ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ディン


ヨミ: ディン
掲示板をミル!
8カキコ!

ディンとは、機動戦士ガンダムSEED及び機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場するザフト軍のモビルスーツである。形式番号はAMF-101。本項では生機のAWACSディンについても記載する。
プラモデルでは「モビルディン」と表記されている。


概要


ザフト軍が開発した、人類史上初の大気圏内用モビルスーツ

C.E.702月11日地球連合軍の宣戦布告により地球プラント間は戦争状態に突入した。ザフト地球侵攻作戦を計画するにあたり、大気圏内を単独で飛行できる航空を欲した。それに答えたのが兵器設計局「ハイライン」が設計・開発を担当したディンであった。

ハイラインシグーの設計にも携わっており、ディンとシグーの容姿に類似点が見られる。トンボのような羽を6枚展開し、大気圏内を単独で飛行する。人であるが故に面に問題があるが、機体を軽量化する事で何とか解決を見ている。しかしその引き換えに対弾性を大きく損なっている。またディンは亜音速が出せず、最高速度においては地球戦闘機スピアヘッドには遠く及ばない。さらには航続距離にも恵まれず、基地防衛以外での運用は母艦のボズコロフ級潜水空母を伴う必要がある。その代わり低速域での運動性はディンが勝り、航空機ではありえない動きが可モビルスーツならではの利点と言えよう。

開発自体は期に終了していたようで、開戦から約1ヵ後の3月15日にはプロパガンダも兼ねて全世界表された。4月2日ザフト軍は大洋州連合より提供されたオーストラリア北部の湾カーペンタリアに基地建設を開始。これを阻止しようと地球軍の太平洋艦隊が出撃してきたが、ディンによって大敗。48時間で工事は了し、ザフト軍は地上における初の拠点を確保した。5月20日完成したばかりのカーペンタリア基地に配備され、ザフト地球駐留軍の中核としてスピアヘッドと交戦。戦的にはスピアヘッド5機=ディン1機であり、多数の敵機を撃墜して制権を奪取した。のちにジブラルタル基地が建設され、同基地にも配備されている。地球上におけるザフト戦闘には大体投入されており、ディンが重用されている事をわせる。

機体のカラーパールグレイに塗り替えたラウ・ル・クルーゼ専用機も存在するが、機体性量産機と同一。

1/144ケールプラモデルが発売されている。しかしながらHGMGい。ちなみにディンのは左右合わせて6枚だが、プラモでは一対しかない。なんでやねん。


劇中での活躍


C.E.713月3日、アデン湾に抜けたアークエンジェルをモラシム隊が捕捉。攻撃のため出撃した機体が初登場となる。モラシム自身もディンに搭乗し、アークエンジェルを攻撃するがスカイグラスパー右翼を撃ち抜かれて撤退している。その後もモラシム隊所属の機体がアークエンジェルに挑むが全滅している。

5月8日、オペレーションスピットブレイクの総仕上げであるアラスカ基地攻略戦に多数のディンが投入。連合軍の戦闘機中戦を演じた。戦闘機トーチカによって撃墜される機は少なくなかったが、全体的に優位に戦闘を運び、防衛線を突破した一部の機体が基地内部への突入を果たした。しかし不幸な事にアラスカ基地の地下に仕掛けられていたサイクロプスにより、大多数の機体が巻き込まれて壊滅。その一方で、外部にいたディンは辛くも逃げ延びた。その直後の5月25日に行われたパナマ基地攻略戦にも参加。先を切って連合軍施設を襲し、停泊中のスペンラー級を撃沈。またストライクダガーを背後から奇襲して撃破する場面も見られた。

しかし地球軍はモビルスーツを得た事で勢いづき始める。6月18日地球軍がビクトリア宇宙港に侵攻し、第三次ビクトリア攻防戦が生起。ディンも防衛戦の一部として出撃するが、地球軍が擁する多種多様なモビルスーツや物量の前に敗北宇宙港は奪還されてしまった。以降、地球での戦局は不利になっていき、ジブラルタル基地をも失陥。8月8日、連合軍によるカーペンタリア攻略的とした「八・八作戦」を発動。地上と宇宙から連合軍が強襲上陸を仕掛けてきた。ディンは他のザフト機とともに出撃し、辛くも基地の防衛に成功している。

信頼性があったのか、大戦終結から2年後を描いた機動戦士ガンダムSEED DESTINYでも運用されている。しかし実体弾しかない事が問題視され、後継機のバビが開発された。だが機体の刷新までは間に合わなかったのか、終盤まで使用され続けていた。

アーモリー・ワンでの強奪事件の際にも出撃しているが、そのどが返り討ちに遭っている。地球上での大きな作戦には必ずと言って良いほどディンが参加しているが立った活躍はく、むしろやられ役である事が多い。オペレーションスピア・オブトワイライトにてカーペンタリア基地から出撃し、降下揚陸隊と協同で連合軍の包囲網を後退させたり、ピンクザクの護衛を務めたり、ヘブンズベース攻略戦では積極的に基地施設を襲し勝利に貢献するなど一定の戦果は挙げている。その後のオペレーションフューリーでは良い所しだったが。

物語舞台宇宙に移ってからは出番すらくなってしまった。


武装



AWACSディン


機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場するディンの生機。形式番号はAMRF-101C。
AWACS読み方はエイワックス。

早期警戒管制機の機が付与されたディン。機体の色はからへ変更され、背中にはエアロシェル円盤のように見える大レドームを搭載。胸部には多ミサイルの代わりに投器が装備され、水中捜索用にソナーまで持つ。数多く搭載された特殊兵装を活かし、索敵や捜索、中からの戦況監視を行う。そして得たデータ母艦や友軍機、友軍艦へ絶えず送るのである。そのため直接戦闘には参加せず、ひたすら裏方にする機体である。戦闘には参加しないものの投器の代わりに排除された多ミサイルを除き、武装は通常のディンと同一である。万が一敵に襲撃された際、自衛が出来るように残されたものと思われる。

エンジェルダウン作戦に参加したウィラード隊所属の1機が初登場機体となる。上からアークエンジェルの動向を監視し、ウィラード隊旗艦ユーレンベックと増援として駆けつけたミネルバに信号を送り続けた。その後、複数のAWACSディンが登場。ソナーを用いて、ミネルバが沈めたとされるアークエンジェルを捜索したが、反応がいのと残骸が少なすぎるという事で逃げられたと判断した。
ペレーション・フューリーが失敗に終わり、オーブへと退避したザフト艦隊の上を旋回する3機が登場。周辺を警していたものと思われる。


関連項目



最終更新日: 20/06/19 07:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ