ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


チャイニーズチェッカー


ヨミ: チャイニーズチェッカー
掲示板をミル!
46カキコ!

チャイニーズチェッカー(英:Chinese checkers)とは、ボードゲームの1つ、チェッカーの一種である。


概要


六芒の形をした2~6人用ボードゲーム日本では「ダイヤモンドゲーム」として広く知られている。2~6人用だが、3人で行われるのが一般的。ちなみにダイヤモンドゲームは和製英語で正式名称はこのチャイニーズチェッカーである。その名の通り、チェッカーの一種であり、ルールや駒の移動などはいくつか似通った点がある。

ボードと駒は、100円ショップや大手玩具店などでマグネット式の小さなタイプから本格的な大きなタイプなどがあり、手に入りやすい。ちなみに最初に日本で発売されたのは、はなやま玩具の「ダイヤモンドゲーム」(1933年発売)。
発売当時はちょうど第二次世界大戦ドイツ際連盟脱退した年で、当時の中国とは冷たい関係にあったため、そのまま「チャイーズチェッカ-」の名で発売されず、六芒の頂点がダイヤモンド光沢を模していたことから、「ダイヤモンドゲーム」の名で発売したと思われる。


由来


チャイニーズチェッカーは1880年頃にイギリス・ビクトリア地方で誕生した「ハル」(ギリシャ語ジャンプの意)のゲームが、ドイツに伝わり、数年後に現在の六芒の盤面に変わって、それがアメリカに伝わった。そしてアメリカで次第に「チャイニーズチェッカー」と呼ばれるようになった。なお、名称に「チャイーズ」とあるが、中国とは全く関係や繋がりはない。なお、なぜ「"チャイーズ"チェッカー」なのかは文献やサイトを探しても確たる資料がない為、不明である。

前述のハルマは2~4人用のボードゲームで、縦横16マスチェッカー模様の四形盤面に駒を四隅(2人なら19コマ、4人なら13コマ)に配置して、自分の地の駒を対線上の隅にすべて移動させあがるボードゲームの一種。1883年にハーバー大学卒業生のジョージ・ハワード・モンクが発案したゲームとも言われている。日本ではほとんどプレイされていない。


ルール・ゲームの進め方



ヴァリアント(2人用チャイニーズチェッカー)


2人用のチャイニーズチェッカーがあり、「ヴァリアント」と呼ばれる。ルールはほぼチャイニーズチェッカーと同じで、盤面が四形である。


盤駒のヴァリエーション


チャイニーズチェッカーで用いる盤面および駒について、いくつかの変種が知られている。


ニコニコ大百科チャイニーズチェッカー


本項掲示板で、有志がお絵カキコ提供してくれた盤面を使ってゲームが行われている。3人対戦形式で行われる。新規に対戦する場合は、>>35の盤から始めること。また、3位が決まるまで対戦を続けること。ルールは上述を参照するが、それでも分からなければ外部リンクサイトを参照。

参戦方法

  
レイヤー
Play
   になっていることを確認。(特にいじらないので触らないように)
対戦回数 順位 レス番号 対戦期間
1位 2位 3位
表記例 >>1~>>1 2013年1月1日2013年1月1日
1戦 - - - >>4~>>-- 2013年3月16日~--年----日

関連動画



■sm11261895[ニコ動]


関連商品



チャイニーズチェッカー


■azB000KHVPI4
■azB000K20A6C
■azB0002YNAV0?


ヴァリアント


■azB00ABGNO9C


関連項目


掲示板対戦が可ボードゲーム(全体の一覧ボードゲーム#ボードゲームの一覧を参照)
囲碁 - オセロ - 五目並べ - 将棋 - チェス - チャイニーズチェッカー

外部リンク



最終更新日: 18/02/19 22:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ