ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


タミヤ


ヨミ: タミヤ
掲示板をミル!
45カキコ!
加筆依頼 この項は、編集者が飽きたために内容が少ないです。
調べものなどの参考にはなりますが、絶対的に内容が不足しています。加筆・修正をして下さる協者をめています。

タミヤ(田宮模型)とは、日本模型メーカーである。本社所在地は静岡県静岡市駿河区。


概要


ミリタリーモータースポーツを中心としたスケールモデルやRCカー模型関係の各種ツールを販売している総合模型メーカーである。製品クオリティの高さに定評があり、「地球上のどこであれマークがある店は模型店だと一で分かる」と言われる程に世界的にも高い知名度を誇っている。企業理念は「First in Quality Around the World(品質世界一)


製品の特徴


品質は総じて高く、完成形のみならず制作過程までの全体を初心者から熟練者まで楽しめるよう細部まで計算されている。「上場すると製品がつまらなくなるからしない」など強いこだわりを持つが、一方であまりった方向は避ける傾向もあり、外れの少ない非常に安定したブランドである。模型メーカーの中で最も王道を行く企業ということはもが認めるところであろう。

タミヤの思想が顕著に現れているのがデフォルメについての考え方である。業界随一の資料を持つタミヤはその気になれば非常に正確なスケール模型が作れるが、必ずわずかにデフォルメを加えて実物の単なる縮小版を避ける。これは実物を見るときは数メートル距離から広気味に見る形になるのに対して、模型は上から望遠気味に見る形であり、そのまま縮小版を作ると受ける印が変わってしまうからである。タミヤが提供しているのは模型体験であって数字を正確に写すことではないという考え方は、設計がCAD化した現在でも変わっていないそうである。


タミヤ史


前身は田宮商事。創業者の田宮義雄が1945年静岡襲で営んでいた運送業の事業基盤を喪失した際に、終戦後の復需要を当て込んで建築資材中心の製材業に転業した。しかし1951年の工場火災による経営悪化が原因で建築資材事業からも撤退。以降は、1947年から参入していた木製模型を本業とした模型専業メーカーとなった。

木製模型の事業はとても好調だったものの、1950年代後半から少数では有るが海外プラモデルが輸入される様になってからは、木製模型の売り上げが減少。経営も傾きはじめた。そこでタミヤもプラモデル製造に進出し、60年に戦艦大和プラモデルを発売した。しかし当時日本プラモデルのリーディンカンパニーであった日本模型(現:ニチモ)が発売した同戦艦武蔵と発売時期がバッティング。これに対抗して本来より低い価格設定を行うも、売り上げは相手にまったく及ばず惨敗。しかも資回収のめどが立たなくなった事から、一旦はプラモデルの製造から撤退した。が、他社が製作した玩具用のを再利用した安価なレーシングカーのキットが意外にもヒットする。


パンサータンクの成功とミリタリーミニチュアシリーズ


的なめどが立った事から、1961年に田宮模型は再び本格的なプラモデルキットの製造に参入。社運をかけたプラモデルとして選ばれたのはWW2で活躍したドイツパンサータンク(パンター)だった。製作に多額の費用をかけ、戦記イラストなどで絶大な人気を誇る画小松崎茂にボックスアート(絵)を依頼したこのキットは、果たして起死回生の大ヒット小松崎画伯の手による迫あふれるボックスアートはもちろん、キットについても丁寧な組み立て説明書・パンターについての解説・組み立てやすさ・よく走ることから模型ファンから好評を得た。

このパンサータンクはモーターイズモーターで走る)キットのため、電池やギヤボックスなどを入れるスペースから逆算して設計された。完成した模型の大きさを計ってみると、これがだいたい実物の1/35に近いサイズであったので、戦車模型キット第4弾のスコーピオンから1/35ケールとして発売。遡って第1〜3弾のパンサータンク・タイガータンク・ロンメルも1/35ケールとされた。この後もタミヤは続々と1/35ケール戦車模型を発売したため、スケールモデル世界では1/35スタンダードなスケールの一つとされるようになった。ただし古いキットはモーターイズ機構を搭載するために、実際の縮尺とは異なるサイズで作られるようなことはしばしばであった。

その後 戦車模型ファンの「走らせるよりもリアルで精巧な模型を飾る」「ジオラマを作って飾る」という嗜好の変化に対応して、ミリタリーミニチュアシリーズ(MM)を開始。ジオラマ作りに便利な歩兵フィギュアセットや非戦闘車両のキット、モーターイズ機構をいた戦車キットなども発売するようになった。現在では、ほぼ全てが始めからディスプレイ専用のキットになっており、より実物に忠実な模型になるよう設計されている。


4社合同企画・ウォーターラインシリーズ


1971年には太平洋戦争に参戦した旧日本海軍軍艦1/700で模型化するウォータラインシリーズ(WL)を開始した。これは、静岡県内に本社を置く青島文化教材社・田宮模型・長谷川製作所(現:ハセガワ)・フジ模型模型メーカー4社合同企画として始まった。ウォータライン(喫線)の名の通り、喫線より上のみをキット化しており、フルハルモデル(底も含めて船体全てが作られている模型)よりも上に浮かぶ艦を再現しやすくなっている。

ウォータラインシリーズは、一部の軽巡洋艦空母を除いた日本軍艦の製品化が実現すると、外軍艦の製品化に着手した。しかし、売り上げの不振から1970年代半ばに新製品の開発が停止し、休眠状態になってしまう。

1979年にホビーショップマックス(現:グリーンマックス)の1/700船舶模型への参入に刺される形で、上は原子力空母から下は補助艦艇までと言った新製品を企画中、とてこ入れ策の予告が行われたが、当時のな購買層である若年層がガンプラを始めとするキャラクターモデルに奪われていたこともあり、一部の製品が発売されただけでシリーズの新製品の開発は再び休止状態となった。

このような例はWLシリーズに限らない。プラモデルの需要は70年代後半よりスーパーカーアニメなどのキットに奪われ、ミリタリーの時代と呼ばれる時代が来てしまったのである。

しかし1990年代に入ってからWLシリーズは第二次黄金期を迎える事となった。

そのきっかけは1992年フジ模型静岡模型教材共同組合を脱退したことだった。フジミは脱退と共に、WLシリーズから自社製品を引き上げた。これによりフジ模型の担当分を補する形で、WLシリーズの新製品開発が再開された。このWLから抜け落ちた製品の開発が潜在需要を掘り起こす事となり、市場からの要望ですでに製品が存在する艦艇のキットのリニューアルへと発展する事となった。

しかし、ハイクオリティーの装備品と言う形でWLシリーズに対抗していた模型メーカーピットロードグリーンマックスよりを譲り受け、1/700の船舶模型を発売していた)はこのリニューアル危機感を持ち、暗黙の了解を破る形でWLシリーズで製品化されている艦艇の模型を発売したり、WLでは企画のみで終わったアメリカ海軍原子力空母のキットを発売すると言った積極的な攻勢に出た。

また、WL再活性化の直前には、市場の要望によって行なわれたタイガーIのリニューアル1989年)や湾岸戦争19901991年)による戦争特需、海外メーカーであるドラゴンモデルズの1/35ケールAFVキット参入によって、MMシリーズも再活性化されている。


航空機模型キット


1970年代後半には、従来存在した1/50航空機模型シリーズの規格変更と言う形で、1/48航空機プラモデルシリーズである1/48傑作シリーズの発売を開始したが、これまで1/32の大キットや1/72のコレクションサイズ航空機模型メインとしていたハセガワの本格的な1/48航空機プラモデルへの参入や、スケールモデルの時代と呼ばれた1980年代ミニ四駆やRCカーに設計部門の人手を取られた事、そして、航空機模型の設計で中心的な役割を担ってた人物が、実物の航空機事故で急死した事でこちらも休止状態となった。

1990年代に入ってから傑作シリーズの新製品の開発が再開され、OEM供給された1/72のイタレリ製キットをメインに幾つかの自社設計の製品をラインナップに加えた新シリーズ1/72ウォーバードコレクションも発売された。しかし航空機模型市場戦場とするハセガワレベルグループといったライバルメーカーに阻まれ、MMやWLのように市場コントロールできるほどの支持を得る事が出来ないでいる。


ミニ四駆


1982年から発売されているモーターを搭載した四輪駆動自動車模型
開発が始まった際の
四輪駆動の動模型であること。
・価格は子どもの小遣いで買える額(数百円)に設定すること。
パーツはできるだけ少なく。組み立てはすべて、はめ込み式であること。
の三つのコンセプトは今も変わっていない。

詳細は「ミニ四駆」を参照。


その他


[画像を見る] この節は、編集者が飽きたために内容が少ないです。
調べものなどの参考にならないので、加筆して下さる協者をめています。

F1カーモデル・RCカー・楽しい工作シリーズソラえもん・各種マテリアル・塗料・工具など、様々なタミヤ製品について、または実取材などについての加筆希望


一部メーカーのホビーショー追放


[画像を見る] この節は、編集者が飽きたために内容が分かりづらいです。
調べものなどの参考にはなるかもしれませんが、絶対的に文章が不足しています。加筆・修正をして下さる協者をめています。

ピットロードが多くの模型メーカーにとって最悪の敵とも言えるトランぺッターとの提携と、トランぺッターに企画を持ち込んだミニケールAFV自衛隊戦車で、タミヤの製品のコピーを黙認した事が、業界のドン田宮俊作の逆鱗に触れる事になり、ピットロードトランぺッターの輸入代理店であるインターアライドが、静岡ホビーショーから追放された。

その後に、過去にいろいろやらかしたアカデミー科学の輸入代理店であるGSIクレオスも追放される事になったが、追放基準が不透明な部分が有り、機甲師団シリーズ銀河鉄道999ベストメカ・コレクションのの貸し出しやガンプラ韓国向け代理店として、アカデミー科学と密接な関係にあるバンダイコピーにも定評のあるタレリ(代理店がタミヤ)は、何故か不問とされた。

※この時発売されたミニケールAFVは、2010年現在模型専門誌でも門となっており、タイアップ商品やバリエーション製品が発売される際に、新製品紹介コーナー等で、一応紹介されるが、陸上自衛隊AFV特集的な記事では、存在自体なかった事になっている。


都市伝説 妖怪「TAMIYA」


      /⌒ヽ  
     /  =゚゚)     「TAMIYA」 日本を出身とする妖怪
 [◎]⊂|/つσ    小さいころ親にプラモを勝てもらえなかった子供念が
     ( ヽノ        結集して生まれたと言われている
      ノ>ノ  ヒタヒタ   軍事博物館・陸空海軍基地等に潜むとされ、全世界撃されている
. 三  しU         兵器を測定しどこかに送信していると言われているが何処に送っているかは
                田宮模型の社員しか知らない
                様々な秘密ももって行くため軍関係者からは恐れられている

                民明書房刊:「日本列島ゲゲゲのゲ 第3章 世界駆ける恐怖の妖怪」より抜


関連商品


 ■azB000J47Z4G
■azB00061H0S8
■azB004DZP4ZO
■az4167257033

■az4163904220
■az4163904379

■az4890361316


関連項目



次へ»
最終更新日: 19/01/20 09:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ