ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


チャイロスズメバチ


ヨミ: チャイロスズメバチ

チャイロスズメバチとは、スズメバチの一種である。


概要


ハチスズメバチ科に属する昆虫。学名はディボウスキー。その名の通り濃い褐色の甲殻を持っている。

北海道本州森林に生息しているが個体数が少なく、またの外に出現する事もないため駆除の対になりにくい。まれに駆除依頼が舞い込むが、業者でも「しい」と言うほど中々姿を現さない。ゆえに県によっては絶滅危惧種定しているところがある。大きさは女王蜂で3cmほど、働きは1.7cm~2.4cmほど。性格はスズメバチらしく暴。特にはかなり強で、刺されるとな痛みを引き起こす。痛みを引き起こす成分に関してはオオスズメバチよりも強く、刺された時が一番痛い。しかも液を状にして散布する攻撃方法も持っていて、失明したケースも確認されている。地面の近くを集団で飛んでいる事が多い。活動時期は5月頃から10月の間。アゴ毒針が発達していて、甲殻も堅い戦闘マシーン

チャイロスズメバチは、スズメバチの中でもしい社会寄生種。つまり他のスズメバチの巣を襲撃し、乗っ取ってしまうのである。チャイロの女王は、作られ始めたキイロスズメバチやモンスズメバチの巣を発見すると突撃を開始。巣の中にいる女王を殺し、残った働きに自分が産んだ子供の世話をさせる。やがて元からいた働き寿命全員死亡し、巣はチャイロで占められるようになる。こうして巣の乗っ取り了する。このように一戦交える必要性からチャイロは戦闘に特化していて、時にはオオスズメバチの襲撃をも退けるほど。9月10月頃になると巣から雄や新たな女王が誕生する。しかしながら全てのチャイロが乗っ取りに成功する訳ではなく、敗死する個体もいる。乗っ取りを前提としているため、他のスズメバチべて孵化・活動時期が少し遅めになっている。巣を乗っ取る生態だが、チャイ女王に営巣い訳ではなく、自で巣作りする事も。

食性は食で、自身や幼のエサになる捕食する。液をめている事も。巣や餌場を荒らす者を敵と見なし、その暴性を解放する。威嚇行動としてスズメバチ共通のアゴカチカチ鳴らす、対の周りを飛び回る、滞しつつ対に敵意の視線を送るなど。

意外と執念深いようで、一度怒らせると遠くまで追跡してくる。一説によると10m程度追跡するとか。


関連動画



■sm21440795[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/10/24 17:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ