ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ツーカー


ヨミ: ツーカー
掲示板をミル!
8カキコ!

ツーカー(TU-KA)とは、1994年から2008年まで存在した携帯電話サービスの名称である。

心の通じ合った仲を示す「つうかあの仲」を、そのブランド名の由来としていた。


概要


1992年日産自動車の単独出資で関西に「ツーカーホン関西」が、また日産・第二電電(→DDI→現:KDDI)と京セラの共同出資により、関東地方東海地方カバーする会社として「ツーカーセルラー東京」・「ツーカーセルラー東海」が設立され、1994年にそのサービスが開始された。1.5GHz帯のPDC方式を通信方式に採用した。

人口密度の高い関東東海関西以外の地方に関しては、当時同じ1.5Ghz帯を用いてデジタルホン(→J-PHONE→現:ソフトバンク)の携帯電話サービス提供していた日本テレコムとの共同出資により「デジタルツーカー」を設立、両者がローミングを行うことによって全カバーする体制としていた。

しかし、日産自動車単独で参入できたのは関西地方のみであり、他の地域は競合する通信事業者と共同で営業体制を構築したため、半ば強引に参入した印が残るものといえ、のちの波乱の一原因ともなった。

1990年代後半、日産は深刻な経営不振に陥り、ツーカーの事業からの撤退を決定。関東東海関西3社のは第二電電DDIへ、デジタルツーカー日本テレコムへ売却された。この時、日産は当初、日本テレコムへ最終的に全てのを譲渡する方針であったと言われるが、日本テレコムDDIの間で式譲渡価格について折り合いがつかず、ご破算になったと言われている。

結果として、関東東海関西3社はDDIグループとなったツーカー各社が事業を継続するものの、その他の地域に関しては、デジタルホンデジタルツーカーブランドを統合した日本テレコム系のJ-PHONEとローミングを行う体制になり、これがJ-PHONEVodafoneを経てソフトバンクモバイルとなった後も、ツーカーの終焉まで続くこととなった。


先駆となるサービス


前述した経緯により、独自の営業エリア関東東海関西の大都市圏に限定され、競合するNTTドコモIDO/DDIセルラーデジタルホンJ-PHONEべると弱いキャリアといえたツーカーであったが、現在携帯電話会社が導入している様々なサービスをいちく導入するなど、顧客獲得のための努覚しいものがあった。なものを上げると以下となる。


KDDI(au)への統合とサービス終了


2000年、ツーカーの親会社であるDDIは、電話事業を行なっていたKDD、更に携帯電話事業を行なっていたIDOとの合併を実施。
KDDI」が発足した。

ここに、KDDIグループIDO/DDIセルラーから引き継いで発足した携帯ブランドau」と、「ツーカー」の2ブランドを有する会社となった。

当初、KDDIはEZwebなど一部では共通サービス提供するものの、シンプルで使いやすい携帯した独自路線をツーカーが図り、高性携帯を売り物とするau棲み分けを図っていた。総務省導で第3世代携帯電話(3G)への参入可キャリアが3社に限定されたため、KDDIは3Gへの参入ブランドauに限定し、ツーカーは3Gに参入しない方針となったことも、「シンプル特化路線」に大きく影した。

が、その契約者数は2001年6月の約404万件をに漸減していくことになり、2003年には松本人志を起用した「話せりゃええやん」のCMを放映、2004年には先述した簡単携帯「ツーカーS」を投入するなどテコ入れも行われたが、3Gへのユーザー移行の流れは止めることが出来なかった。

KDDI2005年10月、遂に子会社のツーカーを自社へ統合し、「auへのユーザー移行を進め、ツーカーブランド止しauに一本化する」方針を決定、ツーカーから同じ電話番号でauに移ることを可にした。そして2006年4月にはツーカーの新規募集を停止した。

以後、番号ポータビリティMNP)が2006年10月からの実施されたことも鑑み、ツーカーの顧客をできるだけ他社に流出させないようにKDDIauへの移行へ特典を与える施策をとり続けた。

そして2008年3月、ツーカーは14年間続いたサービスを終了、停波となった。

なおツーカー停波の3日前、携帯電話新規参入事業者のイー・モバイルがそのサービスを開始している。


関連動画



■sm220517[ニコ動]

■sm2860221[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 16/10/05 21:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ