ゴロンとほぼ同様腕が上がり、パンチや地面叩き、岩の塊を持てるようになった。

仮面

とある条件を満たすことによりある場所で入手できる仮面。非常に強を得ることができる半面、入手はもっとも困難。使用条件も限られており、ボス戦時限定。

3DS版はこれを着用してなぜか釣が出来る・・・。


装備可能なお面



次へ»
最終更新日: 18/09/11 22:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ