ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


チョロQ3


ヨミ: チョロキュウスリー
掲示板をミル!
63カキコ!

チョロQ3』とは、タカラ(現・タカラトミー)が1998年2月19日に発売したレースゲームである。対応機種はプレイステーション。開発はタムソフト

キャッチコピーは「二度あることは三度ある」。


概要


第1作『チョロQ』、『チョロQ2』に続く、チョロQシリーズの3作。累計販売本数は約24万本。

第1作第2作をえるボリュームで、前作までは機質っぽい感じだったレース中の画面(現在の順位やLAP TIME等のフォント)が今作ではカラフル文字にしたり、コースによってスタート直前のカウントダウンSEが異なるなどコミカルに施されている。

前作ではFPSが10~60と安定しなかったが、今作ではどのコースでもFPS30に統一処理されている。

今でも「タムソフトの新作チョロQプレイしたい!」と熱望するファンが絶えない。


システム


前作の要素を引き継いでいるため細かな部分は割愛。なお、旧コース削除され、前作データからの引継ぎ機くなっている。

前作の「チョロQタウン」が今作では「チョロQティ」となってパワーアップ。様々な要素が隠されているので、通常のレースと並行して楽しめる。

ワールドグランプリをクリアする事で、不思議な砂時計が授与され、それを使うことでを切り替えられる。シティおよびレースどちらもにしかいけないコースがある。

ハイパーグランプリを優勝することでエンディングとなる。

おまけではあるが、2人用モード(専用)が豊富に用意されている。自らをゴルフボールに見立て先にカップインした方が勝ちという「ゴルフレース」や、アルペンスキーさながらの雰囲気で競う「アルペンレース」など一変わったものも。


????????


ハイパーグランプリにおいて、「????????」という名前のライバルカーが登場する。

外見を見ればおわかりの通り、『人生ゲーム』の人生カーが隠しチョロQになって、レースに参戦している。本作品のラスボス的存在ともいえよう。

使うには、ハイパーグランプリを優勝した後、ボディを1~99号のボディを持った状態でなぞの店に行くと、人生カー100として購入できる。購入すれば、自分で操作できるようになる。


BGM


ファンの間では、ハズレなしと絶賛されている。

夕暮れ「哀愁のSeptember「チョロQ3 オリジナルサウンドトラック」に付けられているタイトルは、第1作(高原ショート)、第2作(の山)と同じ流れをんでいるが、を意識したメロディとなっている。

テレビでこの作品のBGMが使われたことがある。中国中華料理が登場するような番組ではチャイナBeijing Square」同上が、かつて日本テレビ系列ダウンタウンDX』で7/8同上が使用されていた。

オーバルサーキット「サークルライン同上については、ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)の『リッジレーサーメインテーマRidge Racer」と似ている事から、ニコニコ動画ではこれらの比較動画がupされている。現在まで公式側からの大きな対応はない。チョロQ3のサウンドトラックには同曲が収録されている。


関連動画



■sm982254[ニコ動]

■sm276387[ニコ動]
■sm309172[ニコ動]
■sm384082[ニコ動]


関連商品


■azB00020PWR4
■azB00005ENO5
■azB00005ENOK
■az4081080771


関連項目



最終更新日: 13/08/31 14:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ