ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ダイヤモンド・ドラゴン


ヨミ: ダイヤモンドドラゴン
掲示板をミル!
6カキコ!

ダイヤモンド・ドラゴンとは遊戯王シリーズに登場するモンスターカードである。


概要


遊戯王OCGにおけるテキストは以下のとおり(遊戯王カードWikiより引用)。

ダイヤモンド・ドラゴン
通常モンスター
7/属性/ドラゴン族/攻2100/守2800
全身がダイヤモンドでできたドラゴン
まばゆいで敵のをくらませる。

Pharaoh's Servantファラオしもべ-にてウルトラレアで収録。「サファイアドラゴン」や「エメラルドドラゴン」といった宝石の元祖である。
レベル7通常モンスター最大の守備を誇るものの、同じ通常ドラゴン族である「青眼の白龍」「ラビドラゴン」にステータスで劣る。同じレベル7でもサポートカードが豊富な「真紅眼の黒竜」とべるとやや見劣りしてしまう。高い守備を活かしてに使うのがいいだろう。
ちなみに英語名は「Hyozanryu」。ローマ字読みをすると氷山・・・って、ダイヤモンド以前に宝石ですらねぇ!
原作漫画ではバトルティ編にて名蜘蛛コージがアンティカードとして所持しており、続編の遊戯王GXでは三沢大地原作効果の「カーボネドン」で特殊召喚されたり、万丈長作がパラレルレア版を使用したりと、意外と出番が多いカードである。


こんなカードオレは三十六枚持っているよ・・・


さて、このカードる上で欠かせないのはこの海馬社長迷台詞だろう。
蜘蛛コージは「ダイヤモンド・ドラゴン」の価値を自慢し、対戦相手からレアカードか10万円を巻き上げようとしていた。闇遊戯モンスターファイターで敗れ粛清されたのに懲りないである・・・
当然決闘者として恥ずべき行為であり、モクバからルール違反だと警告を受けるものの反発。そこへ海馬社長が現れ、彼は「ダイヤモンド・ドラゴン」を破り捨て、心中で上記の台詞く。その後、名蜘蛛決闘を申し込み「オベリスクの巨神兵」のを見せつけ彼を殺するのであった。人のレアカードを破り捨てるのも決闘者失格だろというツッコミは蜜に蜜に。
アニメ版では名蜘蛛とのやり取りが変更され、この台詞カードを破るシーンカットされている。ちょっと残念。また、各所では「36枚」と表記されてることが多いが、原作漫画では上記のように数字である。

社長心中いた台詞のおかげで強い印が残るカードであり、実際に36枚集めた決闘者もいることだろう。現在では絶版となっており今から36枚集めるには苦労するレアカードとなっている。くれぐれも破り捨てず大切に保管しよう。「ダイヤモンド・ドラゴン」に限らず、コレクションしているカードを自慢する時に使える台詞かもしれない。


関連動画



■nm18554132[ニコ動]

■1407753328[ニコ動]


こんな関連商品オレは三十六枚持っているよ・・・


■azB00BY3I12G


関連項目



最終更新日: 17/03/17 23:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ