ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゾノ


ヨミ: ゾノ
掲示板をミル!
8カキコ!

ゾノとは、機動戦士ガンダムSEEDに登場するザフト軍の陸両用モビルスーツである。
形式番号はUMF-05。


概要


今日こそその機体、バラバラにしてくれるわ!このゾノでな!」


ザフト軍が開発した陸両用モビルスーツで、グーンと並んで現行機である。グーン水中からの艦艇及び拠点攻撃に特化していたが、陸上での機動性の悪さと格闘性の低さが問題視されていた。その解決策として開発されたのがゾノである。ハイゴッグのような長い手を持ち、グーンにはかったクローが新たなに装備された事で格闘性も向上した。さらにパワーも向上しており、手のに備え付けられたフォノン・メーザーで押さえつけた敵をゼロ距離で撃破する事も可となっている。論、ミサイルも搭載されておりグーンと一緒に拠点や艦艇の攻撃可
また全体的にグーンよりも機体が肥大化し、アンテナも大化している。指揮官用機として用いられる。

この攻撃的な良のおかげでゾノは高い破壊を発揮。劇中では連合軍の戦闘車両軍艦トーチカを矢継ぎに撃破していく活躍を見せた。それでいて撃破シーンが他のザフト機とべて少ない。
この高性さが認められたのか、続編のガンダムSEED DESTINYにも登場。新陸両用モビルスーツアッシュ」が量産化されてもなお運用され続け、ヘブンズベース攻略戦ではグーンとの連携で圧倒的な性を誇るフォビドゥンヴォーテクスを1機撃破せしめた。


劇中での活躍


初登場はモラシム隊がアークエンジェルに2度の攻撃を仕掛けた戦闘。なんと隊長であるモラシムが直々に乗り込み、操縦。グーン隊に示を出しながら水中へ降りて来たソードストライクガンダムと交戦した。地の利と高い機動性を活かし、ソードストライクを圧倒。相手のフェイズシフト装甲に阻まれ致命傷こそ出せないものの、多数の命中弾を浴びせて苦戦させた。しかしアークエンジェルバレルロールという奇策に打って出て、グーン隊を時に全滅させる。その隙を突かれソードストライクの接近を許してしまう。対艦に突き刺されたが大したダメージにはならず、逆に強パワーでソードストライク海底に押しつけてフォノンメーザーでトドメを刺そうとした。が、数刻くソードストライクがアーマーシュダイナーを繰り出しゾノの機体へ突き立てる。これが致命傷となりゾノは撃破されモラシムも戦死した。

その後、行われたアラスカ基地攻略戦にも多数のゾノが参加。水中から連合軍艦艇に攻撃を仕掛け、中には甲に乗り移って艦を手で叩き潰したゾノも居た。一部のゾノは上陸に成功し、配備されていた戦闘車両を蹴散らしていった。基地内部へと通じるメインゲートに突破口をこじ開けたのもゾノである。八面六臂の活躍を見せたゾノであったが深く敵に入りすぎたが故にサイクロプスに巻き込まれた機体も多かったと思われる。

続いて行われたパナマ基地攻略戦でも多数のゾノが出撃。地球軍の火の中、上陸をして浅瀬を歩いていたが1機のゾノが命中弾を受けて撃破されている。また対モビルスーツ地雷を踏んで撃破されたゾノも。何機かの犠牲が出たものの、ゾノは敵トーチカ群の撃滅に貢献した。

劇中では描かれていないものの、地球軍が開発した新モビルスーツ「ディープフォビドゥン」「フォビドゥンブルー」の部隊を迎撃するためジブラルタル基地からゾノとグーンが出撃したが大敗を喫しザフト軍はジブラルタルを放棄せざるを得なくなった。ゾノか初めて大敗した戦闘と言える。この時にザフトが感じた恐怖が、後のアビスガンダム開発へと繋がるのである。

 


関連動画



■sm17973316[ニコ動]


関連コミュニティ


ゾノに関するニコニコミュニティ紹介してください。


関連項目



最終更新日: 13/11/14 12:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ