ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ツラゲ


ヨミ: ツラゲ
掲示板をミル!
79カキコ!

ツラゲとは、広島東洋カープ新井貴浩が放つ併殺打、および彼が1イニングに2つのアウトに絡むプレーである。


概要


見ての通り、辛いさん(=新井貴浩)+ゲッツー略語である。

新井阪神移籍後から併殺打が急増(09、11年は最多併殺)しており、またよりによって同点や1点差の死一塁や一死で得点圏に走者を置いている時にしばしばやらかしてしまうことから、いつしかこのような言葉が使われるようになってしまった。

一塁に走者を置いて、二塁アウト、一塁セーフの場合は「ツラゲ未遂」と呼ばれる。併殺とは関係だが、走者でセカンドショートの正面に打球が転がってアウトになった場合も「ツラゲ未遂」とされてしまう。非常にレアケースだが、1イニングに2回の打席が回ってきて、2回とも退することがあり、これも「一人ツラゲ」と呼ばれる。

一応彼の名誉のために言っておくと、本拠地が旧広島市民球場から阪神甲子園球場に変わったことで、本塁打狙いで振り回すスタイルから打率重視で当てにいくスタイルに変更したことが併殺打増加の一因だと摘されることがある。というか広島時代の2003年にも最多併殺は記録している。

なお、2011年打点王併殺王・失策王の三冠を達成。本に「祝三冠王 新井貴浩」というTシャツを作られてネタにされている。


変則ツラゲ


上記の通り併殺打が多いだけならまだしも新井斜め上な形で併殺(記録上併殺打にはならないプレーを含む)に絡むことも多く、それがこの言葉と共に彼のネタ度を高める要因となっている。そうしたプレーを変則ツラゲと呼ぶ。

以下にその例を紹介する。

2011年8月28日 対東京ヤクルトスワローズ戦(甲子園)

3回裏1アウト1,2塁での新井の打席で、由規ワイルドピッチによって1アウト2,3塁に。もがツラゲは回避されたと思った。しかし、 新井の打球はショートゴロとなり、川島慶三 が捕球して本塁に送球。 挟まれている間に2塁走者鳥谷敬が3塁に到達したことで、平野逃げるのを止めてタッチアウトにされる。ところが、平野のランダウンプレイの間に新井は2塁を狙って1塁を回っており、それに気付いた川本良平が2塁に送球。結果、新井は2塁でタッチアウトになり、もが予想しなかった斜め上を行くツラゲを完成させた(記録上は遊ゴロ+走塁死)。


■sm15985915[ニコ動]

変則ツラゲは9:20頃から。

2012年8月18日 対東京ヤクルトスワローズ戦(宮) 「三振ツラゲ」

9回表1アウト1塁、0-1の1点ビハインドという最後のチャンス新井という、もがツラゲの予感(と前日の2HRから来る僅かな期待)を感じながらの打席を迎える。そしてマウンド上の守護トニー・バーネットが投じた6球新井空振三振、それと同時に、エンドラン命によって1塁走者大和盗塁を仕掛けていた。捕手中村悠平はすかさずセカンド送球大和は間に合わず走塁死、試合終了。 (記録上は新井三振大和盗塁死)

■sm18653109[ニコ動]

ツラゲは8:50頃。

2012年8月19日 東京ヤクルトスワローズ戦(宮) 「一人時間差ツラゲ」

前日の三振ツラゲの怒り奮が冷めやらぬ中、8回裏に福原忍が追い付かれ1-1の同点で迎えた9回表、先頭打者として新井が登場、バーネットの前にな二ゴロに倒れる。だがその後、平野恵一ヒットショート山田哲人の悪送球を挟んで二塁へ、さらに藤井彰人 が遊ゴロ進塁打、バーネットの暴投で阪神重な1点をもぎ取った。ここから阪神打線覚め、代打桧山進次郎が続けて出塁すると阪神が5連打で5点を追加する猛攻でヤクルトを攻め立てる。しかし、この押せ押せムードの中再び登場した新井センターフライに倒れ、1イニングに1人で2アウトを献上してしまった(もうひとつのアウトを献上した藤井最低限の仕事はしており、このイニングで何も貢献していないのは新井だけである)。

・同日 「兄弟アベックツラゲ」

まず1回表に新井良太が、4回表に新井貴浩がそれぞれツラゲ。

■sm19559779[ニコ動]

2012年8月21日 対中日ドラゴンズ戦(京セラD) 「3試合連続変則ツラゲ」

連続変則ツラゲで盛り上がってから移動日を挟んだ中日戦。1-0で1点ビハインドの9回裏、阪神中日の抑え山井大介を攻め立て死1,2塁(2塁柴田講平、1塁俊介)のチャンス新井に打席が回る。ベンチからのサインは送りバント。18日に同じ状況で畠山和洋の好守もあってバントを失敗しており、再びファンの不安が募る。しかし投じられた1球ん中の球をバント空振りしてしまい、ここで柴田が飛び出し三塁でアウト(記録は盗塁死)。1死1塁となりその後ヒッティングに切り替えたが落ちる球に三振

なお、変則ツラゲに関しては必ずしも全て新井が悪いということはなく、上記の通り走塁のミスが要因となっている場合が多い。そのため、変則ツラゲが出るような状況ではチーム状態自体が悪いと見た方がいいかも知れない。

2014年4月10日 対横浜DeNAベイスターズ戦(甲子園)「一人トリプルプレー

トリプルツレーとも呼ばれる。
6回裏、阪神は3点差から同点に追いつき、なおも死1,3塁の好機に、投手金田和之代打新井を送る。DeNA投手三嶋一輝が投じた初球は捕手高城俊人が大きく弾き、転々と転がった。これを見た3塁走者の新井良太ホームに突っ込むも、タッチアウトここで1死2塁となる。(この時、新井渾身のリアクション芸を見せる)
その後、3球新井ショートへのゴロを打つが、この時2塁走者の鶴岡一成遊撃手の守備を妨したとして守備妨害が取られ、鶴岡アウトに。同時に新井は1塁への進塁が認められ、2死1塁となる。この時点で変則ツラゲが完成していたが、これだけでは終わらなかった。次の打者、福留孝介の打席で三島の低めの直球ワンバウンドし、高城は取り損ねるも正面から体で止めたため暴投にはならず、それを確認した福留は1塁走者新井へ静止のサインを見せた。しかし、なぜか新井は既に2塁へスタートを切っており、結果ツライディング盗塁失敗。3アウト新井一人で3つのアウトに絡むことになってしまった。

■sm23323496[ニコ動]
 


ツラゲ VS 西武の中継ぎ


ここである試合を紹介しよう。

2012年交流戦甲子園で行われた5月27日阪神西武戦である。

7回裏、西武は2-1と1点をリードして西武の中継ぎスイッチ。二番手の長者こと長田がマウンドに上がったが、ブラゼルが同点ホームランを打ち2-2の同点になる。

8回裏、同点のままゴン者ことゴンザレス登板挨拶代わりの四球からバント1アウト2塁。さらに内野安打フォアボール1アウト満塁となり、新井を打席に迎えたその結果は……。

ほこたて、ツラゲVS西武の中継ぎの続きは動画で。

■sm17938409[ニコ動]


関連商品


■azB007PNYTU2


関連項目



最終更新日: 15/04/12 17:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ