ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


タイ


ヨミ: タイ
掲示板をミル!
242カキコ!

タイとは、

  1. タイ王国(Thai, Thailand) - 東南アジアに位置する仏教。当記事で説明。
  2. タイ() - 日本でおめでたいとされる
  3. タイ(tie) - ネクタイの略。
  4. タイ(tie) - 引き分け、あるいは記録が等しいこと。
  5. タイ(tie) - 同じ高さの複数の音符を繋げて、ひとつの音として演奏することを示す音楽記号
  6. たい(田井) - 日本の地名および苗字。地名は岡山県玉野市茨城県つくば市大阪府寝屋など各地にある。

この項では1.について述べる。


タイThai, Thailand)とは、東南アジアに位置する仏教である。

概要

基礎データ
正式名称 タイ王国
ราชอาณาจักรไทย
国旗 タイ国旗
通称:トントラロング(三色旗)
国歌 タイ国歌[動]
公用語 タイ語
首都 バンコクBangkok)
面積 514,000k世界49位)
人口 6500万人(世界第19位)
通貨 バーツ(THB) 為替レート[外部]

タイランドともいわれる。あまり使われないが、漢字では20世紀前半まではシャムと呼ばれていた。日本と同じく立君主制国家であるが、国王政治的な影日本べて大きい。

面積日本の約1.4倍、人口は日本の約半分。

首都バンコクは非常に長い儀式的名称を持つことでも知られ、フジテレビの「トリビアの泉」でも取り上げられ94へぇを獲得した。以下がその名称および意味。

クルンテープマハーナコーン・ボーウォーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤーマハーディロックポップノッパラットラーチャターニーブリロム・ウドムラーチャニウェート・マハーサターンアモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィッサヌカムプラシット(インがウィッサヌカムに命じてお作りになった、が権化としてお住みになる、多くの大宮殿を持ち、九宝のように楽しい王の都、最高・偉大な地、イン戦争のない平和な、インの卓越した宝石のような、偉大な天使の都)

なお、タイではこの冒頭を取ってクルンテープと一般的に呼ばれる。

熱帯ので、首都バンコクはすべてので最高気温30度以上を維持する。

タイに限らず熱帯のに共通するが、冷房をガンガンに効かせることが富の徴と考える潮がある。
空港などの施設の中は冷房が効きまくっていてやたらと寒い。旅行の際にはジャケットを持っていきたい。

タイの宗教事情と国民性

民の95仏教を信仰する仏教である。男子は一生に一度は出しなければならないという。その一方で、全体の3%程度であるがイスラム教を信仰する民もいる。特に深南部3県におけるムスリムの割合は高く、2006年におけるクーデター導者である陸軍総司令官のソンティ陸軍大将イスラム教信者である。

タイにおいてマクドナルドドナルド人形仏教僧のように合している。(画像検索結果[外部]
ミシュランマスコットであるビバンダムも、合した姿で店先に登場している。画像検索結果[外部]

日本テレビアニメ「一休さん」が何回も再放送されている。

日本人血液型にこだわるのと同じぐらいに「生まれた時の曜日」にこだわり、初対面の相手に尋ねる。
曜日の色と曜日に対応したまで決まっていて、それを答えることができると好感度が上がるらしい。

タイでは人前で叱る、人前で怒る、ということは失礼なことで避けるべきだという意識が浸透している。
これを知らない日本人ビジネスマンが現地でトラブルを起こしてしまうこともあるらしい。

タイ人、とりわけ男性に特に顕著であるがお母さんを大切にする傾向がある。そのため、マザコンといわれることもある。

タイでは人の頭は「精霊が宿る場所」として視されている。そのため、他人の頭を触ることは
大変失礼にあたる。小さな子どもの頭を撫でることも控えておいた方が難である。
また、足の裏は不浄の場所と考えられているので、足の裏を人や像に向けない方がいい。

毎日8時と夕方の6時に共施設、公園、広場、テレビラジオ国歌が流される。
また映画館においても映画を見る前に国王の肖像画が出て国王賛歌が流される。
国歌国王賛歌が流れる間は一同起立して敬意をげる習わしがある。

チャクリー朝

1782年から始まったチャクリが治める立である。現在国王ラーマ10世。

先代国王ラーマ9世はタイのために尽くし続け、民から絶大な敬を受けていた。
そのため中に国王肖像画が飾られていた。詳しくはラーマ9世の記事を参照のこと。

著名な国王

が始まって以来、3世紀を経ておりその中でも内外に名が知れたり、名君の誉れ高い国王も出ている。

ラーマ1世

チャクリー王を開いた初代国王である。

アユタヤの血族であり、元々はチャクリー王の前に存在したトンブリー王のタークシン王につかえていた。タークシン王は自分の出自に起因する精神疾患を患い、内が混乱したため、タークシン王を処刑し、持ち前の猛将ぶりでたびたび進行を受けていたビルマの侵攻に抗い、内を定した。

ラーマ4世

チャクリー王の4代国王であり、モンクット王の名前で知られる。

その名が広く知られているのは、欧で広く知られてる「王様と私」、あるいは「アンナ王様」という作品における王様モデルとしてである。劇中においては頑迷な君として描かれる部分もあるが、実際は仏教革や清からの冊封体制からの離脱、不等条約とはいえ西洋との交易などの事業を推進した開明的な国王とされ、事実に反しているとされるこれらの作品はタイ内では不敬罪相当なものとして上演は禁止されているレベルである。

ラーマ5世

チャクリー王5代目国王であり、一般的にはチュラロンコーンの名称で知られる。

ラーマ4世の推し進めた革をさらに推し進めて、名君の誉れ高い国王となった。今でもタイの一般庭において後述するラーマ9世と共に肖像画が飾られているほどである。

ちょうど同じ時期、日本においては明治維新っただ中であり、同じ時期に似たような政策を行っていたという事で何かと対される事が多い。

ラーマ9世

1946年から2016年の崩御時まで在位していたチャクリー王9代国王であり、一般的にはプミポン国王と言う名称で知られる。

既に絶対君主制から立君主制に移行していたために実権こそ持たないが、たびたび訪れる政情不安に対しては制度を逸脱しない範囲において立ち回り、混乱を抑え込む手腕を発揮した。

またタイ内をくまなく訪れ、民と多く触れ合い、自らのプロジェクトを実践していき少しでも民生活が向上出来るように行動した。こうした活動は不敬罪の存在を考慮しても統治者の鑑であることは疑いの余地はなく、一般庭においてはラーマ5世と共にその肖像画が飾られているほどである。

タイの政治

とても政変が多く、政情が不安定なとして知られる。
選挙があると「不正選挙だ」「そんなことはない。潔く負けを認めろ」と押し問答が始まる。
混乱が続くと軍部がクーデターを起こし、首相を擁立する。
軍部が民主運動を弾圧し、流血騒ぎになる。そして流血の責任を取って軍部が退き、選挙が始まる。
タイ政治はこんな具合の混乱と政変が多い。

あまりに混乱するとラーマ9世が出てきて「選挙はやり直すのが良い」「軍部はけしからぬ」
悪人の言動に乗せられて暴動を起こしてはならぬ」との一を出し、それで一気に騒動が収束する。
ラーマ9世が出てくると政変も静まるので、ある意味、政情が安定していると言えなくもない。

東のインドシナ半島3ベトナムカンボジアラオス)と北の中国が共産なので、それに対抗すべく
軍部の強化に余念がである。そのため軍部の発言が強く、ちょくちょくクーデターを起こす。

2016年に即位したラーマ10世は若い頃からずっと軍人教育を受け続け、陸軍と深い関係にある。
ゆえにラーマ10世は軍部寄りではないかとも思われる。今後が注される。

ちなみにタイでは軍部のクーデター恒例行事のように起きるので、住民も慣れっこになっていて、
戦車が出てくると野次が集まり、戦車の前で記念撮影したりダンスを踊ったりする。
仮面ライダーコスプレをして戦車写真に写った俳優4人が軍隊に逮捕されたが、すぐ釈放された。

タイのゲーム・インターネット事情

[画像][外部]

タイは仏教とされているが、を歩いていても僧侶を見かける回数はラオスミャンマーべて低い。だが、出をして修業をするタイ人は多く、修行に専念できずにインターネットパソコンゲームにあけくれる僧侶が増えており、問題化している。現に、タイの首都バンコク秋葉原と呼ばれている『パンティッププラザ』には、オレンジ色の(けさ)を着た僧侶が多く訪れ、パソコンパーツソフトウェアを購入している。

インターニュース』によると、タイにはアジア最大の違法コピーゲーム市場があり、プレイステーションおよびプレイステーション2WiiXbox360ニンテンドーDSゲームボーイアドバンスPSPなどの違法コピーゲームが出回っている。格安で購入できることから、購入者が後を絶たず、正規ゲームソフトの売れ行きは著しく悪い。

インターネットカフェが多数存在し、タイ人のやや裕福な一般庭であれば、インターネットを楽しめる時代になってきた。タイ人はもっぱら、オンラインゲームインスタントメッセンジャーによる出会い系をメインに楽しんでいるようで、『ニコニコ動画』や『YouTube』に動画アップして楽しむような行為はされていない(閲覧して楽しむことはしているようだ)。なお、インターネットカフェPCの多くは日本語に対応しているという。

タイのビール

僧以外の飲許可する仏教なので、ビール作りが盛んであり、世界に雄飛するビール企業
2社育っている。

その1つがタイ・ビバレッジ社で、代表的な商品は「Chang(チャーン)」である。
Chang(チャーン)はタイ語の意味なので、商品ラベルには象のマークが入っている[外部]。チャーンビールはそれまでの、後述するシンビールの独壇場だったビールの牙を切り崩すことに成功している。

もう1つがブンロート・ブリュワリー社で、代表的な商品は「Singha(シンハ)」である。
Singha(シンハ)はサンスクリットで獅子という意味であり、商品ラベルには獅子のマークがある[外部]
Singhaは仏教経典で頻出する言葉。ちなみにシンガポールSingapore)のSingaも同じ。タイ内では「ハ」の部分は発音しないので「ビア・シン」という。なおチャーンビールの台頭で、ブンロード社は格安のビールを用意することとなり、「ビア・リオというヒョウデザインをあしらった大衆向けビールを発売することとなった。ミャンマーマレーシアシンガポールにも「Singha」を輸出しているが、彼ら英語圏の住民はタイ人のように「シンハ」と呼ばず、「シンガ」と呼んでいる。

ChangとSinghaのどちらも評判が良く、地元新聞には「と獅子の戦争」と書かれている。

タイではビールの度数が日本より少し高いこともあって、ビールを飲む際は氷を入れるのが一般的である。なお、ビールを含めたアルコール類の購入は時間が決まっており、11時から14時までと17時から24時までの間で許可されている。これ以外の時間におけるアルコールの購入は許可されていない。実際は飲み屋やローカルなお店ではそこまでキツキツではないわけだが。

タイにおけるたばこ事情

タイにおける喫煙日本より厳しく、調の効いた場所や密閉間における喫煙は禁止されており違反者には2000バーツ(日本円でだいたい6000円前後)となっている。実際は飲み屋などではこぼしもあるのだが、それでもここ数年は非常に厳しくなっており、喫煙マナーの遵守は念頭に置かなければならない。言うまでもなく列車内やバスタクシーといった公共交通機関では喫煙は厳禁である。

たばこパッケージの注意書きも日本を大幅に上回った大きさとなっており、パッケージの半分近くは警告となっている。さらに喫煙者の末路的な非常にグロ写真を乗っけたものとなっている。

煙草の購入はコンビニにおいては日本と同じように購入できるが、通常はシャッターがされているので購入希望を申告したうえでどの列の何番かを言う必要がある。かつては切り売りで1本単位というのも存在した。

現在日本で流行の電子タバコについては現状は違法であり、取り締まりの対である。

タイ独自のブランドとしては「KRONG THIP」、「FALLING RAIN」などがある。

タイの自動車事情


次へ»
最終更新日: 18/12/31 00:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社