ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゼルダの伝説 夢をみる島


ヨミ: ゼルダノデンセツユメヲミルシマ
掲示板をミル!
830カキコ!

マリンちゃん『ゼルダの伝説 夢をみる島』英:The Legend of Zelda: Link's Awakening)とは、任天堂から発売されたゲームボーイコンピュータゲームソフトである。略称は「夢をみる島」「夢」(ゆめしま)など。
ちなみに、「夢を」とタイトルを間違われやすいが、正式名称は「夢をみる」である。検索などの際は注意されたし。

「夢をみる島」でタグ検索[動]


概要


ゼルダの伝説 夢をみる島
基本情報
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 ゲームボーイ
ゲームボーイカラー
ニンテンドー3DS(VC)
Nintendo Switch
開発元 任天堂
グレッゾ(Switch)
発売元 任天堂
発売日 1993年6月6日(GB)
1998年12月12日(GBC)
2019年9月20日(Switch)
価格 Switch:5980円(税抜)
年齢 CERO:B
その他
ゲームソフトテンプレート

日本国未発売ゲーム&ウォッチ版を除けば、携帯ゲーム機では初の「ゼルダの伝説シリーズ」である。日本では1993年6月6日に初代ゲームボーイ白黒)用ソフトとして発売された。
さらに1998年12月12日に、ゲームボーイカラー対応の『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』が発売。後述。

そして2011年6月8日から、3DSバーチャルコンソールで『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』がダウンロード配信されている。
2019年9月20日には、ニンテンドースイッチリメイク版が発売される。

また、ゼルダの伝説シリーズではトワイライトプリンセスに次いでCERO:B認定された作品でもある。

物語の位置としては「神々のトライフォース」の直接の続編に当たり、シナリオは「々~」の後日譚に当たる外伝ストーリーとなっている。

ちなみにCMは、主人公リンク)らゲームキャラクター人形ゲーム内容を表す歌に合わせて踊る人形のもの。


夢をみる島DX


ゲームボーイカラー対応版であり、通常のゲームボーイでも一部要素に支障が出るがプレイ
ゲーム内容はほとんど同じだが、カラーになった以外にも追加要素がいくつかある。
カラーならではの仕掛けのある追加ダンジョンの「ふくのダンジョン」。クリアすることで常時効果が出るアイテムが手に入る。
ホリン特定の行動や場所に行くことで写真を撮ってくれる写真屋さん。全部で12枚の写真があるが、2つパターンがある写真、時期限定の写真アレをする必要がある。ゲームボーイ周辺機器のポケットプリンタがあれば印刷することも可。(当然ながらVC版は対応していない)
ダンジョン内でヒントをくれる石版がフクロウの像に変化。対応アイテムが石版のかけらから石像のくちばしになった他、手に入る宝箱の位置が入れ替わっていたり、一部宝箱の中身が変化している。
他にもうるりら爺さんヒントが増えたりバグの修正などの細かい変更点がある。


NintendoSwitchでのリメイク


2019年2月14日Nintendo Directにて、本作のリメイクが発表された。2019年9月20日発売。


■sm34629523[ニコ動]

■sm34646014[ニコ動]

近年の主人公は右利きであることが多いが、今作はリメイク故か原作通り左利きである。
また、キャラクターデザインが変更され、「風のタクト」のようなトゥーン調ともまた違った感じにデフォルメされている。
新要素としてオリジナルダンジョンを作成出来る「パネルダンジョン」も追加され、ニワトリの逆襲要素も健在。


ストーリー


主人公リンク)は異へ武者修業に出た帰りの船旅の途中突然に巻き込まれて船が難破。やがて船はに打たれ、波に飲まれた主人公も気を失ってしまう。

深い闇の深く、ふと懐かしいに導かれてを覚ませば、そこは見知らぬの中。の前には主人公事を喜ぶ"ゼルダ姫にとてもよく似た少女"、マリンの姿があった。どうやらで倒れていた主人公彼女が見つけ、父親であるタリンと一緒にで介抱してくれたらしい。

マリンの話によると、流れ着いたこのの名は「コホリント」。の中央にある山の頂(いただき)には巨大ながあり、その中には『さかな』という存在が眠っているという、不思議な言い伝えの残るだという。
何はともあれを出る方法を探そうと、まずはくしたを探しにまで向かう主人公
するとそこに不思議フクロウが現れ、めいた言葉を残して去っていく。

「全ては『さかな』の覚めが答えてくれる」

どうやらさかなめさせなければ、からは出られないらしい。
主人公フクロウの言葉を信じ、の各所のダンジョンにあるというセイレーン楽器して冒険を開始するのであった。

この冒険が、後に重大な決断を迫られることになるとも知らずに・・・。


キャラクター



評価について


ゲームとしての評価は概ね高めで、「名作」「心に残った」というも多い。
ネタバレ防止のため詳しい内容は伏せるが、特にクリアした、終盤まで進んだプレイヤーからは「他の作品とは決定的に違う」と高評価されることが多く、「実によくゼルダしてる」とも評されている。

外伝作品だけにキャラは出てこない(ゼルダの伝説なのにゼルダ姫が出ない。そのため、名前の小技もあって主人公を「ゼルダ」と思った人もけっこういたとか)が、その代わりキャラクターシステム面に他作品のパロディがふんだんに散りばめられており、ゲーム中にはたくさんの小技やサブイベントギャグ要素などが盛り込まれている。
そして作中では楽器や歌がキーワードとなるなど、音楽ストーリーに深く関わってくるのも特徴の1つ。
(また余談だが画面スクロールを利用した良い意味で面白いバグ」が存在しており、それを利用して"バグワールド探検"や"プレイ"などの特殊な冒険もできた。ただしバグなので差別に利用すると即座に詰む可性が高い)

ちなみに「神々のトライフォース」の続編なだけに、システムは前作の各所が強化されており、前作を遊んだプレイヤーはより遊びやすいシステムとなっている。
ストーリーやそれ以外の場所もよく作り込まれており、外伝でありながら前作を正当に進化させた作品と言える。

しかしゲーム自体としての難易度は少々高め。
死んで覚えるゲームのような面もあり、遊びやすいという人もいれば(「シリーズ内ではそこまで高い難易度ではない」との意見もある)、アクション謎解きが苦手な人からは難しくてクリアできず、挫折してしまったというもよく聞かれる。
フクロウなどからヒントアドバイスはもらえるが、それを活かして答えや攻略法を導き出せるかどうかも結局はプレイヤー次第なので、思いつけず(辿りつけず)に諦めてしまった人も多いと思われる。

だが未だに「またやりたい」というが多いのも事実であり、変わらずプレイヤーから根強い人気を得ている作品なのは確かだろう。


裏技・小ネタ



次へ»
最終更新日: 20/10/14 21:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ