ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


タミフル


ヨミ: タミフル
掲示板をミル!
155カキコ!
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

タミフルとは、抗ウイルス薬の一つである。

曖昧さ回避

タミフルの概要


[画像]インフルエンザの治療英語[Tamiflu]と書く。
なお、タミフルは商品名であり正しくは「オセルタミビル」と呼ばれる。

2005年日本国内で用した未成年者に幻覚症状やそれに伴う奇行が確認され、タミフルの副作用によるものではないかと問題となった。このことから、人間、特に未成年者異常奮状態に誘うドラッグのようなイメージが広まってしまった。

その後の日本小児科学会などの調では、タミフルと奇行との関連性は実はどないとの結果が出ている(こちら[外部]などを参照)が、イメージ払拭には至らず現行の扱いとなる。実際、こういった神経系の症状はもともとインフルエンザ自体の症状として知られていたものである。

ニコニコ動画内では(タミフルによって奇行が誘発されるというイメージから)に理解不能動画タグとして付けられることが多い。また、動画に登場する人物・キャラクターが奇行に走った際のコメントとしても用いられる。テンションが上がりすぎて周囲を引かせてしまう人物の言動を「タミフる」と表現するなど、動詞としての活用も見られる。

また、インフルエンザに関してはワクチンに関するデマもまたネット上でかなり広まっており、それがタミフルと結びついて更に悪質な意見も出てしまっている。タミフルとワクチンは医者と製会社の稼ぎ的=陰謀だ!みたいな…。

そういうデマを発信する人たちは、たいていが自然と称される人たちで、医学自体に嫌悪感を持っている人たちが多い。子宮頸がんワクチンを止しようと企んでる人たちとかね。


タミフルの効果


ウイルス増殖の仕組みは、簡単に言えば
1)体内へ侵入してきたウイルスが宿細胞へ吸着・侵入・脱外殻
2)DNAとして宿細胞核へ組み込まれる
3)核内で転写後、ウイルスRNAは宿細胞から遊離して体内へ送られる
となる。

タミフルやリレンザはこの最後の3段階を阻するのが的であるが、その効果があるのが発症から48時間以内とされている。なお、48時間以降に関しては既に宿細胞から遊離してしまったモノがある為に有効とは言い難い。

タミフルは万ではないことはすでに知られている。以下、コクランレビュー(ものすごい信頼性がある研究まとめ)より抜

1) タミフルにより、症状が善するのは事実

2) ただし、インフルエンザの発症期間を0.7日短くする程度で、未成年では発症期間短縮効果はない

3) インフルエンザになってタミフルを内しても、肺炎や脳炎合併のリスクは下がらない

4) いわゆる季節性インフルエンザになっても、健常人であればタミフルを積極的に飲む必要はない。高齢者や免疫不全の人、新型インフルエンザでは飲んだほうが有益

4) タミフルの予防的投与では4~5%確率で嘔吐の副作用が、1%確率異常行動のリスクが有り推奨出来ない。

5) タミフルによる小児の異常行動のリスク全には否定出来ない。特に10歳以上に処方するときは、親が監視することを義務付けるべき。


タミフル普及の実情


タミフルの普及は、一時期あった『新型インフルエンザに対する備え』の問題で、インフルエンザに効果があるとされるタミフルの備蓄量が少なかった為、マスコミと有識者が認可を急がせるように世論を動かした実績がある。

タミフルの処方頻度は日本がずば抜けて多く、かつて予防的投与が当たり前に行われていたため、タミフル耐性のインフルエンザというのもじわじわと広がってきている

抗生物質抗ウイルス薬は必要なときにガッツリと短期間で使い切るのが則だが、日本医者でそういう発想の人はまだ少ない。


タミフル関係の医療訴訟について


2005年頃よりタミフルを飲んだあとに異常行動を起こし死亡例などが報告されているが、タミフルが原因ではないかとの遺族の怒りがきっかけとなり、や製会社を相手とした訴訟が多数起こされた。

最終的に、ほぼ全ての訴訟で「タミフルと異常行動の因果関係は認められない」との理由で遺族側が敗訴しており、一部遺族による最高裁への上告も棄却され、判決が確定している。10歳未満のケースでは因果関係を摘することが現在でもど出来ておらず、因果関係を全には否定できていない10歳以上に対してもかなり厳しい評価を受けているのが現状だろう。

裁判所は、以前は「被害者」を救済する的もあったのだろうが、医学的根拠を視して被害者側に有利な判決を出すことが多く医療側から非常に不満が強かった。だが、今回の訴訟で医学的根拠をもとに判決を出している点からみるに、やっと裁判所が医学への理解を示し始めた、と言えるだろう。

おまけ:裁判の黒幕って…?

今回の訴訟では遺族の勝ちはないと言われていた。というのも、医学研究の結果、因果関係を肯定するような結果が全く出なかったため。

ではなぜ、そこまでして遺族は裁判を起こし、副作用が原因と認めることなどを要したのか?

この裁判の背景にはオンブズパーソン会議というNPO団体の存在がある。

この団体は、による多大なメリット全に視して、非常に稀な副作用や、因果関係に乏しい物を副作用することによって、は危険だ、飲まない方がいいという世論を形成することを的としている。

それでこのNPO団体に何かメリットがあるのか?実は沢山ある。

この団体にはで名前を売ろうという弁護士左翼系の弁護士が多数在籍(子宮頸がんワクチン訴訟の弁護士団数から100人以上いると推定)している。裁判を起こして万が一勝訴出来れば大を得ることができるし、敗訴しても遺族から着手ゲットした上で「医療と戦う人権派弁護士」としての知名度アップも狙うことが出来るので、どっちに転んでも得しかい。また、この支援者になれば、反医療系の人間や団体などへの知名度アップに繋がり、反医療ビジネスホメオパシーなどの代替医療)でけしやすい状況を作ることが出来る。

わかりやすく言うと、遺族・(自称)被害者からをむしり取って、自らの知名度アップ稼ぎを狙っているだけの団体なのだ。

ちゃんとした医療系弁護士なら「因果関係がない以上、裁判をしても勝ちはない」と諭すのだが、彼らからすれば良いカモでしかなく、遺族は全に彼らの手の上で踊らされてしまったわけである。

この団体が絡んでいる他の裁判としては、イレッサ訴訟や子宮頸がんワクチン訴訟があるのだが、前者は既に原告敗訴が確定している。後者世界保健機関に詳細を記したので、そちらを確認して頂きたい。いずれもイチャモンとしか言いようがい訴訟内容であることには間違いない。


タミフルの関連動画


ニコニコ動画などネットカルチャーにおける「タミフル」のイメージは、しばしばキーボードクラッシャーとその動画に代表される。以下はその一例。


■sm167[ニコ動]

■sm1413044[ニコ動]
■sm1225762[ニコ動]
■sm2023607[ニコ動]

検索で出てきた一番古い動画。 実際はタミフルとはまったく関係ない。

■sm62499[ニコ動]


タミフルの関連タグ・リンク


 


最終更新日: 16/09/09 11:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ