ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


テリー(ドラゴンクエスト)


ヨミ: テリー
掲示板をミル!
488カキコ!
ドラゴンクエストのキャラクター一覧 > テリー
ドラゴンクエストVI 幻の大地 > テリー

テリーとは、「ドラゴンクエストVI 幻の大地」「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」に登場するキャラクターである。

デザイン鳥山明声優神谷浩史ヒーローズ)。

 [画像を見る]

概要を見るのは初めてなのか?

テリー
Terry
[画像を見る]
基本情報
性別
登場作
声優
キャラクターテンプレート

ひたすらに強さをめる孤高の士。
強さをめるあまり悪しきへ走ってしまうが、心して主人公仲間になる(後述)。

本作では微妙な扱いだが実際のところは主人公になる予定だったらしく、堀井雄二は「初期設定ではテリー主人公だったが感情移入しにくいと思いやめた」とコメントしている。また、鳥山明が最初の描いた”幻のボツ主人公”のイラストテリーと良く似ている。

発売前の堀井雄二は、「魔族人気なので主人公はそろそろ魔王にしようと思っている」とコメントしているので、ドラゴンクエストⅣドラゴンクエストⅤドラゴンクエストⅥ天空3部作のストーリーをまとめるとエスタークに該当するとする人たちもいる。

ドラゴンクエストXでは魔法迷宮で低確率ドランゴと共に現れる時もある。

性能

加入した時点でのレベル23それなりに高いが、仲間になる時期が遅く、その時には主人公一同のレベルも高くなっていて、お荷物状態に…ということが多い。巷では「ドランゴ引換券」などと呼ばれてしまっている。

ニンテンドーDS版ではステータスや初期レベル2328)が強化され、これでお荷物脱却か、と思われたが…。
詳しくは「ドランゴ引換券」の項を参照。

2015年に出たスマホ版で初期レベルの上昇(28→33)、戦士武道魔法使い僧侶8まで極めているなどかなりステータスが強化された。

ネタバレ

この節には物語に関する重要なネタバレが書いてあります

昔はミレーユと共に、ガンディーノに住むごく普通少年であった。
しかしミレーユが当時のガンディーノ王の暴政の犠牲となり、奴隷として連れ去られた際、それを助けられなかったのがトラウマとなり、心に大きな傷を残した。
を助けられなかったのは自分が弱かったからであるとし、ガンディーノを出てからはひたすらに強さをめるようになった。強さをめる一環として強いも常に探しており、アークボルト宝・鳴のを手にした後、伝説ラミアスのをも手にしようとするが、ラミアスのはぼろぼろに朽ちて使い物にならなくなっていたため、主人公に譲り、諦めて立ち去る。

上記の通り彼が強さをめてをする大元の理由はミレーユのためなのだが、主人公と共にをするミレーユと何度も中ですれ違っているにも関わらず、ミレーユの存在に気づく事がなかった。
最終的にはデュランの元へ走り、守るべきはずだったミレーユ本人に向けてを向ける事になってしまう(ミレーユパーティに入れてデュラン戦に臨めば)。テリーを倒しデュランを倒した後、自らを殺せと主人公たちに叫ぶが、ミレーユの説得を受け、と再会を果たす。ようやく真実が告げられ、憑き物が落ちたように仲間になる(想な性格は直っていないが)。

月刊少年ガンガンに連載されていたDQ6漫画では「強い」をめる理由がより詳しくつけられており、ミレーユを連れ去ろうとするヤクザに対してナイフで切りかかったものの、ナイフが折れてしまいあえなく蹴り飛ばされてしまう。
そのため、を助けられなかったのは「武器が弱かったからだ」と強く思うようになっており、強い武器を手にする事に人一倍執着を持っている。
デュランに懐柔された時も、絶大な破壊を持つ、しかし呪われており意識を支配される破壊のをエサにされたかのような形であった(ゲームでは破壊のは登場せず所持しない。ゲームでは鳴のを持って襲ってくる)。

テリーのワンダーランドでの活躍

 このように本編では微妙な活躍だったテリーだが、1998年発売の『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド(テリワン)』ではまさかの主人公に抜された。
本作では幼少時のテリーを操作し、「モンスターマスター」として、ワルぼうにさらわれてしまった幼少ミレーユを救うため、タイジュの異世界を冒険することになる。「DQシリーズモンスター仲間にできる」という作品コンセプトのため、デュランデスタムーアといった、6本編テリーからすれば驚きのモンスターをも仲間として従えることが出来たりもする(もっとも、「DQM」においては魔王級のモンスターは同じ姿をしたニセモノである、という設定はあるが)。また、異世界では未来の自分に会うイベントもある。

続編である『イルの冒険・ルカ立ち』では、既に有名となったモンスターマスターとして登場する。

「テリワン」を原作にした吉崎観音による漫画ドラゴンクエストモンスターズ+」にもテリーは登場する。この漫画は「テリワン」のパラレル後日談という形を取っており、テリーは「邪配合」に魅入られ悪のに落ちたモンスターマスターとして、作中のラスボス扱いで登場していたが、本作は作者都合による打ち切りのため物語の途中で連載が終了している。そのため、「あの後テリーはどうなったのか」という疑問、「邪配合と進化の秘法の共通点」などから「テリーエスターク説」の補強など、ファンによって様々な妄想推測がなされている。

2012年には「テリワン」のリメイクドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3Dテリー3D)』が発売された。本作ではシナリオクリア後に新たなエピソードが追加され、原作テリワン漫画ともまた違った展開を見せることになる。原作テリワンでは果たすことがかったモンスターマスターミレーユとの共闘シーンもある。なお、「ジョーカー」のシステムを一部導入しているため、テリー本人もフィールド上でいくつかの呪文や特技が使えるようになったりもしている。
余談だが、このリメイク作品で敵として登場する未来の自分である「テリー」は、テリー自身が男であるため、魔王達と同様に性別が固定……と思いきや、勝ち抜きバトルでは敵モンスターの性別がランダムであり、ごく稀にテリーも出てくる。

ドラゴンクエストヒーローズ

声優神谷浩史。4、5のキャラクターが多い中で、6から一の参戦。ヘルムートと対峙する主人公と知り合う。

敵にダメージを与えることによって回復できる「ミラクルソード」、前方広範囲を攻撃できる「真空り」、属性を持つ遠距離攻撃の「稲妻り」、上にも届く前方広範囲攻撃「真空り」、分身のオプションを2つつけて本体の動きをトレースさせる「はやぶさり」などの技を持つ。

本作はHP回復手段がかなり限られているため、本編ではDQ9でも3DS版7でも限りなく微妙な特技だったミラクルソードは存在そのものが非常に大きな強みとなる便利特技。
稲妻りは士の苦手な遠距離カバーする技というだけでなく、キラーマシンなどの硬いマシン系の敵に良く効く属性であるのも嬉しい。

そしてこれらの強みをはやぶさりで3倍増しにしてごり押せるのがテリー最大の強み。
もちろん分身の与えるダメージは本体にべてかなり小さいため、ダメージ量も3倍と言うわけには行かないが、ミラクルソードによる回復量は何故かその補正を受けないので、3倍のさでテリーHPはどんどん回復していく。
しかもテンションの溜まるスピードは単純に手数のみを見るため、はやぶさりで手数3倍状態で攻めているとテンションの溜まり具合も3倍。ハイテンションモードに到達すると無敵になるという本作の仕様も相まって、テリーだけ無敵になっている時間が他キャラの3倍あると言えばどんなものか想像できるだろう。アクセサリー等でテンション溜めに特化した装備を組めばハイテンションモードになりっぱなしで戦う事も夢ではないほど。
必殺技のジゴスパークも全キャラトップクラスの範囲・威・射程を誇る強力技である。

さらにさらに、追加コンテンツで手に入る武器に「ほしくずつるぎ」というテリー専用武器が存在するが、これもかなりのトンデモを誇る。
攻撃するたびに低確率で相手にルカニをかけるというものだが、前述の通りテリーはやぶさりのおかげで手数がとても多いキャラなので、このルカニがすぐに発動して相手の守備がスッカラカンになる。
これでいて特殊効果と引き換えに攻撃が低いなんて事は全くく、攻撃最高のメタキン134であるのに対し127もの攻撃を持ち、十分最終武器になり得る強さ。

弱点と言えば仲間になった直後はMPが低く、相当上手くやりくりしないと上記のような特技連発戦法は厳しいこと、他キャラべて露に成長が遅い事。
彼の価を発揮させるには手間がかかるが、使いこなせればもう全部あいつ一人でいいんじゃないかな状態になるほど、一人であらゆる状況をひっくり返してしまえる強さを持つ。

動画で見たい内容でもあるのか?


■sm2206634[ニコ動]

関連商品に何か用があるのか?

■azB004EWF0FK
■azB003TN8S5Y
■azB00005OVGE
■az4087790029
■az4870254328
■azB003JA3L6S
■azB0079VGJ5S

関連項目、面白そうなところだな

ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城 アクト / メーア / ディルク / ジュリエッタ / ホミロン
アリーナ / クリフト / マーニャ / ピサロ / ビアンカ / フローラ / テリー / ヤンガス / ゼシカ
ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり ラゼル / テレシア / ツェザール / オルネーゼ / ホミロン
アリーナ / クリフト / トルネコ / マーニャ / ミネア / ハッサン / テリー / マリベル / ガボ / ゼシカ / ククール
ルイーダ / リッカ

次へ»
最終更新日: 19/07/31 15:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ