ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ダークスパイナー


ヨミ: ダークスパイナー
掲示板をミル!
32カキコ!
ゾイド > ダークスパイナー

ダークスパイナーとは、『ZOIDSシリーズの登場するスピノサウル電子戦用ゾイドである。


機体解説


ダークスパイナー
DARK SPINER
基本情報
EZ-60
所属 ガイロス帝国
ネオゼネバス帝国
モチーフ ピノサウル
スペック
全長 22.3m
全高 13.6m
全幅 不明
重量 118.8t
最高速 240.0km/h
武装
ゾイドテンプレート

ガイロス帝国が開発したスピノサウル電子戦用ゾイド
ただし、こちらもEZ-49バーサークフューラーと同じくガイロス帝国内に潜むゼネバス閥が密かに制作した機体であり、実質的にはネオゼネバス帝国ゾイドとなっている。

今までの“電子戦ゾイド=索敵・通信用ゾイド”という概念を打ち破り、電波自体を武器として使用するとてもユニークゾイドで、EZ-51グランチャーに搭載されていた敵ゾイドの行動を阻する妨電波システムをより洗練させた非常に強電波攻撃を可としている。

背部にあるジャミングブレードを前に倒し、そこから“ジャミングウェーブ”と呼ばれる強電磁波動を放射、これを浴びたゾイドはまず機体に組み込まれた各電子機器がダウンして機停止同然の状況に追いやられ、この後すかさず偽の制御データを送り込まれて制御権を全に奪われ、最後にはこのダークスパイナーに遠隔操縦されて同士討ちさせられる事になってしまうのである。

一度このダークスパイナーに操られてしまうとパイロットは機体を捨てるしかくなってしまい、しかもこの電磁波攻撃を防ぐ手立ては当時は全く存在せず、グランチャーの時のように電磁シールドで中和する事も出来なければ本のままに動けるはずの全野生ゾイドであってもこの呪縛から逃れる事はほとんど出来ないため、敵軍は強ゾイドをこのダークスパイナーの前に繰り出せば繰り出すほど自分の首を絞める事になり、もはや戦わずして勝利を得る事ができるという非常に画期的なゾイドであった。

ピノサウル全野生体ゾイドコアベースにしていると推測され、RZ-8ゴルドスやEZ-65ディメトロドンといった純電子戦ゾイドと違って素体の基本性も高く、このままでもEZ-26ジェノザウラーとほぼ同等の戦闘を有し、装備の条件が同じならばバーサークフューラーとも互り合えるという極めて優れた兵戦も兼ね備えている。

火力にはやや乏しいが、これはSSゾイドであるEZ-61キラードーム合体する事で得られる全方位レーザーガトリング砲などの追加装備で補う事が可

騎兵団の中央大陸侵攻に使用され、この機を持って共和本土防衛隊ゾイドを次々と化してはその防衛線をく間に壊滅に追いやり、最終的には騎兵団の勝利からネオゼネバス帝国の建まで大いに貢献した。

その後も抵抗を続ける共和軍残党であったが、これから約4年近くもの間同軍はこのジャミングウェーブを防ぐ手立てを見いだす事が出来ず、隠れて活動せざるを得なくなっている。

しかし、遂にジャミングウェーブが効かないRZ-64ゴジュラスギガの登場と、さらにジャミングウェーブの全中和を可としたRZ-66ゴルヘックスの復活によりその優位性は失われ、これ以降使われる事はなくなっている。


劇中での活躍


バトルストーリー

ZAC2101年ロールアウト。共和本隊が暗黒大陸に出払っている不備を突き中央大陸に侵攻した“騎兵”のゾイドとして初登場。

そのジャミングウェーブ戦法を用いて共和軍本土守備隊を尽く撃破し、僅か7週間で共和軍の防衛ラインを崩壊させて共和首都しいては中央大陸を騎兵団が占領する大きな原動となった。

ネオゼネバス帝国成立後も共和残党に対して圧倒的優位性を保っていたが、ある時発見した共和軍基地襲撃作戦ではその基地に配備されていたパイロットとの精リンクのみで動くゴジュラス・ジ・オーガにはジャミングウェーブが通用せずに最終的には全滅に追いやられ、さらにその直後には対ジャミングウェーブ技術が確立されたゴジュラスギガも登場したため、遂に共和軍の反撃を許すようになってしまう。

それでもゴジュラスギガ以外のゾイドにはいまだ効果的かと思われたが、相反する電波をぶつけてジャミングウェーブを相殺できるというゴルヘックスの登場により全にジャミングウェーブは化出来るようにもなった事からその存在意義は一気に失われる事となり、新たな帝国軍のであるキメラブロックスゾイドセイスモサウルスの登場以降の出番はなくなってしまった。

アニメ

ゾイドフューザーズ』に登場。


フューザーズ』ではゾイドバトル選手機として登場。
本作ではゾイド同士の合体眼としているため、最大の特徴であるジャミングウェーブ攻撃は一切行われていない。
他にもアニメ独自の機として、全方位のEシールド展開機ジャイアントグラブを用いたロケットアンカー攻撃などが追加されている。

グリーンティからやってきたという双子のZiファイターであるマロイ&ラトルのドラールス兄弟の乗機。
マロイがこのダークスパイナーに乗り、のラトルが僚機のキラードームに乗り込む。

いきなりブルーティ最強チームチームブラックインパクトに挑み、キラードーム合体してキラースパイナーとなってその圧倒的なブレードライガーを全機撃破してみせ、この事によりブルーティ中にZiユニゾンの事実と威が知れ渡る事となる。

その後、チームサベージハンマーの差RDチームマッハストームの対戦する事となり、この時の戦いでもユニゾンから来る高い戦闘チームを追い詰め、もはや勝利寸前かと思われたが、RDの奮戦とユニゾンの制限時間という欠点を突かれて最終的には引き分けに持ち込まれた。

これ以降もドラールス兄弟ともどもブルーティに滞在していたようだが、突如乱入してきたセイバータイガーホロテックに為す術なく敗れ去ったり、アルファ・リヒターのZiファイター強制摘発に巻き込まれて接収されたりと散々なにあっている。

なお、その後にもキメラブロックスゾイドの攻撃演習の標的にされて破壊されたダークスパイナーが居たが、これがこのドラールス兄弟のものだったかは不明。

漫画

崎雄二の『ZOIDS惑星Zi』において登場。
物語前半のボスであるプラチの機で、そのは本人く「倒したければデスザウラーでも持ってこい」とのこと。

コミックス第1巻でグゥのライガーゼロイクスと交戦、これにジャミングブレードを使い戦わずして勝利する。
その後再びグゥと戦闘、今度はジャミングブレードを使わずに素の状態で圧倒してみせた。

が、その途中でクーゴのケーニッヒウルフ乱入
止むくジャミングブレードを使用するものの、ケーニッヒはそれを気合で耐え抜き、逆に特攻。
電磁波を逆流させられ、ダークスパイナーは身動きが取れない状態になってしまう。
そこへパッカーが持ってきたケーニッヒ用のライフルを装備したイクスの一撃をくらい、を撃ち抜かれて倒された。

なおプラチは脱出し一命を取り留めているが、その後出番もなく終わってしまった。


主な機体バリエーション


キラースパイナー

キラースパイナー
KILLER SPINER
基本情報
FZ-011
所属 ネオゼネバス帝国
チームドラールス
モチーフ ピノサウルス・カニ
スペック
全長 22.3m
全高 12.6m
重量 148.0t
最高速 180.0km/h
武装
ゾイドテンプレート

[画像を見る]

ダークスパイナーの背部に小カニゾイドキラードーム合体した形態。
キラードームに搭載された回転式全方位レーザーガトリング砲によりその火力は大幅に増強されている。
さらにコア同士の共振により、武装の出そのものも単機の時よりずっとアップしている。


関連動画



■sm8688978[ニコ動]


関連商品


■azB00CJKKOSC
■azB0002ZFWWO


関連項目



最終更新日: 15/12/14 00:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ