ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


タルト(フレッシュプリキュア!)


ヨミ: タルト
掲示板をミル!
6カキコ!

タルトとは、アニメフレッシュプリキュア!』に登場するスウィーツ王国の妖精さんや!(プリキュアシリーズでは14番の歴代妖精)。

声優松野太紀


わいの概要や!


スウィーツ王の第105王子。但し、ココナッツと異なり、王位継承者ではないため、割とお気楽な身分である。ちなみにちゃんとした本名がある……のだが、「本人も覚えられないほど長い名前」であるため、本名が劇中に出たことはない(するってーと、ひめやカナタ・トワ兄妹フワよりも長いだろうか)。フェレットに似た外見を持ち、少し怪しげな関西弁を喋るのが特徴(一人称は「わい」)。また、故郷には京都弁を喋るアズキーナという名前の婚約者がいる。リア獣爆発しろ

シフォンと共にスウィーツ王から、人間世界にやって来て、桃園ラブ居候する。お喋り好きなお調子者だが、情にもろく、お節介なくらいに面倒見の良い性格である。ドーナツが大好物で、ドーナツ屋を営むカオルちゃんとは義兄弟の契りを結んだ親友(後に心したウエスターとも義兄弟になる)。ドーナツのみならず、プリキュアと同様食いしん坊であり、ラブたちのアイスを盗み食いしたことがバレて、東せつなキュアパッションに転生済み)がイース様に戻ってしまったこともある。

つらつらおもんみるに、彼ほどプリキュアシリーズで異色の妖精は他にいないだろう。まず、その外見的特徴だが、プリキュア妖精の多くは1.5頭身~2頭身の頭でっかちのキャラがほとんどだが(『ふたりはプリキュアSplashStar』のムープとフープに至っては、顔しかない1頭身である)、タルトフェレットモチーフにした外見のためか、4頭身ぐらいあり、プリキュアオールスターズではひとりだけ細長い体のため、とてもよく立つ。さらに、妖精ハイライトが付いたキャラクターがほとんどなのに対して、タルト白目があり、人間のような表情をすることが他の妖精より多い。

また、タルト妖精にしてはしく特に戦闘力アイテム変身する、直接攻撃するなどの手段)を全く持っていないという点でもレアである。しかし、彼が役に立たないと視聴者が思ったことがあるだろうか?答えはズバリ、「NO」だ。なぜなら、プリキュアパワーアップなどは全部シフォンがやってくれているので、わざわざタルトが出る必要もいのである。

そして、彼は戦わない分、他の面での大活躍が際立っている点を見逃してはならない。普段はシフォンのお守りをする傍ら、プリキュアたちの相談相手になったり、雑用を色々引き受けたり、八面六臂の活躍を見せている。物語の後半では、シフォンインフィニティになったり、管理国家ラビリンスにさらわれてしまうため、彼の出番の重はさらに増えていった。

そしてラビリンスに乗り込んだ終盤戦、彼はアズキーナと共にカオルちゃんからの餞別であるドーナツラビリンス子供プレゼントする。このドーナツがきっかけで、ラビリンス民は自を取り戻し、総統メビウスの圧政に反旗を翻す。カオルちゃんドーナツタルトの働きが、管理国家ラビリンス革命を起こしたのだ。特殊くても、充分活躍できることを彼は示したのである。

そんなタルト一の不覚は、ミユキさんを4人プリキュアと勘違いしてしまったことであろう。おかげでミユキさんネタキャラと化したことを考えると罪深い話だが、その4年後にミユキさんの前世がキュアエンプレスという正正銘のプリキュアだったことが判明。タルトの見るに誤りはかったことが明されたのだった。


プリキュアに変身するでぇ!


プリキュアのひとり、山吹祈里ブッキー)はフェレットが苦手でタルトを避けていたが、ナケワメーケブッキータルトの体が入れ替わる事態が発生。しかし、これが原因でブッキーは苦手意識がくなり、普通に接することが出来るようになった。いざ戦闘になってみたら、タルトブッキーの体でキュアパイン変身することが出来た。また、この際にラブ蒼乃美希mktn)がタルトプリキュア変身した姿を想像し、ファンの間ではキュアタルトと呼ばれるようになった。ある意味キュアファイヤーキュアセバスチャンの先駆者と言えるかもしれない。

なお、タルト役の松野太紀ブッキー役の中川亜紀子は、「金田一少年の事件簿」の金田一一と七瀬を担当していることで有名であり、当時は一が妖精で美プリキュアになったと反も大きかったという。この2人のみならず、金田一少年の事件簿キャラクターを演じた声優の大半は、プリキュアシリーズにも参加している(声優の異なるゲーム版を含めると更に増える)。

金田一少年の事件簿 プリキュア
松野太紀 金田一 タルト
中川亜紀子 七瀬 山吹祈里
小杉十郎太 剣持 キントレスキー
森川智之 明智健悟 ゴーヤーンブラックファング
飯塚雅弓 速水玲香 ミユキさんキュアエンプレス
小野健一 高遠 ジャアクキング
難波圭一 佐木 モエルンバ
池澤春菜 金田一二三 ポル

オールスターズでも大活躍や!


タルトはなんと言っても、プリキュアオールスターズDX1~NS2までの5作品に台詞があり、プリキュア妖精を含めて一の皆勤賞という素晴らしい実績がある。

DXシリーズでは、ココナッツ妖精たちのまとめ役を担っていたが、NSでは2人に台詞くなったため、タルトが他の妖精たちを仕切る役を請け負うことになった。また、かつてラビリンスに潜入した時にカオルちゃんドーナツを持ち運んだように、映画プリキュアの必須アイテムであるミラクルライトは、近年ではタルト唐草模様風呂敷に包んで運ぶのが一般的になっている。

通常プリキュアオールスターズで活躍する妖精は、その年の現役組か、前年度のシリーズ妖精が多い中、プリキュアオールスターズNS2ではもはやベテラン組になったタルトが、プリキュア妖精の中で一番活躍したと言っても過言ではいだろう。冒頭のミラクルライトの説明だけでなく、妖精学校に居たおかげで初代~スイプリ妖精の中で一難を逃れた彼は、妖精学校の生徒たちを避難させ、毎年恒例のミラクルライト応援音頭も取った。タルトの「気合いや~!」の一言の直後に、歴代プリキュアが復活するため、タルトプリキュアを救出したようにも見えてしまう。

そもそも人間の年齢に換算すると、プリキュアと同世代か、それより幼い子供が多い妖精が多い中(そもそも相棒シフォン赤ちゃん妖精である)、タルト親父くさいキャラや、両想いの許嫁がいる点、妖精学校の臨時教師を務めるなど、ココナッツと共にプリキュアでは重な大人キャラ妖精なのである。こうした点が、タルトが重宝される原因と思われるだろう。

最新作のプリキュアオールスターズNS3では残念なことセリフがなく、DX1からの連続付き出演はNS2で途絶えた。新たな大人組妖精として『スマイルプリキュア!』のポップ・『ドキドキ!プリキュア』のダビィが登場したことと、前回あまりに大活躍したことから、今回は台詞いのでは?という予想意見が多かった。しかし反面、NewStage最終作となる今回も付き皆勤賞の記録更新に期待するも大きかっただけに残念に思ったファンもいたことだろう。


関連商品も買うてくれや!


■azB001STB4Q6
■azB00CHK196U


関連コミュニティもよろしゅうな!


■co395


関連項目もぎょうさんおるで!



最終更新日: 19/07/11 14:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ