ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ターミネーター


ヨミ: ターミネーター
掲示板をミル!
1243カキコ!

ターミネーター(Terminator)とは、『終わらせるもの』を意味する英単
「terminate【動詞】終える、終わらせる」に「動詞+~er ~する人(物)」という名詞となる。
terminateの本来の意味としては、endcloseが近い。

以下はその意味から生した単

  1. 1984年開されたSF映画やそれを筆頭とするジェームズ・キャメロン監督映画シリーズ、及びそれに登場するアンドロイド。【人類の歴史を『終わらせるもの』=重要人物の殺者】という意味。本記事はこれについて述べる。
  2. 岡田あーみん漫画こいつら100%伝説』に登場するアンドロイド。作品の項にて解説。 
  3. SCSI等における、バス末端に付けられる部品。
  4. ロシア戦闘機Su-37称。
  5. 米国スピンタスティクス社が発売していたヨーヨーブランド。会社の項にて解説。

1. の映画が非常に有名となったため、ターミネーター(Terminator)という単に本来なかった『殺者』という意味がスラングとして使われるようになった。
大きい英英辞典だと、terminate【動詞】の同意のひとつにkill【動詞】がある。これから生した解釈として、ターミネーター(Terminator)=『殺すもの(殺者)』という意味も暗に含まれているともいえる。


概要


だだん!だん!だだん!

ターミネーターと呼ばれるアンドロイド未来の抵抗軍に所属、又は抵抗軍に関係する存在を殺し『人類の歴史を終わらせる(terminate)』ために現在に送られ、人類側が殺から逃れるために死闘するというのがシリーズ通しての内容である(但し、『4』は未来舞台になっているので、この例に当てはまらない)。
何より元カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガー俳優時代に出演した代表作として、ブラッド・フィーデルによる「デデンデンデデン!」という印的なテーマ曲と共に広く知られている。
当初は低予算のB級映画と認知されていたが、後に好評を得て有名になり、続編が作られる事となった。
尚、日本語版においてしばしば「サイボーグ」と訳されていたため誤解されがちだが、ターミネーターはサイボーグではなくアンドロイドであり、人間と同じ皮膚組織を持つものの、全て人工的に作られている物である。
タイムスリップを扱っているため、タイムパラドックスが多い事についても長年論議されている。


シリーズ一覧



テレビシリーズ・小説



ゲーム化作品



次へ»
最終更新日: 20/08/27 16:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ