ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


テイルズオブゼスティリア炎上騒動


ヨミ: テイルズオブゼスティリアエンジョウソウドウ
掲示板をミル!
6367カキコ!

テイルズオブゼスティリア炎上騒動とは、2015年1月22日に発売されたRPGテイルズオブゼスティリア』の内容や事前の宣伝方法、プロデューサーの発言を発端とした炎上事件である。

注意

この記事は、テイルズオブゼスティリア本編DLCについての重大なネタバレ成分をとても多く含んでいます。
ここから先は自己責任で突っ走ってください。

この記事には外部サイトへのリンクも多く含まれています。閲覧の際はご注意ください。
また、脚注マウスオーバーでも読むことが可です。


簡単な概要


これらを軸とした問題点に対して、多くのユーザーに納得のいく説明や対応が行われなかった結果、公式であるテイルズチャンネル+のコミュニティなどを中心に大きく炎上した。


この騒動の具体的な内容を全て記載するにはあまりにも膨大である為、この記事では大きな問題点として挙げられたものの大体の内容を以下に記載している。


騒動の発端


事の発端は、プレイアブルキャラクターであり、事前情報で前面に押し出されていたはずのキャラアリーシャ・ディフダが、物語の序盤でパーティを長期離脱してしまうというプレイヤーからの情報であった。

今までのテイルズでも中途離脱などがあったはずだがそれがなぜ今回に限ってここまで大きな騒動に発展してしまったかというと、事前の各媒体での宣伝内容・タイアップの仕方と実際のゲーム内での活躍に大きな乖離が見られたからである。

TOZ発売前のアリーシャの待遇

と、タイアップ面だけで見れば、たとえ『ゼスティリア』に興味のない人でも、アリーシャがその作品においてどれだけ重要なポジションに位置するかわかるほどの扱いを受けている。

ゲーム本編でのアリーシャの待遇

発売前は上記のような好待遇を受けていたアリーシャだが、肝心なゲーム本編では序盤の一件を解決した直後にパーティを離脱。その後再会するまでは一切の描写がなされない。

再登場以降を大体でまとめると、

という、ヒロインどころか重要な立場だが主人公一行の的とは一切関わりのない立ち位置にいる、使えるだけでもマシな名有りのNPCという、あんまりにもあんまりな扱いであった。

ヒロインについての事前情報

しかし、アリーシャのこの扱いに関して、事前情報それとなく匂わせるものもあった。

アリーシャ

ヒロインなのか?」と、よくユーザーさんから聞かれる。アリーシャは、自分の存在を民のために使いたいと考えて、騎士になった。つねに自分のにとって何をすべきかを考えて行動して、スレイたちと出会うことになる。

”果たして、彼女ヒロインなのかどうなのか?”については、まだ言えない。馬場氏)

■ロゼ
元気ハツラツの活発な女の子アリーシャとは違って、心情を前面に出して行動していくタイプ

(冒頭に見たムービーでは、「導師について思い入れがありそうだが?」という問いに)

おっと、どうでしょうねえ。

(「パッケージイラストで描かれている位置はスレイのすぐ側なので、ヒロインじゃないかと思われている」という話に)

なるほどヒロインなのか、ヒロインじゃないのか。でも、ufotableさんに描いてもらったイラストでは、また立ち位置が違うんです。だから、今回のヒロインは、遊んでもらうとわかるような仕組みになっている。馬場氏)

設定画も公開! 各キャラクターを馬場英雄プロデューサーが語る、『テイルズ オブ ゼスティリア』スペシャルステージリポート【マチ★アソビ vol.13】[外部]より引用

こういった点から、発売前からアリーシャヒロインではないことを予想していたユーザーも少なからず存在した。
ただ、これだけの情報で発売前から長期離脱と不遇な扱いを受けることを悟れる人間がどれだけいたかは推して知るべし。

ヒロイン問題のみならこれでギリギリただのミスリードで済んだのかもしれないが、アリーシャの離脱によりゲームの内外においていくつもの齬が生じている。


ゲーム内における数々の火種



アリーシャの不可解な離脱


今までのテイルズオブシリーズにおいて、ストーリー途中でパーティを離脱してしまうキャラは古くから存在している。

近作であれば『ヴェスペリア』のフレンや『グレイセス』のリチャード。彼らはい段階(プロフィール開やPV)から主人公と確執がある事や、物語全体の中核に位置する存在である事をプレイヤー側がみ取れるようになっており、ストーリー上でも相応の理由や十分な活躍があるため、特に問題視はされていない。

一方『ゼスティリア』のアリーシャについては、プロフィールPVから離脱は予想しにくい。

離脱の流れについては、物語の最序盤、族や憑魔が見えないアリーシャスレイに同行を申し出る。しかし普通人間であるアリーシャは憑魔と戦闘ができない[1]為、その場にいたスレイと契約済みの族・ライラが二人に従士契約を勧めスレイとアリーシャ契約を結ぶ。これによりスレイの近くでのみアリーシャは憑魔と戦闘できるようになる。

しかしその後、「従士契約反動」としてスレイの右の視が徐々に失われる、不意に意識を失うなどの深刻な問題が発生アリーシャを続けたいが自身の複雑な立場と自分のせいでスレイに負担がかかる、という良心の呵責からパーティー離脱を余儀なくされる、というのが序盤ストーリーアリーシャが離脱するまでの流れである。

反動については一応契約直前に、ライラから「ただし-」とスレイへの説明はあった。しかしボイスはなく口パクだった為プレイヤー、及び契約前で族の見聞きができないアリーシャにはわからなかった。

この「従士契約反動は従士自身の霊応が高ければ起こらず、アリーシャは優れた才を持っているとライラから言及されていたが反動が起こった。だが後述にもあるロゼの才導師に匹敵するほどのもので反動は起きないとされている。

なので当然アリーシャ離脱して以降「契約反動」関連の話やイベントはほぼない。中盤での再会時に触れられるが、先述のとおりロゼとの契約では問題がないためにサラッと流される。

このように半ば強引な流れで離脱するためプレイヤーからは「この従士契約反動という設定自体がアリーシャ離脱のために急遽用意された後付設定ではないか」とも言われている。


穢れなき暗殺者・ロゼ


今作の炎上騒動における最大の燃料ともいえる存在が、アリーシャ入れ替わりで加入し中盤からラストまで一緒にするもう1人のプレイアブルキャラクター、ロゼである。

彼女プロデューサーの寵を一身に受けたとでも言うべき数々の要素が盛り込まれている。


発売前に行われた「テイルズオブゼスティリア 開発者ニコニコ生放送」の最終回において、馬場P自らがロゼについて、

るなど、特に思い入れがある様子を伺わせている。

また、ロゼの本編中における扱いに関しても

など、従士としてのはもちろん、キャラクターとしての存在感全にアリーシャ、そして導師である主人公スレイをも食ってしまっている。

また穢れの設定を考察する際の障となるのもロゼであり、「暗殺者という血に塗れた職業にも関わらず穢れを生み出さない」ということは、悩みも苦しみも罪悪感すらも感じることもなく人を殺せるという、控えめに言っても敵キャラの設定のような明らかに異質な存在なのである。

しかし「穢れ人間は浄化(殺)しなければこの世が穢れ、滅びるので残酷だが族様に課せられた使命のため浄化する。」と狂った族への信仰心で大量殺人を犯していながら穢れていなかったに対して以下のようなコメントをする。

「絶対に罪の意識だけは誤魔化せない。人殺しは罪…どんな理由をつけてもその罪の意識を感じないで殺めてたあいつは、怪物だったんだよ」

暗殺者のお前が言うなとしか言いようがない見事なダブスタ+ブーメラン発言である。

ユーザーからはこの矛盾した価値観と設定に染めない、登場人物紹介に記載されている性格と実際のゲーム内での性格の違いも多々見受けられるため受け入れられないといったが多かった。

また主人公一行は上記の言動や異常性への言及も特になく穢れを生まないからすごい」の一言で受け容れる。暗殺の是非についても不自然なほどあっさりと受け入れる。[4]そんな主人公たちを疑問視するも大きい。

そういったロゼへの疑問や不満が積もっていく一方でアリーシャは話の本筋にも名前を見せなくなり、スキットなどでは「才がないから別れた(意訳)→真の仲間といった暗にアリーシャを貶めているかのような発言も立ち始める。

逆にロゼは何かにつけて「すごい」と持ち上げられ、各種イベント秘奥義演出でもヒロイン同然の扱いを受け、最終的にアリーシャはロゼと入れ替わる形で離脱のままストーリーが終わる事が発覚しこれで余計炎上することになる。


予約特典・衣装DLC



次へ»
最終更新日: 19/10/09 05:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ