ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


チルト・シフトレンズ


ヨミ: チルトシフトレンズ

チルト・シフトレンズ(Tilt shift lens; ティルト - とも)は、一眼レフなどのレンズ交換式カメラに用いられる交換レンズの一種。レンズチルト(傾けること)とシフト行移動)を行うことができる。


概要


大判カメラは、レンズ部とフィルム部を繋ぐを操作して、レンズチルトしたりシフトしたりする。のない一眼レフなどのカメラは、カメラと交換レンズを繋ぐ、「ベローズユニット」を取り付けることで付きのカメラ変身できるほか、チルトレンズシフトレンズ、そして両方の機を併せ持ったチルト・シフトレンズを装着することで、同様の操作を行うことができるのである。


チルト


レンズを傾けることで、被写界深度(ピントの合う範囲)をコントロールすることができる。例えば、カメラに対して斜めになっている面を撮影するとき、ふつうはピントを合わせたところのと手前がボケてしまう。このとき、被写体の面に近くなるようにレンズを傾ける(チルトする)と、手前からまでピントの合った像を得ることができる。また、その逆方向にレンズを傾ける(逆チルトする)と、被写体の面上におけるピントの合う範囲は極端に狭くなる。近年、ミニチュア風写真の撮影方法として逆チルト撮影が注されている。

 → ミニチュア風


シフト


レンズフィルム面との行を保ったままずらして、像の歪みコントロールすることができる。例えば、高層ビルをその足元に立って見上げると、当然ながらビルはその先端に向かってすぼんで見える。このとき、レンズを上方向にずらす(シフトする)ことで、遠近感(パース)を補正し、歪みねぇ像を得ることができる。この撮影法はあおり撮影[外部]と呼ばれる。


関連動画


チルト撮影と、逆チルトを利用したミニチュア風撮影について図付きで解説している。


■sm6494811[ニコ動]


関連商品


■azB00007EE8R


参考リンク



関連項目



最終更新日: 11/03/19 11:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ