ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


タロット


ヨミ: タロット
掲示板をミル!
76カキコ!

タロットtarot)とは、

  1. 占いなどに使われるカード。当記事で解説。
  2. フィンランドのへヴィメタルバンド

概要

占いなどに使われる一組のカードフランス語英語ドイツ語などでは「タロー」、イタリア語では「タロッキ(tarocchi)」と呼ばれる。これらの呼称が使われるようになる以前は「トリオンフィ(trionfi;凱旋)」と呼ばれていた。この「トリオンフィ」は現在の「トランプ」の元となった言葉とされる。ただしこれに代わり使われるようになった "tarot" のに関してはその由来がはっきりしていない。

22枚の絵札からなる「大アルカナメジャーアルカナ)」と、40枚の数札+16枚の人物札からなる「小アルカナマイナーアルカナ)」の合計78枚のものが現在広く使われている。

アルカナarcana)」はラテン語で「秘儀・秘伝」を意味する。このが初めて使われたのは、ポールクリスチャンの占術書『チュイルリーの赤い人』(1863)で、「大アルカナ」「小アルカナ」という言葉はカバラ数秘術などにより独自のタロット理論を構築したパピュスの『ボヘミアンのタロット』(1889)で初めて用いられた。

歴史とバリエーション

起源と発展

タロットの起については、古代エジプトの絵本を起とする説、ジプシー説、古代地中海グノーシス主義から発生したという説など様々な説が出されてきた。しかしどの説も明確な拠はなく、根拠なトンデモ説も数多い。

歴史的に実できる限りでは、15世紀、初期ルネサンス時代のイタリアまで辿ることができる。タロットに関する最古の記録は1442年、北イタリアフェラーラ領エスの帳簿にみられる「トリオンフィのカードのパック」を購入したという記述である。当時「トリオンフィ」はに画手書きによるもので、貴族たちの遊戯に用いられ、枚数や絵柄などに幅広いバリエーションがあった。15世紀には北イタリアを中心にタロットを用いた遊戯が流行しており、そのあまりの流行に修士が説教の中で忌むべきものとしてとりあげたり、領が禁止の勅を下すほどであった。

現存するタロットで最古のものは、ミラノ領ヴィスコンティおよびその後継であるスフォルツァのために15世紀半ばに作られた計271枚のカードで、まとめて「ヴィスコンティ・スフォルツァ」と呼ばれる。このうち最も現在タロットに近い形式なのが「アポント・モルガン-ベルガモ」と呼ばれる74枚のカードで、元は78枚のセットだったと考えられている。このほかに、48枚が現存する「ブレラブランビラ版」、67枚が現存する「キャリー・イェール版」などがある。これら「ヴィスコンティ・スフォルツァ版」に共通する特徴として、どの版をみても、「悪魔」「」の札2枚が存在しないというものがある。これらはもともと存在しなかったのか、たまたま全て紛失したのか、あるいは意図的に破棄されたのかわからず、現在でも意見が分かれる。

タロットはその後イタリアからフランスへ、そしてやがては欧州中へと広まり、安価な木版画の量産版が生産されたことにより庶民の間でも流行。18世紀頃には現在タロットとほぼ同じものが確立、なかでも色木版画版のものが広く普及した。これは一大生産地のマルセイユから「マルセイユ」と呼ばれるようになる。

タロット占いのはじまり

タロット占いに関する最古の記録は、ボローニャ大学ライブラリから発見された18世紀前半の1枚の手書きシートである。各カードの意味と占い方が記載されたシートで、62枚構成のタロットのうち35枚を占いに使う形式になっている。

1781年、フランスの牧師クール・ド・ジェブランが著書『原始世界』の第8巻で、タロットエジプト説およびエジプト解釈を発表。同書にはド・メレなる人物による「タロットについての調タロットカードを使った占いについて」というエッセイも掲載され、こちらもド・ジェブランとは委細がやや異なるもののエジプト説を唱えている。
この背景には、当時フランスで一種のエジプトブームが巻き起こっていたことがあるとみられている。ド・ジェブランはタロットを見ただけでこれが古代エジプトの寓意画本だといたとしているが、その根拠は非常に乏しい。

1783~1785年にかけて、ド・ジェブランの説に影を受けた職業占い師のエティヤ(エッティラとも、本名ジャン・バプティスト・アリエット)が史上初のタロット占い本『タロットと呼ばれるカードのパックで楽しむ方法』を出版。エティヤは1770年に『ミスター***によるカードのパックとその使用を楽しむ方法』というカード占いの本を出しており、この時点であらかじめ各カードに意味を当てはめ、実際に占う際には出たカードに当てはめた意味から答えを導くという現在カード占いの基礎といえる方法が採用されていた。
1789年にはエジプト義を採り入れ、順番を大胆に入れ替えたり現在の小アルカナ2277の番号を振ったりするなど独自の修正を施したタロットティヤ版)を製作。同時に『トートの書』という解説パンレットを出版した。このタロットパリ人気を集め、タロット占いタロット義の土台を作った。現在タロット占いは、すべてこのエティヤに遡ることができるといえる。

タロットによる占いは、その後フランスで一大ブームとなった。エティヤのタロット解釈は子達によって引き継がれ、1791年にはトートの書解釈会による『トートの書の解釈事典』が、1807年にはドドゥセによる『サイン科学』がそれぞれ出版され、タロット占いに影を与えた。

オカルトとの結びつき

1854年および1855年、「近代魔術」と呼ばれるエリファスレヴィ(本名アルフォンス=ルイ・コンスタン)が『高等魔術の教理と祭儀』(全2巻)を出版。この中でタロットカバラ(ユダヤ義)に関連づけた。レヴィタロットを「魔術師達の間で古くから読まれてきた魔術書」とし、古代魔術の秘法を解き明かす鍵と位置づけた。一方で、レヴィタロットデザインにはインドエジプトに由来するシンボルも採用され、そのうちのいくつかは後述するウェイト版に引き継がれている。

1863年、ポールクリスチャン(本名ジャン=バプティスト・ピトワ)が占術書『チュイルリーの赤い人』においてタロットを占術と結びつけた。

1889年には、レヴィクリスチャンタロット解釈をベースに、「薔薇十字カバラ団」創始者スタニスラス・ド・ガイタの示の元、同団所属のオストワルト・ウィルトが『カバラ的タロット22アルカナ』を制作旧オストワルト・ウィルト版)。レヴィが果たすことのできなかったレヴィの解釈に基づいたタロット完成させている。

タロットカバラの結びつきを更に整備・確立したのは19世紀末イギリス魔術結社「明け団」である。レヴィヘブライ文字22文字と対応させた大アルカナ22枚を、カバラにおけるセフィロト22の小径に関連づけるなど、結びつきをより明確に表したのである。1896年には未刊行だったレヴィの著書『タロットトランプによって解釈された聖域魔術儀式』が「明け団」創始者ウィリアムウィンウェストコットによって翻訳・出版されている。

明け団」におけるタロットカバラの解釈理論は門外不出で、入団して昇進した者にのみ伝えられた。しかし1901年にメンバー間の対立やスキャンダルによって「明け団」が崩壊。1909年、元団員の「魔術師アレイスター・クロウリーが自著『777の書』にてその秘儀を開した。同じとし、これに呼応してか、やはり元団員であったアーサーエドワードウェイトが自らタロットカード制作・発売した。これが「ウェイト版」もしくは発売した出版社の名前から「ライダー」と呼ばれるタロットである。ウェイトは翌々年には解説書「タロットの絵の鍵」も発売。パメラコールマン・スミスによるアール・ヌーヴォー調の親しみやすい絵柄を採用したウェイト版は大ブームとなり、タロット大衆化を急速に推し進めることとなった。1960年に出版され人気を集めたイーデン・グレイ著のタロット占い本『明かされたタロット』がウェイト版を紹介したことなどもあって、ウェイト版は現在でもマルセイユ版と並んで最も普及しているタロットとなっている。もっとも、ウェイト本人はタロットは本来占いに使用するものではないと否定的な態度をとっていた。

またこれとは別にアレイスター・クロウリー自身も1942年、『明け団』の教義を元にタロットデザインしている。これは「トート・タロット」と呼ばれ、クロウリーによってデザインや構成などに独自の解釈が加えられている。

現在では、さらに多種多様な要素を採り入れたバラエティあふれるタロットが数多く制作されている。

カードの構成

大アルカナ

寓意画の描かれた22枚のカードセットタロット占いにこれを使って行われる。

アルカナから「愚者」を除いたものを「トランプカード」と呼ぶ。なお余談だが現在日本で「トランプ」と呼ばれるカードは欧では「プレイング・カード」と呼ばれ、「トランプ」は通常「切り札、の手」を意味する。

以下に示すのはその名称と解説、占いにおける解釈、およびウェイト版の解釈による占術上の意味と対応するヘブライ文字である。正しい向きに置かれた場合(正位置)と上下さかさまに置かれた場合(逆位置)のそれぞれにおける解釈を記載。正位置と逆位置で必ずしも意味が全に逆転するとは限らない。

解説の内容や解釈については一例であり、このほかにも文献や占者によって様々なものがみられる。

なお、カード個別で単語記事があるものはクリックするとその記事へ飛ぶ。


次へ»
最終更新日: 13/05/01 03:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社