ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


タクマ・サカザキ


ヨミ: タクマサカザキ
掲示板をミル!
16カキコ!

タクマ・サカザキとは、「龍虎の拳」の登場人物である。漢字表記は坂崎拓
「THE KINF OF FIGHTERS」(以下KOF)にも客演している。
な担当声優津田英治氏。


概要


リョウ・サカザキユリ・サカザキ父親。妻はロネット・サカザキ(故人)。ロバート・ガルシア師匠で極限流空手の創始者。

若き頃から日本の名立たる格闘と対戦しては破り続け(藤堂竜白にこの頃破り恨みを買っている)、その後は海外修行に出て敗の戦いを積み重ねていた。この頃旅の途中でイタリアの実業アルバートガルシアと親交を結び、銭面などでサポートを受けるようになる。そしてある時危険な・サウスタウンに訪れた彼は、リー・パイロン師匠である「最強の虎」リー・ガクスウと対戦し初めて引き分けを経験すると共に「無敵」の称号を得て、サウスタウンの中でも屈の実者として認知される。

リーとの対戦で引き分けたことや現地の女性ネット結婚子供を設けたことを機にをやめ、以降はサウスタウンに極限流空手の場を開いて生計を立て始める。また前述のアルバート息子ロバート・ガルシアが8歳で出をして子入りを懇願してきたため、幼いリョウと共に極限流空手の免許皆伝者としての英才教育を施していた。

しかし龍虎の拳の時代の10年ほど前にロネットとともに不審な交通事故に遭い、ロネットが死んでしまう。
妻を殺し、また自分を殺そうとした真犯人を突き止めるべく、息子リョウ・サカザキユリ・サカザキをおいて失踪する。その結果リョウ・サカザキが散々苦労するハメにと・・・いい大人小学生子ども放棄しちゃだめだろ。しかもロネット犯人結局見つかってないし・・・。

そして龍虎の拳ラスボスとして天狗仮面を被ったの格闘Mr.ラテ(Mr.KARATE)」としてリョウロバートの前に立ちはだかるも敗北し、ここに生涯敗の伝説は終わり、最強の名を息子リョウへ譲る。冷静に考えるとこの時点で事件の黒幕であるMr.BIGが既に倒されているため、彼がリョウと戦う理由は全くいのだが、当人はやる気だしリョウ(とロバート)はまだ事件が解決したとは思ってないしで結局戦いが始まってしまう。やめて、お兄ちゃん

プレイヤーとして初めて使えるようになるのは龍虎の拳2。何故か上半身裸で戦う。

また龍虎の拳2のステージを見る限りでは門下生がそこそこいるようで、相応の収入がある模様。2のエンディングでは長年の戦いで腕を傷め、格闘としての人生は長くないと悟り引退する。

本編においては硬な格闘である。突っ込みどころはあるが。


KOFでのタクマ


基本はロバートリョウと「チーム」を組むことが多い。'98ではハイデルン舟と「親父チーム」、2002UMではハイデルンと鎮元斎と「マスターチーム」を組む。

やたらと色物扱いされており、ほぼ別人としか思えない脚色がされている。例を挙げれば、

  1. そばという言葉が出るとタクマが一日中そばを打つ為、坂崎では「そば」は禁句。
  2. '96,'97エンディングMr.ラテとしてチームに現れ、「わしが誰だか知らなかったろう?」とおふざけ。
  3. '99でネスツの地下基地がつぶれ、巻き込まれ死んだと思い込まれ墓を建てられるが生きて脱出。
  4. 跡継ぎがいないからと理矢理キングリョウをくっつけさせようとする。
  5. 2000エンディング衛星兵器ゼロキャノン理矢理はね除ける人的な気を放つ。
  6. 2003のチームストーリーで何者かに襲撃されたがXIであっさり治、相が明かされない。
  7. XIIIの構えが明らかにおかしい。
  8. XIVのエンディングでは焼肉店の経営にかまけて修行を疎かにし、リョウ(とマルコ)に出奔を決意される。

などのことからファンには不評を買っている。

その他、KOFではいがSVCではMr.ラテ名義で登場。更には豪鬼と並びボスに抜、本気になったMrラテと称し挑んでくる。本人くちょっと本気を出しただけ、らしいが凄まじく強い。隠しボスレッドアリーマーアテナよりもかに強い。というか、ちょっと本気を出した程度で豪鬼と同格というのは人として何かを間違えているとしか思えない。ただ、こっちでも結局多少ギャグキャラ成分は残っており、タクマだと摘されても頑なに「ワシの名はMr.カラーテ!」したり、マーズピープルと然と会話したりする。そしてダンには「親父なのか…」などとさりげなくとんでもないことを言われる。

そして、最新作であるKOFXIIIでは元々タクマの裏カラー天狗の面を被っていたが、DLCとしてついに「Mr.ラテ」が参戦。今回は全にギャグ要素をされており、タクマであることを殊更否定しない(タクマの方も「Mr.ラテ」と呼ばれても普通に受け入れる)が、性格的には現在のタクマとは別物になっており、全で強さをめるあまり対戦相手を殺してしまう可性があることを度々言及しており、対戦相手もその圧倒的な闘気と威圧感を称える台詞が多い。一方で素顔のタクマは彼を「ただ強さのみをめる者は、いずれその身を滅ぼす」と切り捨てている。案外KOFでの奇行も彼なりに反した結果なのかも知れない。

ちなみに、彼のリョウへの勝利台詞覇王翔吼拳を会得したところで、ワシに勝つことなどできぬわ!」は地味ファンを震撼させ、同時に彼に対し散々「嘘つき!」という罵が飛ぶ結果になった。そら20年近くも経って前言撤回されたんでは・・・。そしてロバートへの勝利台詞が「覇王至高拳を会得せぬかぎり、ワシに勝つことなどできぬわ!」でありこの期に及んでハードルを上げている。頑ってくれという他い。

とはいえ、XIIIのタクマは構えがアレだったりEDでは相変わらずコントをやっているものの、対戦前の掛け合いや勝利メッセージでは生ける伝説として威厳のある面を強調されており、Mr.ラテについてもシリアスに扱われるなど従来より悪ふざけは少なく扱いは良い。口の減らないラスボスの挑発を一笑に付して噛みまでさせたのはこの人くらいのものである。


性能


基本的にはリョウロバートよりも攻撃面に特化している。虎2では三飛びを装備している。飛び道具の虎煌拳や移動投げの乱脚が強く、攻めには非常に安定していると言える。

が、守りの面では不安が残る。その理由として虎のようなノーゲージで安定した対技がいことが挙げられる。そのためゲージい場合はいかにを使うのかが重要。ゲージがあれば虎乱舞が割り込みや対に機するので基本は2番手か大将で使うのが望ましい。

KOF94では飛燕疾風脚から直接虎煌拳が繋がり相手を気絶させられ、追撃で虎乱舞が決まるなど、ワンチャンスあれば勝てるキャラであった。しかも何故かその飛燕疾風脚からの追撃を以降の作品では仕様として出来るようになり、気絶はしないが基本コンボになる。以降は当て身や使いに困る技を付けられたくらいで基本的な性に変化はなかった。

KOF2002飛び道具がなくなり、飛燕疾風脚の移動距離が極端に短くなったりとガチで接近戦に特化しており本当の空手のようになってしまった。2002UMの裏キャラ版は従来のタクマに近い。

KOFXIIIでは虎煌拳が飛び道具に、飛燕疾風脚がタメコマンドの突進技に戻り従来の性に近くなった。ゲーム全体として飛び道具が強化され虎煌拳が尚更強くなっているが、やはり価は飛燕疾風脚追撃絡みの連続技の爆発にある。


関連動画



■sm6209190[ニコ動]

■sm7897743[ニコ動]

■sm7849845[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 17/07/25 15:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ