ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


タケシ


ヨミ: タケシ
掲示板をミル!
454カキコ!

その他、「たけし」の記事も参照。


ポケットモンスター > ポケモントレーナー > タケシ

タケシとは、ポケットモンスターに登場するジムリーダーである。

基礎データ
名前 タケシ 性別 男性
英語 Brock 年齢 15歳18歳
使用タイプ いわ 特徴 糸目
半裸(最初期のみ)
地方 カントー 所属ジム ニビ
ジムバッジ グレーバッジ[画像を見る][画像を見る] わざマシン 第1世代:わざマシン34
(がまん)
第3世代:わざマシン39
(がんせきふうじ)
第4世代:わざマシン80
(いわなだれ)
声優 うえだゆうじアニメ
杉田智和オリジン
世代 第1世代より
←___ タケシ カスミ
[画像を見る]

 

[画像を見る]

[画像を見る]

[画像]


他ドット


[画像] [画像を見る] [画像] [画像]


概要


タケシとは「ポケットモンスター」に登場するキャラクターである。

ニビジムジムリーダー赤・緑・青ピカチュウファイヤーレッドリーフグリーンでは最初に戦うジムリーダーとなる。

いわタイプの使い手。ゲーム第一世代ではイシツブテとイワークを使う。特にイワークへのこだわりは並々ならぬものが有る。

上のドットのように、シリーズを重ねるごとにイケメン化が進んでいる。

初代のドットが半裸に腕組みという格ゲーキャラのような容姿のため、他キャラよりもそれが際立っている。


初代 / FRLGでのタケシ対策


最初にフシギダネゼニガメを選んだ場合は、それぞれ「つるのムチ」「あわ」で簡単に攻略できる。

問題は、ヒトカゲを選んだときやピカチュウバージョンのとき。ヒトカゲの場合は炎技が半減であり、ピカチュウに至っては電気技が効。

ニビジムまでに入手可ポケモンは以下の通り。

おそらく最も有名なタケシ対策がバタフリーの「ねんりき」。高い特殊種族値からの等倍特殊技で、特殊攻撃に弱いタケシのポケモンには有効。
しかしFRLGではイワークが「がんせきふうじ」を新たに習得か。バタフリーがまともに喰らえば軽く1~2発でやられてしまう。
あとバージョンだけキャタピーの出現率が異常に低いので注意。

次に有補となるのがマンキー格闘技赤・緑ではゲットできないが、ピカチュウバージョンFRLGでは「22ばんどうろ」に生息するようになった。低レベルで「けたぐり」「からてチョップ」といった格闘技を習得する(初代では『からてチョップ』はまだノーマル技なので注意)。高い攻撃種族値からのタイプ一致技で安定。かなり心強い。

ピカチュウバージョン限定の対策補が、ニドラン♂ニドラン♀の「にどげり」戦法。「2ばんどうろ」や「22ばんどうろ」に生息。赤・緑でもゲットできるが「にどげり」の習得がLv40台とかなり遅い。一方のピカチュウバージョンではなんとLv12で覚えるようになった。ニドラン系統は「つきのいし」と各種わざマシンで序盤から種族値暴力ができるのでニビジム後も大変頼りになる。

これらのポケモンを用意していなくとも、半減とはいえ一応ヒトカゲの「ひのこ」でゴリ押し突破も可。「たいあたり」「ひっかく」等の半減物理技にべれば全然マシ。この際、事前ポッポの「すなかけ」や、ヒトカゲorオニスズメorニドラン♀の「なきごえ」で被ダメージを抑えておくと安心。初代ではイワークの「いやなおと」で相殺されやすい一方で、「がまん」が大きな隙となりやすい。
FRLGでは、「これをタケシ対策に使ってね」と言わんばかりに本作限定でヒトカゲが「メタルクロー」を習得。これで楽に倒せる!と思いきや、相手の圧倒的防御タイプ不一致により、半減の「ひのこ」と大して与えるダメージが変わらないという。あと前述したように本作ではイワークの「がんせきふうじ」によりむしろ逆

以上が考えられるタケシ対策。対策さえわかればぶっちゃけタケシ戦は割と楽に乗り切ることができる。ヒトカゲを選んだ際の本当の門は次のカスミ戦なのであった…。


アニメでのタケシ


[画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る]

声優うえだゆうじ上田祐司)。に居ない両親に代わりの世話をしている。ジム一家経営である。サトシとのジム戦を終えた後で父親のムノーが帰ってくる。そのためタケシはポケモンブリーダーの夢を追いかけるためサトシ達と一緒にをする事となった。

一見するとしっかり者で硬な印を与えるが、こう見えても女好きであり、美人女性が絡むと途端に三枚に変貌する。家族の面倒を見ていた事から事が得意で、旅の途中で食事を作ったり、ポケモンにあったエサを配合したりしている。
こうそくいどうが使える125.8kgもあるフォレトスを片手で投げられるなど、超マサラ人であるサトシにも引けをとらない程の高い身体を持つ。

シーズンの移り変わりで実家の都合などで離脱するが、後に帰還する事が度々あり、メインキャラの常として所持ポケモンも度々変わっている。
しかし、BWにおいてレギュラーから外された。1話のみデントと対面するエピソードが会ったが、互いに名前を聞かずに別れている。

その後サン&ムーンで無印時代の格好で復活。ポケモンドクターの研修生となっていた。
カキバクガメスとの戦いではハガネールを出し、Z技に対し、「強くて硬い石の男!」と叫びながら上半身裸になってハガネールメガシンカさせ、Z技に耐えたうえでストーンエッジバクガメスを倒した。

所持していたポケモン


小説版のタケシ


ポケットモンスターは、アニメの初期プロットを描いた首藤剛志氏による小説も発行されている。
そこでは、アニメ版ではられなかった(もしくは、ることをはばかられた)設定が存在する。

たとえば、小説版では、ジムリーダーは3度負けるとリーダー資格を剝奪されてしまい、ジム業となる。
そのため、2度負けた後は八百長を行なったりするなど、いろいろな手段で業しないようにされていた。
また、リーダーに跡継ぎがいれば、そのままジムを存続できる特例が存在していた。

このように、タケシを含めて、小説版では非常に濃く、知りたくもない設定が山ほど存在し、そういう意味で、3巻が出なかったのもうなずける。(※実際はアニメ放送が終わらないと書けない事がある為である、その後首藤氏が亡くなったため、未完になってしまった)


ポケモンワールドトーナメント(PWT)でのタケシ


ポケモンBW2で新設されたPWTでは、同じくジムリーダーミカントウガンハガネールを繰り出してくる中、タケシはなんと切り札ポケモンとしてイワークを使ってくる。(PWTでは固定の切り札ポケモンが一匹に繰り出される)

さすがの元祖イワーク使いであるが、その構成も全なガチ仕様


次へ»
最終更新日: 19/01/08 12:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ