ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ダブルライダー


ヨミ: ダブルライダー
掲示板をミル!
40カキコ!

ダブルライダーとは、以下のことをす。

  1. 仮面ライダー1号2号が並び立った、または二人で同一の敵と戦っている状態。
  2. 1.以外で仮面ライダーシリーズにおける(同一作品内での)ライダー二人組の通称。
  3. 漫画仮面ライダーSPIRITS』におけるダブルライダー。
  4. ダブルライダースジャケットのこと

本項では1~3について紹介する。


1.の概要


仮面ライダーシリーズ第1作『仮面ライダー』における「技の1号」、「2号コンビ名である。

今でこそダブルライダーが当たり前のように認知されているが、TV放映中実際に二人が共闘したのは劇場版を含めてほんの数回。藤岡弘が撮影中の事故で重傷を負って一時降したことで始まった第14話からの2号ライダー編からは、一文字ライダー日本の、本郷ライダー海外ショッカーと戦っているという設定だった。

40話「死斗!!怪人スノーマン対二人のライダー」で、スイス支部からやってきた死神博士スノーマンを追って本郷猛が帰ってきたことで2人のライダーが初共闘、以降、第41495152話と日本に帰還して一緒に戦っている。

次に2人の共闘が見られたのは「南紀編」と呼ばれる第7273話で、この時は南から一文字隼人が帰還して本郷に協し、モスキラスやシオマネキングを倒した。
なお、この時の一文字ライダーは、ライトグリーンマスク手袋ブーツというパワーアップした姿だった。

最初の「ダブル変身」は第93話「8人の仮面ライダー」終盤で、本郷と一文字が6人のショッカーライダーに囲まれた時、一文字の「本物の強さを見せてやろうぜ」というセリフの後、2人が崖へ飛び上がって同時変身を行ったというもの。
この時の格好良さは今でもである(このダブル変身最終回や『仮面ライダーV3』でも見られる)。

この数々の共闘がダブルライダーの地位を不動のものにし、二人同時の変身や必殺キック等は、仮面ライダーシリーズにおける要素の一つとして後続作品にも影を与えるようになる。

なお、ダブルライダー最大の必殺技と言えるのが「ライダーダブルキック」であり、本編だけでもスノーマンゴースター、イソギンチャック、ユニコルノス、ギルガラスモスキラス、シオマネキング、ナメクジキノコの8体も葬っている。


2.の概要


初代仮面ライダー以降、同じ世界観であるため歴代昭和ライダーが度々客演し、コンビを組むことがあった。しかし、平成ライダーは(基本的に)作品毎に独立した世界観である為に前作以前の仮面ライダーが共演する事はない。

だが、作品単体で複数のライダーが登場する為、公式にも、ファンの間でも、ダブルライダーを意識した存在が数多く登場することとなった。※随時加筆変更推奨


幻の平成ダブルライダー


平成ライダーシリーズ第二作『仮面ライダーアギト』において、当初は前作『仮面ライダークウガ』の続編として製作される予定だったが諸事情[外部]によりお蔵入りとなった(G3バイクなど、一部にその名残はある)。
仮面ライダーSPIRITS」の単行本によれば、クウガアギトの共演が構想(企画)されており、もしかしたらお茶の間で二人の勇姿[外部]が見れたかもしれない。

[画像][外部]

そんな中、「ヒーローズ」で連載されている仮面ライダークウガではTV版とは独自に再構築した作品となっており『仮面ライダーアギト』が、同一の世界、同一の時間軸に統合されてものとなっているのである意味時代が追いついたのかもしれない。


初の平成コラボ


平成ライダー初の作品間コラボダブルライダー。
仮面ライダー龍騎』の番外編ハイパーバトルビデオ」において仮面ライダーアギトと共演。このとき、敵は仮面ライダーアギトバーニングフォームであり、龍騎サイドライダーに何故かきれいな浅倉が登場するというある種のカオスであった。最後は共闘したアギト龍騎によるダブルライダーキックバーニングフォームを撃破した。
・・・という城戸真司夢オチでしたとさ


ミラーワールドのライダー


平成ライダーシリーズ第3作仮面ライダー龍騎』。城戸真司/仮面ライダー龍騎秋山蓮/仮面ライダーナイトは、ライダーは本来敵同士ということもあり当初こそ敵対関係にもあったが、北岡秀一/仮面ライダーゾルダも含め時には衝突をし時には協をしていく内に2人はっ直ぐな気持ちを少なからず認めていくようになる。


オルフェノクへの抵抗


平成ライダーシリーズ第4作仮面ライダー555』。乾巧草加雅人は、普段こそ嫌悪感をむき出しにしているが戦いの際には抜群のコンビネーションを見せる。また衝突を繰り返すうちに加は巧に対して嫌悪感を見せることはなくなっていき(その分真理たちとも孤立気味にはなっていくが)、巧も加の気持ちを案じるようになっていく。

短い期間ながらも三原修二も巧とコンビを組む機会があり共に加の死を嘆く他、北崎/ドラゴンオルフェノクへの突破口も切り開いた。


先輩後輩ダブルライダー


平成ライダーシリーズ第5作仮面ライダー剣』において、橘朔也変身する「仮面ライダーギャレン剣崎一真変身する「仮面ライダーブレイド」はアンデッドを封印すべく「BOARD」によって開発されたライダーシステム「技の一号」、「の二号」である。

また、両者が先輩後輩の関係にあり、ライダーシステムが「キングフォーム」になることができるなどダブルライダーの要素が随所に盛り込まれている。


二人のジョーカー


同じく『仮面ライダー剣』では相川始剣崎一真の関係も話の軸となっていく。

やはり対立関係にあった二人だったが始は剣崎に助けられたことを機に敵対することをやめ行動を共にする機会が増え、剣崎も始の正体を知りながらも、彼が生きていくを模索し始める。そして・・・


師匠と弟子


第6作仮面ライダー響鬼』。

である人間子入りし、修行を積むことでになることができるが、作品中正式なとなる描写があったのはトドロキ/仮面ライダー轟鬼とその師匠ザンキ/仮面ライダー斬鬼とのコンビ

不器用ながらもっ直ぐに進んでいくトドロキと、飲み会で「うちの戸田山(トドロキの本名)は、かわいいかわいい」と後輩ヒビキにこぼす、ドクターストップがかかりながらもトドロキを支えていくことを決意するザンキとの関係がフューチャーされた。


凸凹ダブルライダー


平成ライダー第7作仮面ライダーカブト』におけるカブトガタック

変身する天道総司加賀美新は両者ともに性格・義・戦闘スタイルなど正反対であるが、いざという時には共に戦う等ある意味ダブル主人公ともいえる位置づけであった。

また、彼らが変身する仮面ライダーは人類を救うべく極秘裏に開発された「マスクドライダーシステム」の有資格者であり、「ハイパーフォーム」になれることから(ハイパーバトルビデオより)、立ち居知的な意味で初代ダブルライダーを意識しているものと思われる。


地獄ダブルライダー兄弟


ZECTの精鋭部隊「シャドウ」のメンバーであった矢車想影山瞬義兄弟を交わした地獄兄弟

彼らが変身する「仮面ライダーキックホッパー」「仮面ライダーパンチホッパー」は、モチーフが「バッタ」であることを始め、幾つかの点で初代ダブルライダーの影を受けている。


良太郎と4人のイマジン達


8作、「仮面ライダー電王」。

特異点である野上良太郎に偶然憑依したイマジンモモタロスは他のイマジンとは違い「カッコよく戦えればいい」という考えの持ちであったため当初は「利関係の一致」という程度の関係ではあったが、続々と良太郎に取り憑いた他のイマジン達とデンライナーで過ごした日々や良太郎の持つ強さに触れ、信頼を深めていく。

終盤、イマジンとの戦いに勝利すればモモタロス達を含めて全てのイマジンが消滅することを知り、そのことに葛する良太郎に対しても「ちょっとでも守りたいと思うとしたらよ、今ってやつだ」と説得し、戦いの果て味方のイマジン達は消滅の運命から逃れた。


二人のゼロノス


同じく「電王」では二人の桜井侑斗の存在が大きな根幹となる。

イマジンとの戦いを続けていた現在桜井は、「あるもの」を守り通すためイマジンデネブ契約過去の自分にゼロノスのカードを渡す。その後イマジン現在から過去へ飛ぶたびに姿を現していたが・・・


クライマックスキバ


劇場版 仮面ライダー電王キバ クライマックス刑事』にて電王キバが共演(ちなみに劇場版で初の平成ライダー同士のコラボ)。

悪の組織」を立ち上げることを的としたネガ電王ことネガタロスを相手に二人がダブルライダーキックをかましたりする等をして共闘した。


ダブルキバライダー


第9作仮面ライダーキバ』では親子、兄弟など家族とのコンビが特徴である。

現代(2009年)から22年の時をえてタイムトラベルした紅渡紅音也と出会い、その時代のファンガイアキング(登太牙)と戦うことになる。その時、自らの命を引き換えに「ダークキバ」に変身した音也と「キバエンペラーフォーム」に変身した渡との親子で共闘、勝利した。

現代に戻った渡は「ダークキバ」のを手にした異である太牙とキングの座を賭けて対決したものの、意を明かし和解。その後、復活したバットファンガイアリボーンを相手に今度は兄弟で共闘、勝利を収めた。


親子イクサ


同じく『仮面ライダーキバ』では麻生ゆり、恵の親子の関係も話の軸である。

当初からであるルークへの復讐心に燃えるゆりではあったが音也や次狼との出会いで仲間ができ、が開発した仮面ライダーイクサ変身し、ルーク全ではないものの倒す。

現代、の意思を継ぎ戦士として戦うの恵。復活したルークを倒さんと躍起になり、現代の装着者名護啓介は当初こそ彼女のイクサの変身を認めようとしなかったものの、最後は引導を渡す。

本編では出会うことのなかった親子だが、劇場版では音也とゆり過去から現在タイムスリップをし、音也とは対照的にの存在を拒むゆりではあったが現代に復活したレジェンドルガとの戦いでそれぞれ過去、現代のイクサに変身し、共闘することになる。


ダブル光太郎



次へ»
最終更新日: 19/05/12 12:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ