ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


チャンステーマ


ヨミ: チャンステーマ
掲示板をミル!
20カキコ!

チャンステーマとは、野球(特にプロ野球)の応援活動で、得点機(チャンス)に演奏される曲のことである。
略称は「チャンテ」。


概要


プロ野球には、私設応援団というものが存在し、NPBから認可される形でトランペットドラム、呼子を用いての応援活動すなわち鳴り物応援が行われている。通常、選手が打席に立っている際に演奏される応援歌は、その選手個々人専用の選手別応援歌が、まだ実績のない若手などの選手には汎用テーマと呼ばれる応援歌演奏される。しかし、試合の終盤、通常6回から後のイニングで、得点圏(二塁や三塁)に走者を進めた際には、応援団は打席にが立っているかを問わず、同じテーマ曲を演奏し続けることが多くなる。これが、いわゆる「チャンステーマ」である。

チャンステーマの始祖については諸説あるが、1990年代大阪近鉄バファローズの私設応援団が、「暴れん坊将軍テーマ」をチャンステーマとして演奏し始めたのがその始まりと言われている。

コールとしては通常の「かっとばせ」の他に、「○○(相手球団名)倒せ」などがある。対巨人戦の場合、11球団の応援団巨人の正式略称である「読売」をコールする。

なお、オールスターでは終盤になると常時チャンステーマを演奏するのが恒例となっている。特にオールセントラルは打者の所属球団に関係なくチャンステーマが演奏されるため、巨人の選手に対し阪神のチャンステーマが演奏されることもある。


各球団のチャンステーマ


2018年現在の各球団の要チャンステーマを、前年度2017年のペナントレース順位順に記す。


セントラル・リーグ


広島東洋カープ

阪神タイガース

全てオリジナル曲。なお阪神では2005年途中に応援歌を従来制作していたが暴力団関与等により既に球場から排除されていた応援団「中虎連合会」が著作権絡みの不祥事を起こしたため応援歌が一斉に変更されたが、この出来事以前は岡田彰布応援歌原曲早稲田大学コンバットマーチ)として用いられていた曲がチャンステーマとして用いられていた。

読売ジャイアンツ

横浜DeNAベイスターズ

個人専用(過去使用含む)

中日ドラゴンズ

竜心会(全国竜心連合)時代(~2014途中)

なお、優勝がかかった際などに、このチャンステーマ1~3を続けてメドレー形式で演奏することがあった。

中日ドラゴンズ応援団時代(2014途中~)
個人専用(過去使用含む)

東京ヤクルトスワローズ

個人専用(過去使用含む)


次へ»
最終更新日: 19/09/05 17:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ