ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ダース・シディアス


ヨミ: ダースシディアス
掲示板をミル!
367カキコ!

ダース・シディアスとは、映画スター・ウォーズシリーズに登場する重要人物のひとり。旧三部作では銀河皇帝、あるいはただ単に皇帝と呼ばれていた。

洗練された知性と綿密に練り上げられた計画をもって銀河覇権を手中に収めんとした、シリーズ徴する悪の親玉。本名はシーヴ・パルパティーン。

旧三部作のエピソード6から新三部作のエピソード3まででシリーズ完結するまで実に20年以上もの間、舞台俳優イアン・マクダーミドが役を演じた。

また、ディズニー製作の続三部作が制作されると物語ラスボスとして2019年開のエピソード9にも登場した。もちろん、イアン・マクダーミドが演じており、彼は実に36年にわたって同一のキャラクターを演じ続けたことになる。


概要


種族は人間であり、男性ダークサイドフォースを信仰するシスの暗卿のひとりである。

かつてはダースプレイガスと呼ばれるシスのマスターに師事し、シスの技や教義を学び取ったあと、寝込みを襲って彼を殺した。新たにマスターとなったあとは、様々な人物を子にとっている。

最も歴史に名を残したシス卿であり、ジェダイを滅亡に追いやった本人。


新三部作において


表では銀河元老院議長のパルパティーンとして共和の執政に勤しみ、裏ではダース・シディアスとして暗躍。ドゥークー伯爵率いる分離義者を共和と敵対させた。

自らの思うがまま、両勢トップとして茶番劇を演出してきたシディアスは、機は熟したとして、長きに渡るクローン戦争を終結させた。議長逮捕に赴いたメイス・ウインドゥ、キット・フィストーエージェン・コーラー、サシーティンを退け、ジェダイに対して暗殺の罪を被せたあと、クローン・トルーパーにオーダー66を発。これにより、銀河中のに散らばっていたほとんどのジェダイを一斉に粛清した。一方で、新たに子にとったアナキン・スカイウォーカーことダース・ベイダームスタファーに向かわせ、身を潜めていた分離義勢の残党を始末させている。 の場で共和の解体および帝国の設立を宣言し、自らを皇帝として、銀河の支配者となった。

のちに最大の敵であったヨーダをも死闘の果てに退け、すべての障を排除させる。

銀河を支配するまでの過程は順満帆であったかといえばそうでもなく、エピソード3の直前を描いた小説では、協者のヌート・ガンレイの過失により、自らの正体が周囲に露見しかけた。

さすがのシディアスもこれには焦りを覚え、エピソード3に繋がる自作自演の誘拐劇を実行に移している。


旧三部作において


絶対的な権と恐怖政治銀河縛り続けてきたが、第二デス・スターにおいて、皇帝電撃に苦しむ息子ルークによって、ダース・ベイダーの善の心がよみがえる。結果、ジェダイに帰還した彼の行動に不意を突かれ、選ばれし者としての使命を果たされ死亡。その人生に幕を下ろした。

初登場はエピソード6だが、のちの特別編DVD化の際の再編集によってそれ以前の作品にも登場している。


続三部作において


エピソード9にてスター・ウォーズ物語の最後を締める悪役として復活を果たす。

かつてエピソード6でジェダイに帰還したアナキン・スカイウォーカーによって倒されたと思われていたが、シス卿を信奉する狂信者たちが集う惑星エクセゴルにおいて生存しており、続三部作全体の黒幕であったことが判明する。

今作でもその暗黒面を存分に発揮して主人公レイレジスタンスを苦しめたが、最後は歴代のジェダイを借りたレイによって滅ぼされた。


人物・性格


その本性は、極めて狡猾かつ冷酷。

的のためならば、いかなる犠牲を払うことにもしない。実際、心として仕えてきた子のドゥークー伯爵をあっさりアナキンに始末させ(シディアスにとっては本命の子がアナキンであるため、彼に敗北した伯爵はすでに用済みの存在でしかなかった)、そのアナキンも、ルーク子に迎え入れたいがために、あっさり見限っている。

また、政治的手腕だけでなく話術にも長けており、人の心を自らの都合の良いようにうまく誘導している。前述のアナキンドゥークーのジェダイ両名を暗黒面に転向させ、議員時代では、ナブー女王であったパドメ・アミダラに言葉を吹き込み、当時の議長を失脚させるようにうまく動かした。

計画性や先見の明もあり、エピソード1ではくも少年時代アナキンをつけ、エピソード2までの10年の間に、彼の悩みを聞いたり助言を与えたりするなど、親密な関係を築き上げている。野望達成のためにさまざまな根回しを各方面に行ったり、ジェダイ殺の準備を何年も前から押し進めたりするなどが、そのもっともな例である。

しかし皇帝に即位してからは、権者にありがちな慢心傲慢さに支配されるようになり、中でもフォースのダークサイドを過信してそれ以外のを過小評価する点はその最たる例と言える。エンドアの戦いの頃には、かつての慎重さは全に失われており、結果、反乱同盟軍の殲滅を狙って第二デス・スターと自身を囮にするという劇中でモン・モスマが摘したように致命的な失敗を犯してしまう。

議長時代には相応の人望はあったものの、銀河を征してからは本来の残虐性を露わにして恐怖と暴力帝国を支配した事で急速に人心を失っていった。帝国中枢でも一部の熱狂的な支持者を除けば恐怖で縛り付けている為、本当の意味で忠を誓っている者は皆無に等しく、虎視々と寝首を掻く隙を狙っている有様だった(ダース・ベイダー論、デス・スター建造を導したウィルハフ・ターキンですら例外ではない)。


能力


その実は作中トップクラス
戦闘が極めて高く、ライトセーバーの腕、フォースの強さ、身体、いずれも他の追随を許さないほど高準なものであり、歴戦のジェダイマスターを何人も葬っている。

ライトセーバーに関しては、フォーム4のアタロを駆使して戦う(実際、映画本編では回転して飛びながら切り結んだり、クローン・ウォーズでも、あちこち跳ねて飛び回りながら相手を翻弄している)。

劇中では、究極のフォームであるヴァーパッドを修めたメイスと対等にり合った。最強のジェダイとして名高いヨーダとの戦いでは、自分よりもはるかに大きな議席を強フォースによっていくつも振り回し、おなじみの電撃も駆使して彼を追い詰めた。

また、CGアニメクローン・ウォーズでは、二刀流の戦いを披露している。
二対一という形勢不利にもかかわらず、かつてのダース・モールとサヴァージ・オレス兄弟を圧倒。作中屈パワーを誇るサヴァージに難なくで対抗し、ジュヨーを操るモールにつばぜり合いで押し勝つなど、ここでも実の高さを見せつけている。

このように高いの腕を誇るものの、シディアス自身はフォース・ライトニングをはじめフォースのみでも最強クラスであるため、ライトセーバーを「ジェダイの武器」として重要視しておらず、事実3部作ではライトセーバーを一切使用していない。


レジェンズでのダース・シディアス


スピンオフ作品ではダース・シディアスがクローンの身体を得てるという設定の『ダーク・エンパイア』シリーズが存在している。クローンの若い体で復活した皇帝帝国軍残党を集め、新たなる超兵器スーパー・スター・デストロイヤーを建造し、立して間もない新共和へと反撃を行った。

一時はルークもダース・シディアスの子となるが、それはシディアスを倒すための芝居であり、レイア姫やほかのジェダイを合わせると、ダース・シディアスは再び敗北し、最終的にはフォースを全く使えないハン・ソロに引導を渡される。

また、別の作品では元皇帝直属の女暗殺者が登場したり、皇帝がひそかに建設していた巨大破壊兵器が登場したりと、彼の死後もスターウォーズ銀河に大きな影を与えている。


関連動画



■sm791945[ニコ動]

■sm745866[ニコ動]
■sm21348731[ニコ動]


関連商品


■azB004GGQG1Q
■azB000W6FQH4


関連コミュニティ


■co1201874


関連項目



最終更新日: 19/12/29 20:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ