ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


タイムボカン


ヨミ: タイムボカン
掲示板をミル!
41カキコ!

タイムボカンとは、1975~1976年までフジテレビ系列で放送されたテレビアニメ作品で、『タイムボカンシリーズ』栄の第1作である。全61話。

かつてはニコニコで配信していたが、2015年4月30日をもって終了してしまった。

2016年よりレベルファイブの協のもと、リメイク作品であるタイムボカン24が放映される。


概要


タツノコプロの初代社長である吉田夫がギャグ+SFという当時としては例のない発想から立案したのが本作である。

他に例を見ない内容と言うこともあって、当時流行していたミニカーの販売のためのアニメとして企画立案から実際に放映に至るまで2年の歳を必要としたが、逆にデビュー当初の山本正之という本格的音楽教育を受けていないが故に他に類を見ない異色の才音楽で参加させる事が行われたことで、後に続く『タイムボカンシリーズ』独特の空気も形作られた。
主人公よりも人気の出た三悪や、追加される主人公メカパターン化それそのものをネタとするギャグ等、極めて野心的な内容となった。

と言った物は後の『タイムボカンシリーズ』にも受け継がれる本作の特徴でもある。

当初は2クール物として開始したが、人気が出たために延長されて計5クールとなり、次回作である『ヤッターマン』へと繋がっていく。

ちなみに、1973年企画されていたときのタイトルは『タンマー大混戦』だった。
しかし、パイロットフィルムが作られたもののスポンサーが見つからない等の問題でなかなか企画が通らず、紆余曲折あって1975年に『タイムボカン』として放送されたという経緯を持つ。
また、題歌及び劇伴への山本正之の起用はかなり急であったらしく、もう一人の担当である武市久と共に128曲という信じられない曲数を僅か1週間で作曲&収録するという、文字通り本当の意味での不眠不休となったという(山本正之デビュー前に私的に作曲していた曲を数多く流用することで何とか乗り切ったらしい)。

ニコニコ動画においては、2012年タツノコプロ50周年に合わせて開設されたタツノコ劇場の初回ラインナップの一つとして毎週木曜に5話ずつ配信された。
ちなみに最終話のEDが丸ごと次回作ヤッターマンの番宣という終わり方は、なかなかに衝撃的であった。


あらすじ


ついに完成したタイムマシン「タイムボカン」の試運転で、どこかの時代へとタイムスリップした木江田博士
しかし、戻ってきたタイムボカンには博士の姿は く、オウムのペラ助と、宇宙一高価と言われる宝石
ダイナモンド」が残されていた。博士の助手の丹と孫子は、タイムボカンで博士の捜索を開始。
しかし、悪党三人組マージョ一味も、ダイナモンドを狙って丹たちを追いかける。

                                                   ~ニコニコチャンネルより引用


登場人物


淳子ちゃん


登場メカ



関連動画



■sm6055453[ニコ動]

■mylist/12159770


関連静画


■im2598941(静画)
■im2814717(静画)

■im2521857(静画)


関連商品


■azB007XNGKJM
■azB00272N25E


ニコニコチャンネル


■ch60303
■ch60260


関連項目



最終更新日: 18/10/13 17:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ