ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


テクノポップ


ヨミ: テクノポップ
掲示板をミル!
39カキコ!

テクノポップとは、シンセサイザーリズムマシンなど電子楽器の音色を意図的に多用し、同じフレーズを反復する、独特の質感を持ったポップスを和製英語である。


概要


海外ではエレクトロポップ(エレポップ)、シンセポップフューチャーポップと当たる。坂本龍一が「テクノポップ」という言葉を多用し日本でこの単が定着したという説など、には諸説ある。音楽ジャンルの「テクノ」とは全く別物となっている。

テクノポップの流として、ドイツ出身のkraftwerkアメリカ出身のDEVOなどが挙げられる。両者ともロボットのようなカクカクとした動き、ケイレンを起こしたような動きとともにテクノポップを演奏したのが世界中に注され、その後日本でもイエロー・マジック・オーケストラYMO)が登場する。

YMOは「RYDEEN」などをヒットさせ、1980年代初頭にはブームが訪れる。P-MODELヒカシュープラスティックス、ジューシィ・フルーツなども登場し活況を呈した。「みんなのうた」では「コンピューターおばあちゃん」が流れ、アイドル歌謡もテクノポップ臭の強い曲が数多く発表された。(これら「テクノポップ+歌謡曲」の楽曲は「テクノ歌謡」としても称される)

その後、流行の変遷(第2次バンドブームの到来やTM NETWORKデビュー当時のB'zなどの「ロックっぽい電子音楽」の台頭)により「テクノポップ」は忘れられかけたが、中田ヤスタカを始めテクノポップ時代の音を取り入れリバイバルする動きにより近年再び再評価されている。Perfumeもその流行に乗り活躍中。

ニコニコ動画的には、VOCALOIDの持つ「生とは違うぎこちなさ」がむしろテクノポップのピコピコ音に合うことが発見され、数多くの使用曲が掲載されている。


80年代テクノポップと現在のテクノポップの相違点


代表的な点を挙げると以下の通り。


関連動画



偉大なる先駆者たち



■sm3295572[ニコ動]

■sm629405[ニコ動]
■sm1335606[ニコ動]
■sm4663640[ニコ動]
■sm5599030[ニコ動]
■sm537671[ニコ動]
■sm3005101[ニコ動]
■sm254280[ニコ動]
■sm1338790[ニコ動]
■sm3158882[ニコ動]
■sm2268610[ニコ動]
■sm629481[ニコ動]

 


DS-10関連


■sm4103081[ニコ動]
■sm4101068[ニコ動]

 


関連商品


■azB0000071FM
■azB000002KLC
■azB00007KKZ3
■azB0000257O9


関連項目



最終更新日: 16/08/06 07:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ