ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ダックテイルズ


ヨミ: ダックテイルズ
掲示板をミル!
25カキコ!

ダックテイルズ(Duck Tales)とは、ディズニー制作したTVアニメーションシリーズである。

日本ではわんぱくダック夢冒険ダックテイルというタイトルで放送・輸入されていた。


概要


ディズニーの大出世キャラクタースクルージ・マクダック主人公とするTVアニメ
1987年から1988年にかけて制作・放送、日本への上陸はその後1988年から89年にかけてのことである。
スクルージが甥のドナルドダックからヒューイ・デューイ・ルーイを預けられたところから物語スタートする。

ケチなスクルージは、自分に預けられた大甥の面倒など真剣に見る気もなかったが、一緒に暮らしていくうちに家族を芽生えさせていく。こうしてやがて、彼が大けよりも家族を優先するようになるという、人情味ある姿を描いていく。
スクルージ自体が一獲千を夢見て冒険する趣味があるという性質から、普通の生活の中で起こるエピソードよりも、先での大冒険や大騒動というパターンエピソードが多数を占める。

ディズニーTVアニメーションでは恒例だが、本シリーズ独自のキャラクターも多数出てくる。
アヒル達が主人公という性質から、基本的にメインキャラクター鳥類モチーフが多い。

老人が主人公という、今の日本ではまずウケそうにない内容だが、実はこの作品、80年代ディズニーTVシリーズでは最も成功した作品と言われるくらい、大人気を博した名作TVアニメである。
既存のディズニーキャラを用いたTVシリーズすごいウケる、という法則を作り出したことで、その後チップとデールの大作戦などのアニメが生まれたり、他社も本作のコンセプトをパクってを受けたものを作ったほど。

総話数は100話と、人気して長大である。アニメーション制作東京ムービー日本アニメ会社、ルパンアニメなどでお染み)に外注され、彼等は前半を65話を担当した。
これがすごい人気を受けたため続編制作を考えたものの、既に業務提携が切れていたことから、残りの35話は韓国台湾に移行している。そのため前半と後半とでは絵の雰囲気はやや異なる。

後に制作された数年ぶりの新作にして映画作品「ダックテイル・ザ・ムービー」では、また違う会社が担当しているようである。


ファミコン版


ニコニコ動画では、アニメ本編よりもファミコンゲームソフトとしてかつて発売されたわんぱくダック夢冒険とダックテイルズ2のほうがお染みだろうか。
タイトルが違うのは、第1作テレビ東京で放映されていた時の邦題に合わせていたため。しかし続編はその後2、3年後に発売されることとなったため、タイトル海外版に合わせられた。
ゲームの内容はディズニーゲーらしく完成度が高いが、ストーリーは結構適当であることでも有名。

2013年には「わんぱくダック夢冒険」のHDリマスター版「Duck Tales Remastered」がまさかの製作・発売決定。
HDリマスターと銘打ってはいるが、ゲームの中身はほとんど全に作り直されている。
絵はドット絵ではなくアニメーションになっていたり、時間制が止されていたり、ライフに余裕が持てるようになったり、そもそもステージ構成も少し変わっているなどなど、これはリマスターというより全にリメイクである。

最大の変更点はフルボイスの会話シーンが挿入されるようになったこと。声優はそのほとんどが、アニメ放映当時にそれぞれのキャラクターを担当した人物になっている。

ちなみに日本版の発売予定はない。しかしエピックミッキーも時間を置いて日本に上陸したため、本作もまったくその可性がないわけではない。
その場合にローカライズされて吹き替え版となるかどうかは怪しいところ。


登場キャラ


日本語版には声優が2パターンある。
以下に示すものはに前者がバンダイ版のわんぱくダック夢冒険、後者現在染のダックテイルだが、稀に新旧で変わらない人もいるので、その場合は一人だけ記す。 


関連動画



■sm5300975[ニコ動]

■sm23907494[ニコ動]


関連商品


日本語吹き替え版のDVD未発売。たまにディズニーチャンネルで新声優版が再放送される程度。

■azB00081U4DO


関連項目



最終更新日: 14/10/21 00:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ